歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:横浜市鶴見区 ( 17 ) タグの人気記事
鶴見区の桜を堪能する旅 ~その3~
f0379138_07042968.jpg


 三ツ池公園を後にして向かうのは馬場花木園(かぼくえん)。間違いなくスゴいに決まっています。

〈第133回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区の桜を堪能する旅 ~その3~
◇2018年3月19日(木)


f0379138_07053195.jpg

 三ツ池公園近くの県立鶴見高校の桜。学校に桜はよく似合います。


f0379138_07055046.jpg

 水道道にある鶴見配水池配水塔。通称は「ねぎ坊主」だそうです。


f0379138_07065984.jpg

 馬場花木園に到着。昨年の2月に訪れたときはどんよりとしていました。今回は天気もよく思った通りのスゴい桜。


f0379138_07063761.jpg

 池に建つあずまやから見る庭園は美しい。


f0379138_07075960.jpg

 四季折々の花が楽しめます。手前はボケ。後ろはヨコハマヒザクラ。


f0379138_07081402.jpg

 オオシマザクラの背景は桜サクラさくら。


f0379138_07083183.jpg

 ヨコハマヒザクラとハナモモ。


f0379138_07084564.jpg

 手前の花はなんでしょう?


f0379138_07091897.jpg

 竹林もあります。


f0379138_07092971.jpg

 春爛漫です。


f0379138_07094297.jpg

 「なんかうまそうなモノが浮いてるから来てみたら、なんだ花びらかよ。これじゃサギだよ」と言ったとか言わなかったとか。


f0379138_07095685.jpg

 花木園を出て知らない道を適当に歩いていると、改修中の「藤本家住宅旧主屋」が見えました。改修後は花木園の一部となるのでしょう。


f0379138_07101107.jpg

 適当に歩いていたら未知の史跡に出くわしました。「馬のメド坂」だそうです。
 室町時代から近世に至る馬の背の地形の古道で、この道の入り口が馬の尻のようなのでこの名がついたようです。ちなみにメドとは穴の意味らしいのでご注意を。


f0379138_07363475.jpg

 当地を治めていた寺尾城主はこの道でお馬の稽古をしたようです。


f0379138_07102157.jpg

 やはり学校には桜ですね。横浜市立東高校にはずらりと桜が並んでいました。
 京急の生麦駅まで桜を堪能しながら歩きました。


 ◇◇◇


 三ツ池公園も馬場花木園も素晴らしいところでした。この日を逃していたらソメイヨシノのピークを外してしまっていたでしょう。
 とても素晴らしい休日になりました。


◇行程 →水道道→馬場花木園→馬のメド坂→生麦駅
◇14.53km ◇4時間53分 ◇旅費 624円(交通費・474円、飲食代・150円)

by akrk0911 | 2018-04-01 19:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
鶴見区の桜を堪能する旅 ~その2~
f0379138_00142080.jpg


 日本のさくらの名所100選「三ツ池公園」。あっぱれです。

〈第133回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区の桜を堪能する旅 ~その2~
◇2018年3月29日(木)


f0379138_00042494.jpg

 池の畔を1周し、今度は丘をぐるりと。


f0379138_00205156.jpg

 高い視線が新鮮。


f0379138_00121412.jpg

 人が少なくなりました。


f0379138_00123575.jpg

 喧騒とほどよい距離。祭り気分を萎えさせない、静かすぎないざわめきが心地よいのでした。


f0379138_00130365.jpg

 わが町とは違う桜のよさを楽しみました。


f0379138_00111702.jpg

 ケヤキの新緑と満開のソメイヨシノの真剣勝負。


f0379138_00134108.jpg

 桜の花が散りはじめる=新緑がはじまる。自然は人間を寂しくさせないプロデューサー。


f0379138_00144755.jpg

 不思議な枝ぶり。


f0379138_00295250.jpg

 新緑と並ぶ桜の盟友ヤマブキ。


f0379138_00310452.jpg

 またスタート地点に戻りました。公園を2周しました。


 ◇◇◇


 この木曜日が休日になった奇跡を喜びました。あまりに急ぎ足の今年の桜。週末は満開を過ぎているでしょうから。
 旅はさらに鶴見区の花の名所の桜を堪能します。


◇行程 →三ツ池公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-04-01 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
鶴見区の桜を堪能する旅 ~その1~
f0379138_23160710.jpg


