歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:横浜市保土ケ谷区 ( 9 ) タグの人気記事
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #6

2019.02.16.sat



 高速道路の見慣れない風景に感動します。こんなとこ歩けるんだとビックリ。保土ヶ谷区を色々と堪能する旅も終盤です。


第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #6





①
 仏向無線塔のそばには「藤塚I.C.」 があります。ここは横浜新道になるのかな? すぐ隣というか連結している「新保土ヶ谷I.C.」 と合わせて、横浜新道、横浜横須賀道路、保土ヶ谷バイパスが入り乱れる免許取りたての初心者にはドキドキのI.C.です。
 新藤塚橋からのI.C.の眺めはいいですねえ。しばし見とれました。


②
 左は歩いてきた新藤塚橋です。この道は何度も登場していますが元町ガードへ至る道です。以前来たときは蔦紅葉が鮮やかでした。まるで神殿のような雰囲気に驚いたものです。
 左端には藤塚随道が見えます。トンネルを歩かずにトンネルの上を越えてきました。出るという噂があるので……


③
 そのまま歩いて行けばいいものを回り道を選択しました。地図を見ると新保土ヶ谷I.C. の下を縫うように道があるようなのです。クルマは進入禁止だと思います。
 右に見えるのはバス停。その先に見えるI.C. の下へ進みます。


④
 弧を描くI.C. の内側にいるのは不思議な気分でした。ここを走るクルマは保土ヶ谷バイパスの町田方面から来て、クルッと回って横浜新道の戸塚方面へ向かいます。


⑤
 I.C.の外に出ると階段なのですが、てっきり下りだと思っていたのに上りなのでがっかり。でも、なんだか梅が咲いているいい感じの坂道があったのでユルユル上ってみました。


⑥
 上った先は畑でした。道は行き止まりです。畦道を歩いて上るべきだった階段の先に、最後は数十センチの擁壁から飛び降りてたどり着きました。


⑦
 とんでもなく長い坂道です。呆れ返るくらい長いのです。


⑧
 「法泉坂」という名の坂でした。この辺りは法泉という地名なのですが、かつてあった法華寺に由来するのだとか。法華寺は樹源寺の後ろ辺りにあったお寺とのこと。
 樹源寺はこの日、ルートを間違えて歩いた旧東海道に面したお寺。その後ろは現在は東海道本線です。
 この法泉といい行座谷、仏向といいなんとも仏教を連想させる地名だらけです。


⑨
 東海道本線に突き当たればあとは元町ガードまで歩くだけです。


⑩
 横横道路の迫力ある橋桁を見ていたら電車がやって来ました。


⑪
 本名は恐らく厚木ガードである元町ガードに帰ってきました。まだまだ家は遠いんですけど「帰ってきたあ」って感じになりました。


⑫
 元町橋交番前交差点にある狩場町歩道橋からの国道1号です。正面に見えるのは「狩場I.C.」。諸説あるようですが源頼朝がこの地で狩りをしたことが地名の由来だとか。保土ケ谷は頼朝ゆかりの地なんですね。


⑬
 狩場I.C.を過ぎると「狩場ふじみ坂」という坂があり、うっかり心引かれてしまいました。もう普通に帰ろうよ。富士山なんてきょうは見えないよ~、と文句をいう私を抑え込んで歩いてしまいました。


⑭
 やがて公園にたどり着きました。「狩場第五公園」です。「横浜市環境事業局保土ケ谷工場」の煙突が間近に見られました。送電線の鉄塔と合わせてロケットの発射場に見えませんか?
 この煙突も保土ケ谷のランドマークですね。色々なところから見えます。


⑮
 えげつない急坂を下りました。坂を下り終えて左折すると「横浜市児童遊園地」です。


⑯
 児童遊園地をユラユラ歩き、こども植物園を通り抜け、自宅方面へさらに上ったり下ったりしながら帰るのでした。



* * *


 実は天気もよくなかったので瀬戸ケ谷弥生公園と瀬戸ケ谷町第二公園だけ巡って帰ってくる散歩気分の予定だったのですが……。なんとも長い散歩になってしまいました。
 途中から天気もよくなり気分がのり過ぎました。頼朝に関する伝説が多く残る町なのだということは新たな知識となりました。古墳、遺跡と並んで興味深い話です。もっと保土ヶ谷には頼朝伝説があるのかな?
 仏向無線塔、横浜市防災無線塔、横浜市環境事業局の煙突といったランドマーク観賞も楽しかったです。近くてもあまり知らない保土ケ谷区。まだまだ奥が深そうです。


