歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:横浜市旭区 ( 7 ) タグの人気記事
横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [5]
f0379138_15525057.jpg


 旅はクライマックスへ。決戦の地へ突入です。神奈川一周の旅でも少し訪れた史跡でしたが、あの頃とは感慨が違います。


〈第168回〉神奈川徒歩々旅
◇横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [5]
◇2018年9月9日(日)


 ***


f0379138_15531895.jpg
▲駕籠塚
 住宅街のはずれ、鶴ヶ峰配水池の隣にひっそりと「駕籠塚」があります。横浜市登録地域史跡「畠山重忠古戦場跡」です。


f0379138_15533833.jpg
▲悲しい史跡
 合戦の知らせを受けて駆けつけた内室(妻)、菊の前でしたが、この地で重忠の戦死を知らされ自害しました。駕籠ごとここに葬られたのだそうです。駕籠ごとって、スゴいですね。


f0379138_15535359.jpg
▲鶴ヶ峰神社
 駕籠塚のそばには鶴ヶ峰神社がありました。どうやらこの日は地域のお祭り。どこか遠く(高台のここからは遠くの下界)から祭り囃子が駕籠塚辺りまで聞こえていたのです。幟もご覧の通り。
 参拝しようとしたのですが、拝殿内で地元の人がたくさん、何やら作業をしていたのでここで失礼しました。
 


f0379138_15540674.jpg
▲鶴ヶ峰神社前の道
 鶴ヶ峰神社も急遽立ち寄ったのですが、目の前の道があまりにも魅力的だったので予定外の道を歩くことにしました。


f0379138_15542304.jpg
▲鶴ヶ峰交差点
 予定外の道は予定通りの鶴ヶ峰交差点に達しました。
 写真を左右に国道16号が走り、写真右奥の道は厚木街道、県道40号横浜厚木線の起点です。厚木ですか、懐かしいです。
 撮影している側にも2本の道があるので五差路の交差点ということになります。大きな交差点です。


f0379138_15553346.jpg
▲鶴ヶ峰駅入口交差点
 私は厚木街道を歩きました。最初の信号、厚木街道と水道道が交わる鶴ヶ峰駅入口交差点にも、古戦場の史跡があります。


f0379138_15555105.jpg
▲畠山重忠公碑
 生誕750年を記念して1955年に鶴ヶ峰と埼玉県川本村の有志によって建立された碑だそうです。帷子(かたびら)川を背に建っています。現在は流れを変えた帷子川が碑の地下を通っています。
 写真の左端に見切れるように写っている竹は「さかさ矢竹」。
 「わが心正かれば、この矢に枝葉を生じ繁茂せよ」と重忠が2本の矢を地面に突き刺したのだそうです。その矢に根が付き毎年2本づつ増え繁茂したそうです。
 この項、1枚目の「畠山重忠公終演の地」の標柱もここにあります。


f0379138_15561799.jpg
▲かつての帷子川
 畠山重忠公碑の地下を流れる帷子川とは別の流れとなっていますがこれは本来の帷子川でしょう。


f0379138_15563722.jpg
▲下川橋
 そこにかかる下川橋。こんな感じで北条勢は重忠を待ち受けたのでしょうか。
 白い建物は旭区役所です。


f0379138_15565665.jpg
▲首塚
 区役所の裏には「首塚」があります。実際は首ではなく鎧などが納められたということです。


f0379138_15571234.jpg
▲首洗い井戸・鎧の渡し
 区役所裏の駐車場には「鎧の渡し」と横浜市登録地域史跡「畠山重忠古戦場跡」の「首洗い井戸」の標柱があります。
 帷子川を渡る際、武士は鎧を頭上にしたことから「鎧の渡し」の名がついたようです。
 「首洗い井戸」はその名の通り、重忠の首を洗った井戸があったそうです。帷子川の流路変更に伴う埋め立てで井戸も枯れたそうです。
 「さかさ矢竹」もこの地にあったそうですが、何も残っていません。
 


f0379138_15573143.jpg
▲鎧の渡し緑道
 恐らくかつては川だったのであろう緑道です。


f0379138_15575141.jpg
▲鎧橋
 緑道の先には「鎧橋」の親柱が残されています。この道は水道道です。下を流れる帷子川はもうありません。


f0379138_15580751.jpg
▲鶴ヶ峰公園
 鎧橋の反対側は鶴ヶ峰公園。帷子川を埋め立てでできた公園です。


f0379138_15582307.jpg
▲鶴ヶ峰駅へ
 鶴ヶ峰駅は鎧橋から水道道を歩いてすぐです。


 ***


 金沢区生まれのおっさんが旭区の畠山重忠の史跡を敵情視察しました。う~ん敵わないかな。教育委員会ばかりか観光協会が全面に出て古戦場の町を売り出しているようでした。
 でも、歴史上、密に絡んでいたのは鎌倉や金沢だと思うので、金沢区の奮起を期待したいのです。息子、重保の史跡もありますしね。
 免許センター、田園風景、古民家、古戦場。バラエティーに富んだ旅でありました。