 「ここが一番スゴいんだ」と地元の桜を目に焼きつけての敵情視察。ムムム、やるなお主。

〈第133回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区の桜を堪能する旅 ~その1~
◇2018年3月29日(木)


f0379138_23173887.jpg

 京急鶴見駅から目指すのは県立三ツ池公園。途中、響橋で小休止。


f0379138_23175864.jpg

 「三ツ池公園」は日本のさくらの名所100選です。前回来たのは2017年の7月。暑い時期でした。


f0379138_23181910.jpg

 さて、どんなもんでしょうか。まずは下の池。


f0379138_23183597.jpg

 ムムムム、参りました。10歩ごとに撮影スポットが……。


f0379138_23185693.jpg

 ソメイヨシノがメインですが色々な桜がほどよく植えられています。これはオオシマザクラ。


f0379138_23191891.jpg

 三ツ池公園のソメイヨシノ開花標準木だそうです。貫禄十分。


f0379138_23193389.jpg

 スカッと爽やか。


f0379138_23195240.jpg

 ヨコハマヒザクラもたくさんありました。池は中の池。


f0379138_23204392.jpg

 もう圧倒されっぱなしです。


f0379138_23210127.jpg

 こちらはエドヒガンザクラ。 


f0379138_23211475.jpg

 上の池にはほとんど桜がありません。イロハモミジの新緑が鮮やかすぎます。


f0379138_23214201.jpg

 中の池を経て下の池に戻り池の畔コースを一周しました。


 ◇◇◇


 とにかくスゴい。日本のさくらの名所100選は伊達ではありません。
 池の畔を一周歩いたので、次はそのコースの外側の丘の上のコースを歩きます。


◇行程 京急鶴見駅→鶴見駅→響橋→三ツ池公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-03-31 16:20 | 横浜市の旅 | Comments(0)
鶴見区、雨の總持寺の旅
f0379138_08350121.jpg


 13日の金曜日。仕事の合間が長かったのでそば屋のはしごの後、7年ぶりに鶴見の總持寺を訪れてみました。

〈第91回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区、雨の總持寺の旅
◇2017年10月13日(金)


f0379138_08354700.jpg
雨が小降りになったので總持寺へ。雨のお寺もいいですねえ。しっとりとしています。

f0379138_08360281.jpg
三松関、参道に現れる最初の門です。大きいなあとため息が出ます。国登録有形文化財です。

f0379138_08362073.jpg
大きな三松関をくぐると見えてくるのが山門。さらに、はるかに大きい!

f0379138_08370380.jpg
山門をくぐり右側へ。香積台は国登録有形文化財。総受付だそうです。

f0379138_08372130.jpg
唐破風が美しい待鳳館も国登録有形文化財。

f0379138_08373685.jpg
そして大きな大きな本堂、大僧堂。

f0379138_08375440.jpg
こちらは美しい仏殿。

f0379138_08382277.jpg
放光堂。
f0379138_08383750.jpg
鐘鼓楼。いずれも国登録有形文化財です。

f0379138_08392614.jpg
百間廊下はいつでもピッカピカ。

f0379138_08385558.jpg
百間廊下は総受付の香積台から今回撮影はしませんでしたが衆寮を結ぶ長い廊下。その廊下には香積台側から金鶏門、中雀門、玉兎門(写真)と3つの門があります。百間廊下と3つの門がセットで、こちらも国登録有形文化財です。

f0379138_08391106.jpg
向唐門も国登録有形文化財。しつこいですか?
ここで雨が強くなってきました。


◇◇◇


 總持寺が横浜鶴見にやって来たのは1911年、明治の時代。かつては現在の石川県輪島市にあった曹洞宗の大本山でした。1898年の火災でこの地に移転してきました。再興するなら人がより多い地、という理由だったと聞いたことがあります。
 明治以降の移転なので近世以前の建造物はありませんが、たくさんの登録有形文化財が並んでいます。今回紹介したのはほんの一部です。天候のよい、時間があるときにゆっくりと巡りたいと思います。


◇行程 京急川崎駅→鶴見駅→總持寺→花月園前駅
◇4.23km・2671歩・178.8kcal
◇旅費 0円

by akrk0911 | 2017-10-16 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
そば食い日誌・ういーん
f0379138_06414628.jpg


 13日の金曜日。仕事の合間にもう一杯そばを食べました。
 JRの鶴見駅東口と京急鶴見駅の間、バスロータリーの一角にその名店はあります。「ういーん」。不思議な店名です。


