歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(147)
(128)
(61)
(49)
(47)
(44)
(38)
(37)
(35)
(32)
(29)
(27)
(26)
(24)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
> gonta-2019..
by akrk0911 at 19:01
こんにちは。 二時間半..
by gonta-2019 at 17:12
こんばんは。 最..
by gonta-2019 at 20:46
> sy-f_ha-ys..
by akrk0911 at 21:38
今月の初めころ馬車道駅下..
by sy-f_ha-ys at 19:23
んじゃ戸部駅裏の石崎商ゆ..
by なな at 01:28
> gonta-2019..
by akrk0911 at 23:07
こんばんは。 赤い電車..
by gonta-2019 at 20:50
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
鎌倉市西御門と周辺の旅 #4
at 2019-11-21 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #3
at 2019-11-20 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #2
at 2019-11-19 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #1
at 2019-11-18 07:00
そば食い日誌・かまくらそば ..
at 2019-11-17 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:湖 ( 4 ) タグの人気記事
旧城山町の旅 #6

2019.05.03.fri



 もういっちょダム湖です。こちらは有名な津久井湖です。クルマで通過することは多かったのですが、湖畔を歩くのは二度目です。


第211回・神奈川徒歩々旅
相模原市緑区
旧城山町の旅 #6





①
 城山町の旅だから「城山バス停」で旅を終えるのもいいかなあ、なんて思いましたがあとひとつ目的の場所があるので。
 しかも、パスモはほとんど残金がなく財布の中は空っぽ。普門寺の本堂で有り金全部使ってしまいました。


②
 城山津久井湖公園に到着です。この日の当初の予定はここまでです。


③
④
 園内は花で溢れていました。特にツツジ。#6を書いている今ごろ知ったのですが、ツツジは旧城山町の花だそうですよ。なるほど。


⑤
⑥
 この公園、こちらと対岸で水の苑地と花の苑地に分かれています。こちらは水の苑地です。
 キラキラと湖面が光ってきれいでした。の~んびりしたいのですが人がけっこういまして……
 城山湖と水が行ったり来たりしているのですねえ。


⑦
 城山湖には本沢ダムでしたが津久井湖には城山ダムです。たまに混乱します。
 このダムは神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市の共同の施設です。わが家の水もここから引かれているのですかねえ。だとしたら立ち小便なんて出来ませんねえ。あ、そうではなくてもしませんけどね。


⑧
 予定ではここ城山高校前バス停からバスに乗るはずだったのですが、いかんせん所持金ゼロ、パスモ残高もほぼゼロ。このまま橋本駅方面へ国道413号を歩いてコンビニを目指します。


⑨
 って、なんだか面白そうな道があったので脱線。「城山水源のこみち」だそうです。
 水源のこみちですからやはり津久井湖が絡んでいるのでしょうか?


⑩
 こみちの先には「城山町水源公園」がありました。


⑪
 水源公園には二つの碑がありました。ひとつは「旧町名保存碑 旧川尻字水源の地」です。
 1876年 に、当時の川尻村の村長らが村地図を作成した際、川尻村字水源「地番の起点」 としたのがこの地だったそうです。水源という字名は「相模川沿いの一番川上に位置する」 ことが由来とのことです。
 水源のこみちは、横浜や川崎の水源ということではなかったのですね。


⑫
 もうひとつの碑は「城山町水源土地区画整理事業完成記念碑」。1986年から1989年にかけ、地域を計画的に市街地化する目的で城山町川尻水源土地区画整理事業が行われ、住民の移住も始まった段階でこの区画に圏央道の計画が持ち上がったそうです。
 もちろん住民は反対。圏央道はシールド工法のトンネルで造られるということで問題は解決したそうです。
 水源のこみちは圏央道のトンネルの上のスペースに整備された遊歩道とのことです。


