歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:逗子市 ( 7 ) タグの人気記事
そば食い日誌・浪子そば

2019.10.04.fri



 京急の新逗子駅改札前の「浪子そば」。一時は「えきめんや」の看板を掲げていたりもしましたが、どうやら再び一匹狼の店になったようです。


番外・神奈川徒歩々旅
そば食い日誌・37杯目
**浪子そば





 そばは相変わらず注文後に茹であげるスタイルです。しかも茹で加減は絶妙。甘めのつゆ、甲殻類を感じるかき揚げもとてもおいしく、口に入れた瞬間「ヤッター」と叫びたくなるのです。とにかくうまいのです。
 浅めの器なのでつゆは少ないかな? 私には好都合ですが。さらにかき揚げはもっと大きくなかったかな? 私にはちょうどいいのですが。
 なんにせよ変わらずうまい1杯でした。



■ ■ ■ ■ ■


 ジャズが静かに流れる浪子そば。「浪子」とは逗子湾の北側、披露山の麓、海を見渡せる場所に位置する「浪子不動」からとったのでしょうか? 逗子で保養中の徳冨蘆花が書いたベストセラー小説「不如帰」の主人公「浪子」からでしょうか。
 浪子不動の前の海中に、不如帰の碑が建つそうです。私はまだ見たことがありませんが。
 少々アカデミックな感じのする名店です。


所在地:逗子市逗子5丁目(京急・新逗子駅北口改札前、駅ビルニート3F)
天ぷらそば:410円
f0379138_12493998.jpg

by akrk0911 | 2019-10-09 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
雨上がりの逗子海岸 #3

2019.10.04.fri



 久しぶりの大海原に大満足なひとときを過ごしています。缶ビールの1本でも買ってくればよかったなあ。



第225回・神奈川徒歩々旅
逗子市
雨上がりの逗子海岸 #3




画素情報
 雲が日差しを遮ってしまいました。


画素情報
 雲はしばらく退きそうにありません。波がひいた後に映る青空が印象的でした。


画素情報
 曇ってきたということで撤収です。国道の下をくぐって海とはお別れです。


画素情報
 一気に普通の町。


画素情報
 地図も見ずに適当に歩くことにしました。海岸線と平行に北へ向かっているはずです。
 「逗子開成学園ターフグランド」がありました。逗子開成ってあの開成と無関係じゃないってことを最近知りました。中学の同級生がひとり逗子開成に行ったなあ。


画素情報
 まち中のお地蔵さま。珍しいものではありませんがここは……


画素情報
 なんとお供えものが貝殻! う~んこれは初めて見ました。


画素情報
 帰宅後に知ったのですが、この通りは「屋敷通り」という名がつけられているようです。鎌倉の大町を歩いたときに、町並みの美しさに感動したのですが、この町もいい雰囲気です。大町と逗子って隣の町なのですが、全然違うよさがあります。


画素情報
 だいぶ長いこと知らない道を歩いていました。大きな道にぶつかるようです。「久木郵便局前」交差点です。どうやら駅からだいぶ離れたところに行き着いたようです。


画素情報
 県道311号です。2018年に鎌倉の衣張山から名越切通へと山歩きをしたあとに歩いた道です。このまままっすぐ歩けばJRの逗子駅です。


画素情報
 県道311号は「池田通り」交差点で右折しますが、駅へは直進して「なぎさ通り」を歩きます。人が多くて写真は撮れませんでしたが、古くからの趣のある店がたくさんある商店街でした。


画素情報
 逗子駅です。大好きな駅舎です。


画素情報
 少し離れた京急の新逗子駅へ。この日のゴールです。ここは北口。かつては京浜逗子駅だった場所です。



* * *


 思いつきでやって来たにも関わらず、十分に平日の休日を満喫しました。長らく徒歩々な旅をする気力が失せていましたが、少しずつ再開していきたいなあと考えています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


行程:→逗子海岸→屋敷通り→なぎさ通り→逗子駅→新逗子駅
歩行距離:4.4km 歩行時間:1時間37分
f0379138_09055883.jpg

by akrk0911 | 2019-10-07 07:00 | 三浦半島の旅 | Comments(0)
雨上がりの逗子海岸 #2

2019.10.04.fri



 のんびりと寄り道しながら逗子海岸にたどり着きました。青い空と海、白い雲と砂浜。秋の海は静かなのです。


第225回・神奈川徒歩々旅
逗子市
雨上がりの逗子海岸 #2





画素情報
 ようやく逗子海岸に着きましたが、まずはこちらから。田越川の向こうに見える山は「長柄桜山古墳群」。国指定史跡です。
 1999年、携帯電話の中継基地の建設の際に埴輪片が見つかったことから「これ古墳じゃね?」となったそうです。90m級の前方後円墳が2基あり、神奈川県内最大級の古墳だそうです。
 2016年の海の日に2号墳まで行きましたが、マムシが怖くて先に進めませんでした。