◇そば食い日誌 ~9杯目~
 **ういーん
◇鶴見・京急鶴見 ◇横浜市鶴見区鶴見中央1丁目
◇天ぷらそば ◇340円
◇2017年10月13日(金)


 以前はもっと麺自体に味があったような気がします。まあ添加物なのでしょうが。つゆは塩っぽさと酸味があるのですが薄く感じました。こちらも以前はガツンとしたような気が。
 かき揚げの固さには少々笑いが。カリカリしていました。いいんです。これはこれで大好きですが、一般ウケはしないだろうなあ。以前、店主とおぼしき男性が大量のかき揚げを揚げているところを見ました。

f0379138_07044960.jpg

 初めてこの店を訪れてから恐らく30年近い時間が経過しました。プラスチックの食券も健在です。何よりも存在そのものがうれしい鶴見の名店なのです。
 バスロータリーを挟んで対峙する「五味酉」と共に、立ち食いそばマニアにはたまらない鶴見駅前なのです。

by akrk0911 | 2017-10-15 07:30 | そば食い日誌 | Comments(0)
川崎市幸区、出会いの旅 ~その1~
f0379138_06524604.jpg


 少し遠くへ出かけよう。でもあまり遠いのはしんどい。というわけで川崎市幸区を旅してきました。

〈第84回〉神奈川徒歩々旅
◇川崎市幸区、出会いの旅 ~その1~
◇2017年9月3日(日)


f0379138_06542507.jpg
京急川崎駅から1~2分も歩けば川崎市川崎区と幸区の区境です。

f0379138_06544676.jpg
最初に訪れたのは延命寺。

f0379138_06550938.jpg
鬱蒼としていますが荒れているわけではありません。キチンと手入れはされています。
延命寺には、川崎市重要郷土資料有形民俗文化財、南河原雨乞獅子頭 附)武州橘樹郡南河原村延命山宝蔵院什物請雨経曼陀羅并雨乞獅子由来1冊・請雨経曼陀羅1軸・雨乞獅子付属用具1具(大皿2 太鼓3 軍配2 幣束1)があります。長い。

f0379138_06555259.jpg
延命寺を出て次の目的地へ向かう途中、さいわい緑道に出くわしました。
かつては川が流れていた暗渠かなと思ったら、貨物線が敷設されたいた場所だそうです。JR南武線の前身、南武鉄道の支線跡らしいです。

f0379138_13334447.jpg
幸警察署前を通って進みます。

f0379138_06561176.jpg
そしてこちらは南武線の矢向駅。ここに至るまでにマリノスのフラッグが掲げられている通りがあったので「?」となりましたが、幸警察署前を過ぎてからしばらく横浜市鶴見区を歩いていたんですねえ。矢向駅もホームの一部を除いて横浜市なんですねえ。

f0379138_06563058.jpg
いい感じの商店街がありました。

f0379138_06564440.jpg
小倉陸橋でJRを越えます。横須賀線や湘南新宿ラインの電車が駆け抜けます。
この辺りでは車窓に富士山や南アルプスの白峰三山が見えたのですが、いまはどうでしょう。だいぶ建物が増えました。この小倉陸橋の辺りも土地の造成が進んでいるようでした。

f0379138_06570802.jpg
川崎市幸区に戻り無量院に到着しました。

f0379138_06572230.jpg
どでかい本堂が迎えてくれました。

f0379138_06574703.jpg
境内には川崎市重要郷土資料の有形民俗文化財の庚申塔があります。灯籠の形をした珍しい庚申塔ですねえ。

f0379138_06580055.jpg
そもそも庚申とは? 
中国の道教という思想の一つのようです。60日に一度巡ってくる「庚申(かのえさる・こうしん)」の日に眠ると三尸(さんし)という虫が体から出て、天帝にその人の罪を報告してしまうそうです。なので庚申の日は眠らずに健康長寿を祈ったそうです。
庚申塔は礼拝の本尊として建てられたそうです。
三猿が掘られています。青面金剛が掘られている庚申塔もあります。
無量院の庚申塔は川崎市でも最古のものだそうです。


◇◇◇


 晴れそうで晴れない空。8月に引続き9月も変な空模様です。元々9月は雨が多いのですが。
 下調べしていても、知らなかったところに出くわすこともあります。さいわい緑道がまさにそう。歩き旅ならではの出会いです。