◇行程 →駕籠塚→鶴ヶ峰神社→鶴ヶ峰交差点→畠山重忠公終演の地(畠山重忠公碑・さかさ矢竹)→下川橋→首塚→旭区役所(鎧の渡し・首洗い井戸)→鎧の渡し緑道→鎧橋→鶴ヶ峰駅
◇9.09km ◇2時間48分 ◇交通費・564円


f0379138_16195445.jpg

by akrk0911 | 2018-09-14 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [4]
f0379138_11401574.jpg


 ここからは史跡タイムです。古戦場、「鶴ヶ峰の戦い」の跡を巡っていきます。
 ほとんどが「畠山重忠古戦場跡」として横浜市の地域史跡に登録されているのですが、横浜市のHPでは詳細がわかりません。現地で登録されていることがわかったものは明記していこうと思います。


〈第168回〉神奈川徒歩々旅
◇横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [4]
◇2018年9月9日(日)


 ***


 旭区の古戦場、主人公は畠山重忠です。

 畠山重忠は現在の埼玉県で1164年に誕生しました。母は相模国の三浦義明の娘です。頼朝の信頼は篤く、鎌倉時代を代表する武将の一人です。

 重忠は、当時実権を握っていた北条時政(北条政子の父)より、「鎌倉へ出頭せよ」との命を受けて、134騎の兵と共に現在の埼玉県から鎌倉へ向かいました。
 一行が当地、鶴ヶ峰に達すると前方帷子(かたびら)川周辺に数万騎の兵が待ち構えていました。
 これは京の平賀朝雅と重忠の嫡男、重保の口論が発端。畠山重忠・重保親子による謀反が疑われ討伐されることとなったのです。
 でもそれは口実に過ぎず、武蔵国で力を持つ有力御家人である畠山重忠から、武蔵国を奪おうという北条時政の策略なのでした。

 数万騎の軍勢を前に重忠の部下は、菅谷(埼玉県)へ戻り、兵を整えてから鎌倉へ向かおうと進言しました。しかし重忠は「謀反などは企てていない。兵を整え挙兵すれば、それこそ無実が事実になってしまう」とそのまま前進し、ここが畠山重忠終焉の地となったのです


f0379138_11422259.jpg
▲またもや帷子川
 またもや帷子川です。今回の旅は帷子川と国道16号を行ったり来たりします。


f0379138_11432261.jpg
清来寺山門
 こちらは清来寺(せいらいじ)。光っているのは本堂の屋根。とにかく眩しいのでした。スマホやPCのモニターでも眩しいでしょ。


f0379138_11441225.jpg
▲本堂
 境内には鎌倉時代、伝令(音の狼煙?)として使われた鐘の塚があり「鐘楼塚」と呼ばれているとのこと。


f0379138_12512604.jpg
鐘楼
 これはその鐘ではないでしょうね。
 鐘楼塚には畠山重忠が所持していた観音像が埋められており「観音塚」とも呼ばれているそうです。


f0379138_11451725.jpg
▲帷子川
 帷子川に沿って歩きました。県営今宿団地付近は明るい感じの遊歩道でしたが、この辺りは薄暗く、カラスがたくさんいて怖かったのです。


f0379138_11460121.jpg
▲水道道
 帷子川から水道道へ。こちらは明るい道でした。


f0379138_11471558.jpg
▲史跡?
 水道道に史跡があるのですが、うっかり見過ごすところでした。


f0379138_11484374.jpg
▲矢畑と越し巻き
 こりゃわからんぜよ。
 北条側から重忠の側に雨のように降ってきた矢が一面に突き刺さり、矢の畑のようだったことから「矢畑(やばたけ)」と呼ばれているそうです。恐ろしい光景です。
 また、この地で重忠が北条勢に取り囲まれたことから「越し巻き」とも呼ばれています。
 ここが横浜市登録地域史跡なのかわかりませんでした。