行程:→新藤塚橋→藤塚I.C. →新保土ヶ谷I.C. →法泉坂→元町ガード→狩場I.C. →狩場ふじみ坂→狩場町第五公園→横浜市児童遊園地→横浜市こども植物園→自宅
歩行距離:21.85km 歩行時間:6時間34分
交通費:0円
f0379138_08445008.jpg

by akrk0911 | 2019-02-22 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(2)
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #5

2019.02.16.sat



 いわくありげな名前の公園を訪ねます。さらに保土ケ谷のランドマークを眺めに行きます。


第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #5





①
 あのタワー(横浜市防災塔)はなんだろう? と地図を見てこの公園があるのを思い出したのでした(横浜市防災塔に関しては地図ではさっぱりわかりませんでしたが)。遺跡がらみのこの公園は以前から訪れる候補に上がっている公園だったのです。
 「仏向矢シ塚公園(ぶっこうやしづかこうえん)」です。地名は「やしつか」のようです。グーグルマップでは矢「ツ」塚公園と表記されていますが、「ツ」ではなく「シ」です。


②
 源頼朝が狩りに来て釜壇山(釜台)から放った矢が地面に刺さり、そこから矢竹が生えたという伝説から「矢崎村」「矢シ塚」という地名が残ったのだそうです。
 この辺りは頼朝伝説があるのですね。


③
 ところで矢シ塚の「シ」ってなんでしょう? 「矢シ塚のシ」で検索してもヒットしません。「矢刺塚」なのかなあ。
 旧保土ケ谷区に「矢指町(やさしちょう)」という地名がありますが、現在は旭区に属し、仏向ともだいぶ離れています。旭区には畠山重忠の「矢畑」「逆さ矢竹」の伝説が残っていますが、それも場所が違います。
 もしかしたらグーグルマップの「ツ」が正解だったりしてね。


④
 この辺りには矢シ塚遺跡があり、石斧などが出土たらしいのですが、ここが遺跡なのかはわかりません。


⑤
 矢シ塚公園の西入口の階段を下り通りに出ました。このまま歩けば藤塚随道を通って元町ガードへ至ります。
 でも、すぐ右折して坂を上って次も何やら曰くありげな名前の公園へ。


⑥
 「仏向行坐谷公園(ぶっこうぎょうざやこうえん)」です。もしやとは思いましたが餃子屋はありませんでした。地名は「行座谷」ですが公園の表記は「行坐谷」です。


⑦
 古墳のような盛り上がり……。なんでもないですよね。恐らくここに上れば眺望が得られたのでしょうが、生け垣が伸びて眺望ゼロでした。
 さて、行座も行坐も由来はわかりません。


⑧
 仏向行坐谷公園と道をはさんで隣接するのは「仏向倉沢北公園」。こちらは普通の公園ですね。梅がきれいでした。隣は藤棚でしょうか。


⑨
 なんか坂ばかり。こちらは144段でしたよ。数えちゃいました。


⑩
 階段を下り小さな川の向こうの斜面がガサゴソ賑やかなので見てみるとコジュケイの群れが歩いていました。ここは「せせらぎの森」という名の森だそうです。


⑪
 写真では小さいのですが、保土ケ谷のランドマーク、仏向無線塔が近くなってきました。ここは元町ガードに至る道。そのまま帰るつもりでしたが無線塔を間近に見たくなりました。


⑫
 というわけで恐らく仏向無線塔にたどり着くであろう坂を上ることに。


⑬
 振り返ればこんな風景。うっすらと大山が見えました。空気が澄んでいれば富士山も大きく見えるでしょう。


⑭
 坂を上ると保土ケ谷公園が見えました。保土ケ谷球場のスコアボードにランドマークタワーが重なってなかなかの景色です。
 この道は以前歩いたことのある道。仏向無線塔から仏向貝塚へ向かうときに歩いたのでした。