画素情報
 こんなものもあります。念のため撮っておきました。


画素情報
 逗子海岸です。


画素情報
 寄せては返す波が楽しいのです。


画素情報
 砂浜を北上しましょう。


画素情報 マリンスポーツを楽しむ人がたくさんいました。


画素情報
 でも私の目はずっと遠くの箱根の山々に釘づけなのでした。矢倉岳から金時山、明神ヶ岳、神山、駒ヶ岳、二子山親方、大観山……。ずらりと並んでいるのでした。富士山は稜線の一部が少し見えるだけでした。


画素情報
 振り向くと日差しが眩しいのです。10月とは思えない暑さです。


画素情報
 「海派」か「山派」かと問われれば、「山」と答える私ですが、海もやっぱりいいですね。


画素情報
 ウインドサーフィンってスゴく速く走るんですね。


画素情報
 「ウィンドサーフィン」は商品名で「ボードセイリング」が正しい競技名なんだと教わったものですが、いまではウィンドサーフィンが普通に使われ、競技団体名も「ウィンドサーフィン協会」なんですね。


画素情報
 けっこう波がありました。


画素情報
 気持ちのいい午後です。スポーツに興じる人がたくさんいましたが、波と風の音がすべてを包み込んで、とても静かな逗子海岸でした。



* * *


 心が洗われるようなひとときでした。砂浜にいる日に焼けた海の人たちが独特の雰囲気を醸していました。そんな人たちってドラマの世界だけだと思っていましたが。
 逗子海岸の旅はあと少しつづきます。


行程:→逗子海岸→〈つづく〉
f0379138_23101099.jpg

by akrk0911 | 2019-10-06 07:00 | 三浦半島の旅 | Comments(0)
雨上がりの逗子海岸 #1

2019.10.04.fri



 特に考えもなく逗子海岸へ行こうと出かけてみました。逗子は2018年の秋以来です。
 真夏日予報の10月の金曜日。未明から降り続いた雨は雷と強風を伴い荒れ気味の朝となりましたが、昼前には青空が広がるのでした。



第225回・神奈川徒歩々旅
逗子市
雨上がりの逗子海岸 #1





北口
 新逗子駅はかつてふたつの駅に別れていました。北口辺りは「京浜逗子」駅でした。
 正面のビルは新逗子駅の北口改札があるビルです。画像の右側上部にある構造物は新逗子駅のホームへと通じる通路です。


駅
 長いホームを挟んだ南口へ向かいます。


南口
 こちら南口辺りはかつて「逗子海岸」という駅でした。二駅を合わせて「新逗子」駅になったのはいつだったでしょう。


駅前
 南口はなんとなくのどかな雰囲気。リゾートっぽさを少し感じたりして。


田越川①
 新逗子駅からは海へ向かう道がいくつかあります。今回は田越川(たごえがわ)沿いの道を行くことにしました。逗子海岸の南端に注ぐ田越川を下り、逗子海岸を端から歩きたかったのです。


画像情報
 新逗子駅前から県道311号を葉山方面へ向かい、田越橋で田越川を渡ったら右折し、田越川の左岸を歩きます。
 田越川は歴史の舞台です。平清盛のひ孫、「六代御前(ろくだいごぜん)」が処刑された場所なのです。


六代御前入口
 田越川畔には六代御前のお墓があります。平家滅亡の折り、文覚(もんがく)上人の救いにより処刑を免れた六代御前。源頼朝の死後、再び捕らえられ田越川畔で処刑されたのだそうです。


お墓
 なぜ「六代御前」? 平氏興隆の基盤をつくったとされる平正盛から数えて六代目だからなのだとか。
 ここは「六代御前の墓伝説地」として逗子市指定の史跡となっています。


ケヤキ
 ここを訪れるのは二度目ですが、今回も2本の巨木に圧倒されました。巨木マニアも納得の姿だと思います。


見張らし
 少し小高い墓所です。眺めがいいです。


画像情報
 再び田越川に沿って海を目指します。こちらは富士見橋。まあ、富士山は見えませんね。


渚橋
 国道134号の渚橋が見えてきました。その向こうに海も見えます。
 この辺りには見晴らしのいい郷土資料館や古墳もあるのですが、マムシの季節にはちょっと気が進まない環境なので寒い季節に行きます。