⑬
 水源のこみちから離れていた国道413と合流します。
 バスが行ってしまいます。でもバスの本数はとても多いのです。


⑭
 太陽光発電所があったのでさらに寄り道。水力の次は太陽光ですか。財界に忖度する政治では一向に進まない再生可能エネルギーです。


⑮
 じゃんじゃん発電してください。


⑯
 「谷ヶ原(たにがはら)バス停」からバスに乗ることにしました。次は朝降り立った久保沢バス停なので、そこまで行って周回の旅にするのもいいのですが、このまま歩くと国指定史跡の川尻石器時代遺跡があり、寄り道が増えそうなのでここまでにしました。


⑰
 バスがやって来ました。朝は橋本駅の南口から乗ったのですが帰りは北口行きのバスでした。なんと、北口行きの方が若干運賃お高めでした。
 ああ、おカネはここに写っているセブンイレブンで卸しました。ATM でパスモのチャージもできるのですね。



* * *


 すったもんだの果てに完成した圏央道。喉元過ぎて便利だけがクローズアップされているようですが、解決したとはいえはらわれた犠牲を取り返すのは大変なことでしょう。自然への影響の答えが出るのはまだまだ先のことですし。
 自然と電力のありがたさ、コンビニ ATM の便利さに驚きながら電力消費をし、旅は終わりました。


行程:→城山公園(水の苑地)→城山水源のこみち→水源公園→城山ソーラーガーデン→谷ヶ原バス停
歩行距離:15.46km 歩行時間:5時間21分
交通費:2,072円
f0379138_13403777.jpg

by akrk0911 | 2019-05-10 07:00 | 相模原市の旅 | Comments(0)
旧城山町の旅 #4

2019.05.03.fri



 連休らしい「人出」に遭遇です。ようやくオレも10連休なんだ! を実感。でも、テレビで報道されるような、つくられた観光地のようには賑わってはいませんが。


第211回・神奈川徒歩々旅
相模原市緑区
旧城山町の旅 #4





画像①
 金比羅宮の階段が見えてきました。これが恐ろしく急な階段で……。もう見たくないので自主規制です。


②
 はしごのような階段をなんとか上り、ほうほうのていで辿り着いた「金比羅宮」。


③
 とても眺めのいいところでした。橋本の町がよく見えました。この日はあそこからバスに揺られて旧城山町へやって来たのでした。
 けっこう高いところまで来ました。


④
 横浜ランドマークタワーが見えました。金比羅宮も同じくらいの高さだと思います。


⑤
 金比羅宮からさらに上ると埼玉県方面が望めました。遠くに山が並んでいますがさっぱり山座同定出来ません。少し右側に西武ドームが見えていたので(どうしてもピントが合いませんでした)秩父の山だと思うのですが。手前の黒っぽいところは狭山丘陵?
 先日 CATV の旅番組で、ここが「相模原市で一番の絶景」といったようなことを言っていたのを思い出しました。確かに。


⑥
 さらにさらに上り、恐らくここが頂上だろうというところに石造の祠がありました。航空神社と刻まれています。
 ここは牡龍籠山という山だそうで、戦時中、周辺に軍の飛行機が墜落し乗員が亡くなったそうです。その人たちが祀られているのだそうです。


⑦
 ようやく城山湖が見えてきました。


⑧
 城山湖は本沢ダムによってせき止められたダム湖で、正しくは本沢調整池(ほんざわちょうせいち)といいます。
右奥の山は高尾山。ここからハイキングコースもあります。


⑨
 発電のために造られた人造の湖です。こちらでは揚水発電が行われています。
 電力需要は昼に比べて夜は少なくなります。昼間はこの城山湖から津久井湖(相模川)へ153mの高低差を利用して水を放流し発電を行います。


⑩
 電力需要の少ない夜ですが、火力や原子力などは需要が少なくても出力を下げることが難しいのだそうです。そこで余った電力を利用して、津久井湖から城山湖へ水を汲み上げるのだそうです。
 城山湖には流れ込む川もないため、純揚水発電といわれるそうです。