⑮
 いよいよ仏向無線塔が近くになりました。この日はずっとこの無線塔を眺めながらの旅でした。


⑯
 こんな晴天下で仏向無線塔を眺めたのは初めてかも。美しいタワーです。こういうの(どういうの?)が好きな人は必見だと思います。



* * *


 「矢シ塚のシ」と「行坐谷(行座谷)」の謎は解けません。う~ん。一方、仏向無線塔はスッキリクッキリ見ることができました。
 さて、このあとは帰るだけのつもりだったのですが……


行程:→仏向矢シ塚公園→仏向行坐谷公園→仏向倉沢北公園→せせらぎの森→仏向無線塔→〈つづく〉
f0379138_08092223.jpg

by akrk0911 | 2019-02-21 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(1)
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #4

2019.02.16.sat



 保土ケ谷の遺跡や古墳を巡る旅。史跡、古墳の登場です。



第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #4





①
 遺跡へ向かう坂です。なんだか突然晴れてきました。次に向かうのは釜台公園。国道16号は少ししか歩きませんでした。


②
 「釜台公園」はよくある公園です。


③
 この景色は素晴らしい。家家家家の向こうに合成写真のようにみなとみらいが。こうしてみると横浜市は丘陵の町なんですねえ。


④
 眼下には保土ケ谷中学校。この学校はなんと「釜台古墳」なのです。6基の円墳が発見されたそうですが、校地の整備ですべて破壊したそうです。残念。


⑤
 釜台公園は二層構造。階段で上へ。


⑥
 階段の先には「上星川遺跡」の説明版。史跡の指定はありませんが一部が現状保存されているそうです。
 弥生時代後期の住居跡だそうです。


⑦
 釜台公園付近からは国道16号へ一気に階段を下ります。


⑧
 長い階段ですからね、途中にベンチが置かれていました。一休みですね。


⑨
 この階段は釜台つづら坂。釜台の地名は釜壇からきたようです。源頼朝が鷹狩の際、石に丸く穴を開けた釜壇の石で茶をたてたのが由来だとか。


⑩
 先ほどチラッと見えたタワーが目の前に。なんだか工事のシートが見えます。建築中? もしかしてスカイツリーより高くなるの?


⑪
 上星川駅前の国道16号へ下りてきました。立体交差しているのはずっと高速道路だと思っていたのですが、新幹線でした。そういえば上星川駅の上を新幹線が交差しているんでした。

【訂正とお詫び】3月2日、相鉄線に揺られ西谷駅を過ぎたときに気づきました。「あれ、新幹線?」。なんと、相鉄線と新幹線が交差するのは上星川駅ではなくて西谷駅でした。では、上星川で見たアレは? 調べました。東海道貨物線でした。


⑫
 上星川駅で相鉄線を越え、細い道をああだこうだ歩いて新幹線の下へ。防音壁がすっぽりと新幹線を包んでいるのですが、真下では雷にそっくりの轟音が聞かれました。
 この道は水道道。写真を撮っている私の背中方向は保土ケ谷区役所を経て野毛山公園へとつづきます。
 このまま道なりに進むと以前歩いた道、藤塚随道や先ほど歩いた元町ガードへ。正面に見える階段を上ると国登録有形文化財「川島町旧配水計量室上屋」。そこは水道坂で、坂を上ると西谷浄水場、横浜水道記念館があります。
 私は左に見えている急坂へ。

【訂正とお詫び】ここで轟音を聞いて勘違いをしたのです。私が聞いたのは貨物列車の走行音だったのですね。恥ずかしい、とても恥ずかしい。穴があったらいれ…… じゃなくて入りたい。全国の新幹線ファンの皆さま、貨物列車ファンの皆さま、ごめんなさい。


⑬
 急坂を上っているとあのタワーが現れました。


⑭
 お、上っている坂の丘とは違うところに現れました。実は上っている丘にあのタワーがあると思っていたのですが、見当外れの方角に。
 でも、これでわかりました。そっか、あれは水道記念館の目の前にそびえ立っていた横浜市防災行政無線西谷中継局電波塔じゃん。


⑮
 坂の上は畑でした。



* * *


 謎のタワーが明らかになりました。この丘へ来たのはそのタワー目的ってわけでもなかったのでこのまま歩き旅をつづけます。
 さて、丘の上の畑の向かい側にある公園も歴史的な地名を残すところです。