画像情報
 そして、渚橋からの逗子海岸、相模湾です。



* * *


 大きな海を見るのは4月の箱根以来かな? それはだいぶ遠くに見える海でした。
 なんだか出不精気味のたるんだ体にムチ打って海岸線を歩きましょう。


行程:新逗子駅北口→新逗子駅南口→田越橋→富士見橋→渚橋→〈つづく〉
f0379138_14331317.jpg

by akrk0911 | 2019-10-05 07:00 | 三浦半島の旅 | Comments(0)
衣張山登山と周辺の旅 #5
f0379138_10254492.jpg


 山旅の最後はダイナミックな切通しを堪能します。これまたスゴいのです。ずっとスゴいのです。


第174回・神奈川徒歩々旅
鎌倉市・逗子市
衣張山登山と周辺の旅 #5
2018年11月10日(土)


 ***


f0379138_10262040.jpg
f0379138_10264563.jpg
▲第2切通
 こちらは第2切通。ここを兵たちが歩いたのでしょうか。


f0379138_10270763.jpg
▲第1切通
 第1切通。ここが最後です。狭いですねえ。


f0379138_10273675.jpg
▲狭い!
 一番狭いところを抜けて振り返りました。ほんとに狭い。これは敵もなかなか進めませんね。


f0379138_10281687.jpg
▲人力で
 これを人力だけで切り開いたのですねえ。


f0379138_10284405.jpg
▲切通しを振り返ります
 楽しかった山旅もここでおしまい。素晴らしいハイキングコースでした。


f0379138_10290873.jpg
▲亀が岡団地
 一気に街となりました。


f0379138_10294758.jpg
▲団地からの眺望
 団地のへりを歩いたのでこんな景色も。池子の方面でしょうか。


f0379138_10301025.jpg
▲遠くに逗子市街地が
 逗子の市街地が遠くに見えます。あそこまで歩くのかよ。


f0379138_10312145.jpg
▲横須賀線
 カメラを構えていたらちょうど電車がやって来ました。湘南色でしたか。


f0379138_10314980.jpg
▲県道311号
 この道を行けば逗子駅なのですが、まったく見えません。遠いなあ。


f0379138_10321501.jpg
▲逗子駅
 JRの逗子駅に着きました。名越の切通しからは鎌倉の大町側に下ることもできます。


f0379138_10324056.jpg
▲新逗子駅
 ゴールは京急の新逗子駅。


 ***


 いい山旅でした。ほどよいアップダウン、素晴らしい眺望に圧倒的な史跡の数々。鎌倉駅前や小町通りは人で溢れかえっていましたが、衣張山周辺はとても静かな鎌倉でした。
 さて、逗子市に足跡を残しました。行きたいところがたくさんあります。楽しみです。


行程:→第2切通→第1切通→名越切通・亀が岡団地口→県道311号→逗子駅→新逗子駅
歩行距離:7.93km 歩行時間:3時間4
交通費:544円 拝観料:100円(杉本寺)

by akrk0911 | 2018-11-15 07:00 | 鎌倉市の旅 | Comments(2)
衣張山登山と周辺の旅 #4
f0379138_09203120.jpg


 国指定の史跡を巡ります。ここはスゴいところでした。これまでたくさんのやぐらを見てきましたが、圧倒的です。


第174回・神奈川徒歩々旅
鎌倉市・逗子市
衣張山登山と周辺の旅 #4
2018年11月10日(土)


 ***


f0379138_09205382.jpg
f0379138_09210760.jpg
▲石廟
 大切岸を出るとすぐに鎌倉市指定有形文化財の石造石廟が2基あります。
 ここでものスゴく不思議なことがありました。この石廟を守るかのように毛並みのいい黒猫が2匹いるのでした。少し猫が苦手な私はどうしたもんじゃろと困り果てました。石廟の撮影をしたいが苦手な猫が石廟に横たわっている。落ちていた枝を離れたところに投げてみるとそちらへ向かってくれたので、そのすきに撮影しました。
 3匹の白猿ならぬ黒猫。しかも2匹ではなく4匹に増えてるし……。本当に不思議な光景でした。


f0379138_09212370.jpg
▲苔むした山道
 もうすでに国の史跡の指定範囲に入っています。お猿畠の大切岸から国指定の範囲内だったのです。


f0379138_09213817.jpg
▲名越切通
 さあ、国指定史跡、名越切通(なごえきりどおし)の本編が始まりました。


f0379138_09215599.jpg
▲鎌倉七口のひとつ
 外部からの侵入を防ぐために、鎌倉の入口は狭いのです。名越切通は三浦半島との重要な陸路です。


f0379138_09221181.jpg
f0379138_09222786.jpg
▲第3切通
 最初に現れたのは第3切通。この姿は鎌倉時代そのままではないようです。鎌倉時代の後もこの道は使われていたのです。