⑪
 城山湖を一周するコースもあるのですが、今回はパス(次回はあるの?)して車道を歩いて下山することに。
 遠くに見えるのは大山。手前は仏果山かなあ。


⑫
 またもやヤマツツジ。ここのツツジは宝くじの助成金を元に植樹されたものだそうです。


⑬
⑭
 こちらは「発電総合制御所」。詳しくはあれですが発電を制御する施設でしょう。


⑮
 予約すれば見学も可能だそうです。対象は小学生以上。おっさんひとりでも受けてくれるんですかねえ。



* * *


 ハイキングコースでもそこそこ多くの人に出会いましたが、城山湖にはたくさんの人がいました。行列のカフェもアトラクションもありませんけどね。
 「連休は行列しなきゃ気が済まないんだよ」って人以外にはちょうどいい、そんな城山湖でした。


行程:→金比羅宮→航空神社→城山湖→発電総合制御所→〈つづく〉
f0379138_05135723.jpg

by akrk0911 | 2019-05-08 07:00 | 相模原市の旅 | Comments(3)
神奈川一周の旅[第13日]#8 feat. 東海道中膝車輌

2019.01.27.sun



 ようやくたどり着いた芦ノ湖。箱根の石畳を甘くみていました。足腰に不安を残し、旅人にとって最大の難関へ向かいます。


第190回・神奈川徒歩々旅
神奈川一周の旅[第13日]#8

第190回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第6日]
小田原宿~箱根宿 #10





画素情報
 いよいよ芦ノ湖です。ここまでの「神奈川一周の旅」史上最大の観光地ではないでしょうか。


画素情報
 芦ノ湖定番の構図ですが、本来は左に寄って富士山をもっと見せないといけません。でも痛む膝がそんなとこまで行くなとアッシを止めるんでやんすよ。


画素情報
 なぜ山賊が出そうな山奥の湖で海賊船なのでしょうか。


画素情報
 東海道に戻り少し歩くと「葭原(あしはら)久保の一里塚」があります。県内、相模国最後の一里塚ですね。でなければ泣いちゃいます。最後だよね。
 ここは江戸から二十四里の一里塚。二十五里の一里塚はなんと存在しないのでした……。よってこれが県内最後の一里塚です。よかったなオレ。でも箱根峠まではまだ数キロあるんだぞ。残念だなオレ。


画素情報
 一里塚のそばから見る富士山は、元箱根港より裾野がよく見えるようになりますが鳥居が遠い。


画素情報
 一里塚からはまた石畳の杉並木が始まります。膝に響きます。


画素情報
 杉並木から国道1号に合流するとすぐに「箱根関所」の案内が現れました。無事に通過できるでしょうか。
 石畳からアスファルトに戻るとホッとするようになりました。この日歩き始めたころはアスファルトにがっかりしていたのに。


画素情報
 関所が見えてきました。「江戸口御門」です。門の前は「江戸口千人溜(だまり)」。ここにたくさんの旅人が列をなしていたのでしょう。


画素情報
 さあ、通行手形を携えて関所へ!


画素情報
 江戸口から入って右側には「大番所・上番休息所」があります。関所役人による関所改めが行われた関所の中心だそうです。


画素情報
 大番所の向かいには「足軽番所」。足軽が控えている番所だそうで、夜間は寝床になっていたようです。
 この展示の人形、役人の身体的特徴、衣服の模様や色がわかっていないので、史実と異なる印象を避けるため「シルエット展示」なのだそうです。でも、この方がいいですね。


画素情報
 足軽番所の裏手に階段があります。芦ノ湖を見おろす素晴らしい展望広場です。膝が痛いのですがここは上らねば後悔する……


画素情報
 展望広場の隣には「遠見番所」があります。足軽が24時間、関所破りはいないかと芦ノ湖や街道沿いを見張っていたそうです。
 でもこの番所、あまりにも絶景なので足軽もうっかり景色に見入り、関所破りを見逃したりしなかったのでしょうか。
 「お前じゃあるまいし」
 ごもっとも。



画素情報
 「京口御門」から無事に関所を出ました。鉄砲も持ってないし連れの女もいないので楽勝でした。「京口千人溜」も大盛況だったのでしょうか。
 だいぶ時間を使いました。通行手形を500円で購入したため、その手形で「箱根関所資料館」も見学しないと損、とばかりにさらに時間がかかったのです。
 後で知ったのですが、通り抜けるだけなら無料だそうです。徒歩々。