◇行程 京急川崎駅→延命寺→さいわい緑道→矢向駅→小倉陸橋→無量院→

川崎市幸区、出会いの旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-09-06 07:00 | 川崎市の旅 | Comments(0)
そば食い日誌・五味酉
f0379138_19021010.jpg


 もう、だいぶ前の話。旧東海道を弥次喜多よろしく歩いたあのゴールデンウィーク。旅人は鶴見で空腹を満たしたのでした。
 実は鶴見に至る道中、他の店が頭を占拠していたのですが、休みでした。でも、ここも名店なのです。


◇そば食い日誌 ~6杯目~
 五味酉
◇鶴見・京急鶴見 ◇横浜市鶴見区鶴見中央1丁目
◇天ぷらそば ◇350円
◇2017年5月3日(水)


 鶴見駅の再開発に伴い、いい意味で小汚なかったこの店はめでたくきれいなビルの一角に収まったのでした。立ち食いそばファンとしてはそれがよかったのかどうかは……。
 しばらく天ぷらそば300円の良心を保っていましたが、350円になっていました。それでも富士そば400円時代のいま、納得のプライスなのです。
 関西系のつゆだったと思いますが、それは変わらないといえば変わっていないのかなあと思いますが、以前ほどそれが感じられなくなっていたような。
 まあ、いいんです。こんな味のある店が再開発の波に揉まれてなお、ここに存在してくれているのですから。大資本に魂を売ったり貸したりしていないのだから、いてくれるだけでファンはうれしいのです。

by akrk0911 | 2017-07-20 18:55 | そば食い日誌 | Comments(0)
鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その3~
f0379138_16311747.jpg


 居心地のいい三ツ池公園と涙涙のお別れをしました。桜の季節にまた来るからねと。
 さて、近隣のお寺、公共事業の史跡を巡りこの旅もフィナーレです。

〈第78回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その3~
◇2017年7月8日(土)


f0379138_16170046.jpg
常倫寺を訪れました。

f0379138_16183051.jpg
大きな通りが交差するところにありますが、喧騒とは無縁です。

f0379138_16200449.jpg
本堂裏手には横浜市登録地域史跡の旗本久志本家歴代の墓所があります。
久志本家は、元は三重県の出身の神主。徳川家康の侍医に召し抱えられたそうです。
久志本常勝は五代将軍綱吉の病を治療し都筑郡に領地を与えられたそうです。

f0379138_16202652.jpg
左は常勝が父の常倫(つねもと)を供養するために建てたお墓。右は常勝の墓。

f0379138_16185553.jpg
本堂前には大きなイチョウがあります。常倫の妻が常勝を産んだもののお乳が出ない。このお寺で乳が出るよう祈願したところ、イチョウの乳のように垂れ下がったところから乳が出たそうです。常勝はその乳を飲みたくましく成長したそうです。
このイチョウは乳母銀杏と呼ばれています。

f0379138_16191294.jpg
本堂にある梵鐘は1693年のもの。歴史があるお寺です。

f0379138_16210170.jpg
またまた鶴見川です。

f0379138_16212680.jpg
今回は河口から6kmあたりを歩きました。

f0379138_16220229.jpg
末吉橋を渡りしばらく対岸を下り県道140号を。矢向第一陸橋を越えたら左折して線路沿いを歩きました。

f0379138_16222060.jpg
ああだこうだする内に、こちらは二カ領用水路地跡。横浜市登録地域史跡です。

f0379138_16224746.jpg
1972年に埋め立てられた用水路ですが、かつてはホタルが飛び交い、ウナギやシジミ(丑の日コンビ!)がたくさんとれたそうです。

f0379138_16231219.jpg
こちらは南武線の尻手駅。ここから電車に乗ってもいいのですが、交通費節約のため京急川崎駅までトボトボ歩きました。


◇◇◇


 暑い暑い日でした。ほうずき市でにぎわう神社から素晴らしい公園、歴史あるお寺に近代の文化遺産を訪ねる旅でした。
 三ツ池公園は桜の季節に必ず再訪することでしょう。楽しみです。


◇行程 (その2)→常倫寺→末吉橋→矢向第一陸橋→二カ領用水路地跡→尻手駅→京急川崎駅
◇14.52km・11837歩・612.9kcal
◇旅費 515円(交通費)

by akrk0911 | 2017-07-14 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その2~
f0379138_17313039.jpg