行程:→釜台公園→釜台つづら坂→上星川駅→水道道→〈つづく〉
f0379138_07022212.jpg

by akrk0911 | 2019-02-20 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(2)
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #3

2019.02.16.sat



 予定外の保土ケ谷公園。梅のいい香りに誘われて寄り道しました。



第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #3





①
 「にぎわい広場」というところに来ました。いつもは道路をはさんだ反対側の野球場やサッカー場がある方を歩くのですが、初めてこちらを歩くことにしました。


②
 「梅まつり」ののぼりがたくさんありました。2019年の梅まつりは翌週、2月23日のようです。


③
 日差しがなく寒々しい光景です。


④
 梅林には50種もの梅が植えられているとのこと。根岸森林公園と同じで一斉に満開なんてならないんだろうなあ。


⑤
 花の咲いている木が少ないこともあるでしょうが、多くの人がこの紅梅の前で立ち止まっていました。とても濃い紅でした。


⑥
 花壇では何やら作業中。パンジーで保土ケ谷パーク。保土ケ谷公園では「園」の字をパンジーで表現するのは無理ですもんね。


⑦
 保土ケ谷球場と仏向無線塔がこんな風に見えるところがあったのかあ。これは青空ならば最高だなあ。


⑧
 きれいなイチョウ並木です。左側の何やらの茶色い構造物と右端の電柱がなければ絶景なんでしょうけどね。もったいない。


⑨
 横浜新道の星川入口。


⑩
 このエリアは相鉄のテリトリーですね。


⑪
 駅名は和田町ですが和田駅前商店街です。和田の駅前商店街ってことでしょうね。


⑫
 駅前の踏み切りを渡り国道16号側へ。和田地蔵尊、そして細い道。なんとも趣のある光景に吸い込まれるようにそちらへ。


⑬
 そんな道もすぐに終わりようやく国道16号へ。でも、すぐに青看板の右折方向へ。
 おや、正面になんだかタワーが見えますねえ。なんでしょう?



* * *


 花が少なく少々寂しい観梅でした。天気も相変わらずイマイチですし。
 ようやく国道16号へ。正面に見えるタワーがとても気になるのでした。


行程:→県立保土ケ谷公園→星川ランプ→和田町駅→国道16号→〈つづく〉
f0379138_05312102.jpg

by akrk0911 | 2019-02-19 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #2

2019.02.16.sat



 どよんとした空模様ですがこのあとは晴れてくる予報。それを信じて東海道を歩きます。が、あれ、ここ歩く予定だったっけ?


第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #2





①
②
 保土ケ谷橋のすぐ近くには「保土ケ谷宿本陣跡」。なんだか懐かしいのです。先日、箱根峠で幕を下ろした東海道中膝車輌。その箱根も遠い昔のように感じるのです。


③
 この日帰宅してから見たtvk の番組で、この「旅籠屋(本金子屋)」が登場して「さっき行ったばかりだよ、さっき行ったばかりだよ」と一人で興奮したりしちゃいました。恥ずかし。


④
 「一里塚跡」(奥)と「上方見附跡」(手前)。前回ここを歩いたときは一里塚と見附跡の区別もつかない無知のアホでした。

 と、この辺りで気づきました。なんとなくおかしいなあと思っていたのですが、東海道を歩いていますがこっちじゃない! 戸塚宿方面ではなくて反対の神奈川宿、天王町駅方面へ行く予定だったことを。


⑤
 もう戻るのは面倒くさいってことでそのまま進みました。


⑥
 本来は天王町駅方面へ行き国道16号を歩くつもりが、うっかり国道1号を歩いてしまったのです。
 ってことで保土ケ谷公園経由で国道16号へ向かうことにしました。一山越えねば……


⑦
 旧東海道は左へ。すぐに本物の権太坂です。私は右へ。


⑧
 元町にある東海道本線のガードですからこれが「元町ガード」なのですよね?