f0379138_09224281.jpg
▲まんだら堂入口
 さて、この旅後半のハイライトです。


f0379138_09230532.jpg
f0379138_09232530.jpg
まんだら堂やぐら群
 圧倒的な景観に声も出ません。まんだら堂やぐら群です。150以上の横穴墓群だそうです。


f0379138_09234470.jpg
f0379138_09240084.jpg
▲印象的な五輪塔
 五輪塔が並びとても印象的です。


f0379138_09580252.jpg
▲火葬跡
 火葬の後も発見されたそうです。
 ちなみにこのまんだら堂、常にゴーゴー大きな音に包まれているのですが、すぐ近くに現代の火葬場が……。そしてこの下を通るトンネルには有名な逸話が。


f0379138_09265338.jpg
▲まんだら堂は限定公開
 まんだら堂は初夏、秋、春の月曜、土日祝の限定公開です。調べてから行かれることをお勧めします。


 ***


 いつかは行こうと思っていたまんだら堂。衣張山の登山を計画している際に、衣張山とセットで回れるということを知り嬉しかったです。
 予想以上にスゴかったまんだら堂。ものスゴいです。


行程:→石造石廟→名越切通・第3切通→まんだら堂やぐら群→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-11-14 07:00 | 鎌倉市の旅 | Comments(0)
衣張山登山と周辺の旅 #3
f0379138_08112613.jpg


 ここから先はいくつかのピークを越えて国指定の史跡を目指します。道中には絶景ポイントが多く楽しいのでした。


第174回・神奈川徒歩々旅
鎌倉市・逗子市
衣張山登山と周辺の旅 #3
2018年11月10日(土)


 ***


f0379138_08121781.jpg
▲衣張山?
 来た方向を振り返るときれいに山が見えました。衣張山の頂上なのかなあ? 違う気もします。


f0379138_08125073.jpg
▲少し紅葉かな?
 ようやく秋っぽい色が見えてきました。


f0379138_08131544.jpg
▲紅葉?
 でも、それが紅葉なのか枯れているのかがよくわからないのでした。


f0379138_08150314.jpg
▲パノラマ台への分岐
 コースから少し外れた絶景ポイントへ。


f0379138_08152773.jpg
▲急な坂
 けっこう急な坂でして。


f0379138_08154867.jpg
▲パノラマ台
 ベンチがひとつ置かれたパノラマ台に到着。


f0379138_08160395.jpg
▲絶景かな
 衣張山とあまり変わらない景色のようですが、江の島の位置がずっといい感じです。


f0379138_08162162.jpg
▲キラキラ光る相模湾
 太陽に照らされてキラキラ光る海。めちゃくちゃまぶしいのでした。


f0379138_08165109.jpg
▲再び元の道へ
 お、これから向かうところがバレますねえ。


f0379138_08171436.jpg
▲きれいな山道
 歩きやすい道です。


f0379138_08174226.jpg
▲逗子方面の眺望
 見晴らしのいい崖の上から逗子海岸が見えました。


f0379138_08180058.jpg
▲二子山
 二子山もよく見えました。
 ここで男性に声をかけられました。この崖の下の道が見えるがどこから行くのだろうか? とのこと。実は私も探しものをしていたのでした。GPSではまさにこの辺りなのですが入口が見当たらないのです。どうやら男性と私が探しているものは同じよう。
 「下に道がある」なら少し前に下る階段があったのを思い出し、そこかなと男性と一緒に行ってみました。


f0379138_08183278.jpg
▲断崖絶壁
 ありました。


f0379138_08190382.jpg
▲お猿畠の大切岸
 ここはお猿畠の大切岸(おさるばたけのおおきりぎし)。


f0379138_08192661.jpg
▲人工的な崖
 「切岸」とは山城などで敵の侵入を防ぐために人工的に造られた崖とのこと。こちらは幕府が三浦氏対策に築いたものと言われていたそうですが、後に石切り場であったことがわかったそうです。現在は風雨にさらされ浸食し、人工的でありながら風化がさらに手を加え、なんとも言えない景観となっています。
 「お猿畠」とは? 鎌倉を終われた日蓮が3匹の白猿に助けられたとの伝承に因んだものだそうです。


 ***


 男性のお陰で大切岸を見逃さずにすみました。ありがとうございました。
 素晴らしい景色の連続に興奮しまくりです。3匹の白猿ですか。次は白い猿ならぬ……に遭遇です。


行程:→パノラマ台→お猿畠の大切岸→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-11-13 07:00 | 鎌倉市の旅 | Comments(2)