f0379138_11492878.jpg
▲再び国道16号を越え
 次の史跡を目指します。もう撮影はしませんでしたが、国道16号を越えて静かな道を歩きました。


f0379138_11501376.jpg
▲薬王寺
 さらに細い道をうんだらかんだら歩き、着いたのは薬王寺。横浜市登録地域史跡「畠山重忠古戦場跡」の「六ッ塚・霊場」です。この地に重忠をはじめ主従一同が六つの塚に葬られたのだそうです。


f0379138_11510591.jpg
▲畠山霊堂創建記念碑
 塚はどこなのか、あるのかないのかわからないのでした。こちらは畠山霊堂(薬王寺)創建記念碑。地蔵の土台には「畠山重忠公」の文字が彫られていました。
 ここが塚なのかなあ?


f0379138_11514990.jpg
▲さらに奥まった場所へ
 まだまだ古戦場の史跡はあるのです。


f0379138_11521928.jpg
▲こちらも「史跡を探せ!」状態
 「矢畑」「越し巻き」の例もあるので目を凝らして次なる史跡を探します。もう写っています。


f0379138_11523948.jpg
▲すずり石水跡
 重忠が鶴ヶ峰に陣を張った際にこの崖から涌き出る水で墨をすったことからこの名が残っています。この「すずり石水跡」も横浜市登録地域史跡「畠山重忠古戦場跡」です。
 擁壁の水抜穴から水が染みていれば雰囲気があったのに。


f0379138_11525940.jpg
▲すごい階段
 なんだかすごい階段でした。急傾斜な上に段の幅も高さもマチマチでした。天国へ向かっているような感覚を、それはない。


f0379138_11531821.jpg
▲次なる史跡へ住宅街をGo!
 今でこそ開発されていますが、鎌倉時代は山の中だったのではないでしょうかねえ。こんなところに史跡があるのが不思議です。


 ***


 いよいよ古戦場巡りがはじまりました。なんだかあっさりとした史跡たちです。


◇行程 →清来寺→矢畑・越し巻き→六ッ塚・霊場→すずり石水跡→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-09-13 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [3]
f0379138_09493772.jpg


 今度こそ古民家の連続です。サプライズの建築物もありラッキーなのです。


〈第168回〉神奈川徒歩々旅
◇横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [3]
◇2018年9月9日(日)


 ***


f0379138_09503971.jpg
▲今宿南町
 すっかりと下界に下りてきました。先ほどの畑もここも今宿南町です。


f0379138_09512168.jpg
▲見えてきた古民家
 ようやく茅葺き屋根が見えてきました。


f0379138_00284465.jpg
▲新川家住宅
 「新川家住宅主屋」は横浜市認定歴史的建造物です。1889年(頃)築の現役民家です。
 素晴らしいです。


f0379138_09522094.jpg
▲帷子川? と県営今宿団地
 新川家のすぐそばを流れる川です。この川のすぐそばにも川があり、そちらには「帷子(かたびら)川」の銘板を掲げた橋があったのですが、こちらも帷子川ですよねえ。恐らく新たに造られた現在の本流なのだと思います。
 素晴らしい県営団地が見えます。UFO も見えます。


f0379138_09524101.jpg
▲県営の団地と桜並木
 その帷子川とおぼしき川のほとりは桜並木です。味のある団地と共に絵になる風景です。


f0379138_09530419.jpg
▲国道16号
 帷子川と別れて少しだけ国道16号を横浜方面へ歩きました(この写真は相模原方面)。


f0379138_09532917.jpg
鈴木家長屋門
 今宿南町入口交差点から国道16号を歩き、クリエイト(ドラッグストア)の角を左折。立派な長屋門があります。こちらの「鈴木家長屋門」も横浜市認定歴史的建造物です。


f0379138_09534809.jpg
f0379138_09540572.jpg
▲江戸期の長屋門
 先ほどの新川家住宅主屋より古い江戸時代末期の建築。素晴らしい建造物である上に素晴らしい保存状態です。こちらも現役の民家です。


f0379138_09544480.jpg
▲再び国道16号
 国道16号に戻りさらに少し横浜方面へ。


f0379138_09553846.jpg
▲蔵のある民家
 今宿西町交差点にまたまた予備知識ゼロの歴史のありそうな民家が現れました。


f0379138_09562530.jpg
▲表門の奥の主屋も魅力的
 チラリとしか見えませんが、主屋も立派そうでした。時代はそう古くはないのでしょうがいい感じです。