 三ツ池公園の主役は3つの池。農業用のため池として作られた池が、宅地化が進み本来の使命を終えたいま、素晴らしい公園に整備されています。

〈第78回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その2~
◇2017年7月8日(土)


f0379138_17383231.jpg
コリア庭園の前にある下の池から反時計回りに3つの池を巡ります。

f0379138_17323562.jpg
深山の湖と言われても信じてしまいそうです。

f0379138_17330266.jpg
下の池と中の池の境に歌碑があります。
三ツ池の水が広い田んぼに引かれ、涸れることなく農民に深い恩恵を与えたことを詠んだ和歌だそうです。
藤原増貤(※のぶ)の作品で1843年に建てられた碑だそうです。横浜市登録地域有形民俗文化財です。

f0379138_17344268.jpg
ボートや人工物が目に入らない素晴らしい景観です。

f0379138_17332854.jpg
中の池も翠の水を湛えています。

f0379138_17340754.jpg
上の池だけ様子が異なります。真っ黒な水です。鉄(くろがね)色とでも表現しましょうか、なんとも不思議な色です。

f0379138_17334943.jpg
汚れて黒いというわけではない黒さです。

f0379138_17352412.jpg
コリア庭園の前まで戻り、下の池と中の池の間を通り対岸の階段を上りました。

f0379138_17354316.jpg
池の展望を期待したのですが叶いませんでした。


◇◇◇


 三ツ池公園は「さくらの名所100選」のひとつです。県内では他に小田原城址公園と衣笠山公園が選ばれています。春、満開の桜を見に訪れたいです。
 旅はもう少し続きます。


◇行程 (その1)→〔下の池→藤原増貤(のぶ)歌碑→中の池→上の池〕→

鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その3~へ つづく


※のぶは貝に也(貤)

by akrk0911 | 2017-07-11 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その1~
f0379138_23005216.jpg


 鶴見区にある県立公園を訪れました。何度も近くを歩いていたのになかなか寄る機会がありませんでした。周辺の旧跡と併せて炎天下の旅です。

〈第78回〉神奈川徒歩々旅
◇鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その1~
◇2017年7月8日(土)


f0379138_22535997.jpg
鶴見駅から近い鶴見神社へまずは立ち寄りました。旧東海道の旅の際に寄る予定だったのですが、思いの外時間が押してしまいスルーしたのでした。ようやく到着です。

f0379138_22543645.jpg
この拝殿の前は鶴見神社境内貝塚として横浜市の史跡に指定されています。
高台の静かな雰囲気の神社を勝手に想像していましたが、街中のバリアフリーの神社でした。当日はほおずき市が開かれ賑わっていました。

f0379138_22550681.jpg
こちらは横浜市登録地域有形民俗文化財の寺尾稲荷道道標。旧東海道の鶴見川橋の近くの公園前にレプリカがありました。

f0379138_22554850.jpg
三ツ池公園を目指します。県道、横浜市道といくつかコースがありましたが一番近そうな市道を選択。すると坂に次ぐ坂。汗びっしょりになりました。

f0379138_22561585.jpg
いくつかの坂を上り下りをしてようやく三ツ池公園への道標が。

f0379138_22564026.jpg
三ツ池公園の前にこちらは県立鶴見高校。グーグルマップによると校内には小仙塚貝塚があるのですが、入れませんよね。

f0379138_23043300.jpg
大汗をかきながら三ツ池公園に着きました。3つの池を模しているのでしょうか、印象的な正門です。

f0379138_22590026.jpg
コリア庭園を見学しました。神奈川県と韓国の京畿道との友好提携を記念して開園したそうです。
こちらは別堂。男主人が来客を迎える部屋だそうです。

f0379138_22593147.jpg
六角亭。周囲の自然を眺め、自然の一員として自らを顧みながら、心の安息を求める休養の場だそうです。

f0379138_22595827.jpg
こちらはチャントッテというしょう油やミソ、漬物などの壺だそうです。家勢を表すもので現代でもよく見られるそうです。

f0379138_23002746.jpg
別堂の内部です。日本にはない模様ですねえ。


◇◇◇


 予想と違う鶴見神社でした。なぜか緑に囲まれた神社だと思い込んでいたので不思議な気分でした。
 三ツ池公園に着いてからその存在を知ったコリア庭園。政治的には色々ありますが、異文化に触れる機会は大切にしたいと思いました。


◇行程 京急鶴見駅→鶴見神社→鶴見高校→三ツ池公園〔コリア庭園〕→

鶴見区、三ツ池公園と周辺の旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-07-10 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)