画素情報
 箱根駅伝の折り返し点が間近に。ここを順天堂の今井が、東洋の柏原が、青山の神野が駆け抜けたのですね。
 2019年は優勝した東海大の西田、区間新記録を樹立した國學院の浦野が往路優勝した東洋を猛追したのですね。

 遠くに見える青看板はその先にある箱根関所南交差点を案内するもの。右折すれば箱根駅伝の折り返し点です。そこは湯本から二人旅をしてきた「神奈川一周の旅」班(弥次)と「街道歩きの旅」班(喜多)が別れる地点です。
 直進すれば東海道の箱根峠へ。左折すれば湯河原町へ向かう県道75号の「椿ライン」です。



* * *


 関所を出てから箱根関所南交差点までの間の写真は1枚だけなのです。例によってカメラのバッテリーが残り少なく……。二人の涙涙の別れのシーンは残されていません。
 お互いの健闘を祈り別れたのでした。【弥次】
茶番です

行程:→芦ノ湖→葭原久保一里塚→箱根関所→〈つづく〉
f0379138_08285992.jpg

by akrk0911 | 2019-02-08 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第10日]~その2~
f0379138_08331644.jpg


 旅はあまり知られていないであろう湖へ。県民でも知らない人の方が多いでしょう。
 そして、スゴい景色はまだまだつづきます。

〈第111回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第10日]~その2~
◇2018年1月27日(土)



f0379138_08340548.jpg

 息を切らせて急な坂を上ったのに一気に高度を下げました。ここは「震生湖」。
 1923年9月1日。この日起きた「関東地震」は関東地方に甚大な被害を及ぼしました。この地震による災害を「関東大震災」と呼ぶわけですが、こんな副産物も生んだのです。
 地震により渋沢丘陵の一部が崩落し、川をせき止めこの湖が生まれました。


f0379138_08343017.jpg

 神奈川県では数少ない天然の湖の一つです。


f0379138_08344516.jpg

 一部凍っていました。釣り客が釣糸を垂れ、たくさんのハイカーが湖畔を散策していました。


f0379138_08350186.jpg

 湖をほぼ一周したら下った分を上らなければなりません。久々の登山気分です。


f0379138_08351483.jpg

 中井町へ向かいます(震生湖畔を歩いているときに一時中井町を歩いていたことは内緒です)。


f0379138_08354219.jpg

 市町境には何もありませんでしたがここは既に中井町。
 真っ先に目に飛び込んできたのは相模湾と大島! これは感動的でした。中井町のクルマが湘南ナンバーであることを、ようやく許可することにしましたw


f0379138_08355727.jpg

 大島だけではありません。これまた湘南ナンバーの箱根連山。


f0379138_08361439.jpg

 大涌谷(?)のけむりが見えます。


f0379138_08362776.jpg

 富士山もチラリ。


f0379138_08364155.jpg

 スゴい眺望です。とても明るい柑橘類の果樹園から飽きることなく景色を楽しみました。


f0379138_08370539.jpg

 畑を焼く煙がスゴい。秦野駅へ向かう小田急の車窓に見える畑でもあちらこちらで野焼き(?)が行われていました。


f0379138_08372080.jpg

 また塔ノ岳が現れました。カッコいい山です。
震生湖は関東地震で生まれましたが、塔ノ岳はその名の由来である山頂の「塔」、尊仏岩を余震で失いました。


f0379138_08373446.jpg

 震生湖から歩いてきた道をそのまま進んでも中井町役場へ向かいますが、境コミュニティセンターがある交差点を右折しました。
 富士山をまたまたチラリと望みながら東名高速を一跨ぎ。この陸橋、メチャクチャ高くて怖かったです。


 ◇◇◇


 クルマ通りの多い道から外れどうなることでしょうか。少し不安ですが脇道を進みます。


◇行程 →震生湖→市町境→境コミュニティセンター→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-29 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)