 ***


 横浜市認定歴史的建造物2連発とそれに匹敵するような見事な民家にウハウハでした。何気に県営今宿団地も味わい深く、建造物を満喫する時間でした。


◇行程 →新川家住宅→鈴木家→今宿西町交差点→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-09-12 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [2]
f0379138_09024090.jpg


 免許センターをあとにまずは古民家を目指します。でも、美しい景色に見とれ、なかなか前へ進まないのです。


〈第168回〉神奈川徒歩々旅
◇横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [2]
◇2018年9月9日(日)


 ***


f0379138_09231935.jpg
▲旭区を北上
 しばらく県立産業技術短期大学校の敷地に沿って歩き、そのまま道なりに住宅街をひたすら北上します。


f0379138_09043587.jpg
▲中沢町公園
 親子連れが遊ぶ普通の公園、中沢町公園です。愛称は「きのこ公園」。地図にも記載されています。キノコでも生えているのでしょうか?


f0379138_09045124.jpg
▲毒はなさそう
 ありましたよキノコが。虫食いの穴が開いていますからきっと食用です。


f0379138_09075949.jpg
▲さらに北上
 なんだか立派な生垣に感動。この右側の道をさらに北上します。


f0379138_09081992.jpg
▲今宿2号橋からの保土ヶ谷バイパス
 日本一の交通量を誇る保土ヶ谷バイパスです。
 遠くに見える山は道志? にしては高いし奥多摩はもっと右。奥秩父? としばらく答えの出ない山座同定。


f0379138_09092456.jpg
▲保土ヶ谷バイパスを越えると別世界
 閑静な住宅街を、長い時間歩いてきた目にはとても新鮮な光景が広がりました。


f0379138_09094719.jpg
f0379138_09101443.jpg
▲高原のよう
 予備知識なしで出くわした光景でした。高台の田園風景、高原をウキウキ歩く気分でした。


f0379138_09130193.jpg
▲畑の中の坂を下ります
 心地よい坂道です。


f0379138_09103810.jpg
f0379138_09105771.jpg
▲素晴らしい光景
 横浜は大都市ではありますが、時折このような光景を見せてくれます。


f0379138_09111857.jpg
▲私有地の社?
 だいぶ坂を下りました。民家の裏山に赤い社が見えたのですが、私有地でしょうか? とても立派です。


f0379138_09115658.jpg
▲きれいな蔵
 これまた予備知識ゼロの蔵です。最近のもの? と思えるほど美しいのでした。


 ***


 思わぬ絶景に足踏みをする旅人の足です。文化財クラスの土蔵を目にし、ようやく古民家が近づいてきたことを思い出すと歩くペースが少し上がるのでした。


◇行程 →中沢町公園(きのこ公園)→今宿2号橋→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-09-11 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [1]
f0379138_21274050.jpg


 私の出身地である横浜市金沢区には鎌倉時代の武将、畠山重忠に関する史跡があります。しかし、横浜市旭区では金沢区よりはるかに畠山重忠を推して観光客を誘致しています。これは視察にいかなければ。
 でもその前に。


〈第168回〉神奈川徒歩々旅
◇横浜市旭区、古民家と古戦場を巡る旅 [1]
◇2018年9月9日(日)


 ***


f0379138_21492182.jpg
▲二俣川駅
 相鉄の二俣川駅から今回の旅はスタート。神奈川一周の旅で訪れたとき、二俣川駅は足場が組まれ工事中でしたが、この通りきれいに仕上がっています。
 ただし、内部はまだまだ工事の真っ最中です。


f0379138_21292165.jpg
▲二俣川といえば
 久しぶりの二俣川。用はないのですがアソコへ行ってみたくなり……。


f0379138_21305113.jpg
▲近道
 なんだか運転免許試験場へ行ってみたくなったのです。近いかどうかは微妙ですが、のんびり歩ける裏道を歩きます。


f0379138_21311740.jpg
▲試験場への道
 懐かしいです。この道は運転免許試験場へ続く道です。県内のドライバーのほとんどの人はこの道を歩いたのです。
 最近、私は免許の更新を地元の警察署で済ますので、ここを歩くのは十数年ぶり。


f0379138_21314265.jpg
▲神奈川県警察運転免許センター
 運転免許試験場が新しくなりました。場所もかつての建物とは道をはさんだ別の場所。


f0379138_21321387.jpg
▲2018年5月オープン
 オープンほやほやの新しい施設です。ということを今回、歩く前日に知りました。


f0379138_21324659.jpg
▲およよ
 かつての運転免許試験場は、なんとも悲しい……。


f0379138_21333242.jpg
▲青春の一頁
 県内で免許証を保持する人にとって青春の一頁だったはずのこちら。通称は「二俣川」あるいは「フタマタ」。
 A:「どこ行くの?」
 B:「フタマタ」
 で会話が成立するくらい「二俣川=運転免許」なのです。
 ここから建物の入口まで多くの人がたむろしていました。基本、運転免許試験場に来るのなんて一人ですから、みんな押し黙ってたむろしている印象でした。そんな場所が今はもう……。


f0379138_21344566.jpg
▲完成予想図
 県立がんセンターの敷地と県警運転免許試験場、県の施設を合わせて割って今回のリニューアルになったらしいです。
 左の大きな建物が運転免許センター。ここはがんセンターでしたね。道をはさんだところに位置する、かつての運転免許試験場の建物の跡地も技能試験のコースになるようです。


f0379138_21351427.jpg
▲二俣川看護福祉高校
 この辺りは県立の施設だらけです。こちらは神奈川県立二俣川看護福祉高校。


f0379138_21354801.jpg
▲産業技術短期大学校
 はたまたこちらは神奈川県立産業技術短期大学校。みんなひとまとまりに立地しています。


f0379138_21543464.jpg
▲いい天気です
 すっかり秋の空ですが、暑いのです。


 ***


 あれれ、古民家も古戦場も出てきませんでしたね。まあ、追々出てくると思いますのでどうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


◇行程 二俣川駅→神奈川県警察運転免許センター→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-09-10 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第4日]~その4~
f0379138_05113475.jpg

 太陽に招かれるように南西へ。次は瀬谷区を目指します。
 厚木街道を進むにつれ、街道の向かう方向に太陽が動いていきます。常に太陽に向かう形です。思わずほえたくなりました。

<第28回>神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第4日]~その4~
◇2017年1月28日(土)


f0379138_05121733.jpg
旭区役所を出たのが14時15分頃。余裕で次の目的地、瀬谷区役所にたどり着けそうです。

f0379138_05124171.jpg
なのでとあるお寺に寄り道を。

f0379138_05131574.jpg
お寺の近くに立派なお屋敷が。
凝った生け垣です。敷地内には蔵もありました。

f0379138_05134085.jpg
お寺は三佛寺。浄土宗のお寺。

f0379138_05140973.jpg
風車がカラカラと乾いた音を立てていました。
それが静けさをより深いものにしていました。

f0379138_05143859.jpg
旗本宅間家歴代の墓所、横浜市登録地域史跡です。
お墓です。
宅間家は戦国時代には永谷(港南区)を領し、江戸時代には二俣川を知行(封建時代に武士に与えられた土地?)したそうです。
17世紀から明治にかけて建てられたお墓です。立派な宝篋印塔が目を引きます。

f0379138_05150637.jpg
厚木街道に戻ります。
保土ヶ谷バイパスをくぐり、

f0379138_05154150.jpg
二俣川へ。
二俣川といえば運転免許。優良ドライバーの私は、免許の書き換えも近所の警察署なので久しく訪れていませんでした。
二俣川駅は工事中。相州蕎麦二俣川ライフ店で食事しました。相鉄沿線なら相州そばは外せません。本店は関内ですが。

f0379138_05161235.jpg
二俣川駅を出たのは15時15分頃。太陽はだいぶ西に傾いてきました。厚木街道も西に進路を変えます。

f0379138_05163826.jpg
希望ヶ丘駅で線路を渡り厚木街道と別れます。

f0379138_05171717.jpg
そのまま厚木街道でもいいのですが、信号の少なそうな道の方が好きです。

f0379138_05175010.jpg
三ツ境駅付近でまたノープランで知らない道へ。
瀬谷区役所はすぐだったのですが、病気です。
道に迷いました。

f0379138_05182040.jpg
よし、あの飛行機雲を目指そう!

f0379138_05183947.jpg
なんと、飛行機雲は大山へ一直線ではないか!
ならば大山まで歩くか!

f0379138_05190380.jpg
んなわけはなく、飛行機雲を追っていると瀬谷区役所のパラボラアンテナが見えたので、無事に到着。
これまで見た庁舎の中で一番カッコいい庁舎だと思います。
これ以上凝ると無粋になるギリギリの冒険デザイン。


 碁盤の目のような町ではない土地で、知らない道へ入るのは危険です。迷うのは当たり前。しかもどちらかといえば方向音痴の私。ハラハラドキドキします。
 でも、大山へ一直線の飛行機雲は、道に迷わなければ見ることができませんでした(多分)。
 さて、予定では最寄りの三ツ境駅で終わる予定でしたが、日はまだ高い。地図とにらめっこし、少し先へ進むことにしました。
 旅は今しばらくつづきます。


◇行程 (その3)→三佛寺→二俣川駅→希望ヶ丘駅→三ツ境駅前→瀬谷区役所→

神奈川一周の旅[第4日]~その5~へ つづく

by akrk0911 | 2017-01-31 06:20 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第4日]~その3~
f0379138_00090907.jpg


 親しみやすい感じの横浜市緑区。初めての景色なのに懐かしさを感じました。
 金沢区出身のいなかもんに親しみを感じられても……って、大して変わらないじゃん。
 緑区にも巨大な公園があります。

<第28回>神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第4日]~その3~
◇2017年1月28日(土)


f0379138_00101562.jpg
巨大な公園に誘い込まれます。

f0379138_00104059.jpg
四季の森公園プロムナード。随所にこんな道標があって迷いようがありません。
実は緑区役所からこの道までの間に迷ったのですが。

f0379138_00111217.jpg
というわけで、ほぼ難なく四季の森公園に到着です。

f0379138_00113228.jpg
こんなところにあったか、富士塚くん。

f0379138_00115693.jpg
残念ながら普通の展望台でした。いやこの形状、普通ではないか。

f0379138_00121428.jpg
気持ちのいい尾根道。公園の域を脱しています。
冬がハイ・シーズンですね。

f0379138_00123696.jpg
こんな噴水が。ちょっと感動しました。
頭の中では「We must be over the rainbow rainbow rainbow……」が鳴り響き、目を閉じればリッチー・ブラックモアが浮かぶ。
重度のオッサンをこじらせました。

f0379138_00125730.jpg
さて、四季の森公園を一歩出たら旭区でした。
中原街道を歩きます。スゴい交通量。

f0379138_00131558.jpg
おっと、またノープランの住宅街か?

f0379138_00134344.jpg
いえいえ、今回はプラン通りです。ちゃんと予定していた白根通りに出ました。
目指すは鶴ヶ峰駅方面。ここからは細かい道へ入ると迷宮入りしそうなので、この白根通りを真面目に歩きます。

f0379138_00140559.jpg
と言った舌の根も乾かぬうちに。
前方を見ると白根通りの歩道が途切れ、なにやらクルマと歩行者が仲良くできそうにないなあ的な感じだったので、ちょうど現れた暗渠と思われる遊歩道に入り込みました。
どうやら歩行者はみんな中堀川プロムナードと呼ばれるこちらを歩いているようでした。無事に白根通りに戻れました。

f0379138_00142464.jpg
白根通りの終点(?)白根交差点を右折してしばらくすると、バスと歩行者専用の道路があったので行ってみました。またノープランかい。

f0379138_00144560.jpg
相鉄バスがお出迎え。鶴ヶ峰駅のバスターミナルでした。
相鉄バスは、やや近所でも見かけるので馴染みがあります。

f0379138_00433850.jpg
このあとまたもやノープラン発動……。
しかし。

f0379138_00150223.jpg
史跡に出くわしました。旭区役所の回りに点在していることは知っていましたが、実はどこにあるのかよくわからなかった史跡です。
畠山重忠古戦場跡として横浜市の地域史跡に登録されています。首洗い井戸とそばには首塚がありました。
これ以外にもいくつか畠山重忠古戦場跡関連の場所があるので、いずれまた。
畠山重忠は鎌倉時代の武将で、北条時政の命によりこの地で殺害されたそうです。

f0379138_00154032.jpg
そんな血生臭い歴史の地に建つ旭区役所です。


 四季の森公園はまさしく四季を通して足を運び、季節の移り変わりを感じる公園なのでしょう。こんな駆け足ではもったいない。
 今回はよく道に迷います。プラン通りなら間違いようがないのですが。
 でも、冒険が史跡との出会いを演出してくれたんだと、達成感があります。
 この旅では、まだまだそんな出会いがあります。


◇行程 (その2)→四季の森公園プロムナード→四季の森公園→中堀川プロムナード→鶴ヶ峰駅前→畠山重忠古戦場跡(首洗い井戸、首塚)→◎横浜市旭区役所→

神奈川一周の旅[第4日]~その4~へ つづく

by akrk0911 | 2017-01-30 01:10 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)