⑨
 でもJRは「厚木ガード」と呼んでいるようです。保土ヶ谷なのにね。


⑩
 地図で見ると保土ケ谷公園へはこの坂を上るらしいのですが、神奈川坂というたいそうな名前があるのですね。


⑪
 権太坂下から神奈川へ向かう道ということですが詳しいことはわからないらしいです。家康以前の古東海道なのではないかとも言われているようです。


⑫
 だいぶ坂を上りました。旧東海道、そして東海道本線。電車が…… 行っちゃいました。


⑬
 「保土ケ谷公園」に到着。


⑭
 梅が咲いていました。いい香りに包まれました。



* * *


 アホだなあ。だいぶ遠回りになりましたし山越えになってしまいました。でも史跡の坂に遭遇してこれはラッキーだったと思うのでした。
 つづいてはせっかくなので保土ケ谷公園で観梅です。


行程:→保土ケ谷宿本陣跡→旅籠屋(本金子屋)跡→一里塚跡・上方見附跡→元町ガード→神奈川坂→県立保土ケ谷公園→〈つづく〉
f0379138_18561810.jpg

by akrk0911 | 2019-02-18 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(2)
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #1

2019.02.16.sat



 それほど天気がいいわけではない土曜日。以前から行ってみようと思いながらなかなか行けないでいる場所を歩いてみました。古墳あり、遺跡あり、ランドマーク観賞ありの歩き旅です。


第193回・神奈川徒歩々旅
保土ケ谷の古墳とか遺跡とか色々 #1





①
 京急の井土ヶ谷駅方面から切通の坂を上り、峠にあたる首都高狩場線の少し手前からが今回の旅の舞台、保土ケ谷区です。


②
 いつも横目に見ていたこの階段。今回は上るんですよ。何段あるんだろうねえ。1,2,3……


③
 今回、初めて180段(数えましたよ)もある階段を上ることにしたのはこの「瀬戸ケ谷弥生公園」が目的でした。
 この近辺には古墳が点在するのですが、公園名に「弥生」を冠しているとなればそうなのかなあと歴史に疎い私は思ったのです。でも、そんなの小島よしおみたいでした。


④
 でもでもでもでも景色は最高! 首都高狩場線の迫力ある眺め。このトラック、車間が短すぎませんかね。その前にはパトカーがいるぞ。


⑤
 上大岡方面の眺望を楽しんだり。


⑥
 富士山は雲の向こうでしたが丹沢が見えました。送電線でしょうか、面白い形の鉄塔が続いています。


⑦
 仏向無線塔もよく見えます。これ、全部が公園内から見えるわけではないのですが、ちょっとした頂上になっているこの辺り、ほぼ360度の見晴らしが得られるのです。


⑧
 公園から少し下りました。こちらは保土ヶ谷駅方面。国道1号が手前でくいっとカーブしています。そのカーブは保土ケ谷橋交差点。画面右へ行けば首都高狩場線の永田I.C. 、京急の井土ヶ谷駅です。
 東海道本線も見えます。ちょうど横須賀線電車がやって来てラッキーでした。


⑨
 このマンション、こう見えてここは3階部分です。


⑩
 斜面にへばりつくようなマンションでした。そのマンション脇の階段を下るのですが……


⑪
 公道なのか私道なのかわかりません。


⑫
 下りきって右折すると次の目的地に到着。「瀬戸ケ谷町第二公園」です。遊具がある普通の公園です。


⑬
 瀬戸ケ谷町第二公園の西側に「瀬戸ケ谷古墳」がある、とのことでやって来たのですが、これかな? これしかないな。
 戦時中の1943年、土地の所有者が蔬菜圃(「蔬菜=そさい」とは野菜、青物のことらしいです。ってことは畑? ちなみに「蔬」は「キノコ」と読むそうです)を開墾しようとしたら土器などが出てきたそうで、専門家が調査してみると完全な形の埴輪の頭部が出土したそうです。
 近辺では類を見ない大きさの前方後円墳であることがわかったそうです。


⑭
 でも本当にこれが瀬戸ケ谷古墳なのでしょうかね。上には家も建っているし、斜面はゴミだらけでしたよ。


⑮
 先ほど俯瞰した保土ケ谷橋交差点は瀬戸ケ谷町第二公園のすぐ近く。今度は東海道を歩きます。またかよ。



* * *


 思わぬ景色に大喜びしました。晴れていたらもっとスゴいでしょう。古墳は……って感じでしたが、あそこしか考えられないのでよしとします。


行程:自宅→井土ヶ谷駅→永田I.C. →瀬戸ケ谷弥生公園→瀬戸ケ谷第二公園→瀬戸ケ谷古墳?→保土ケ谷橋交差点→〈つづく〉
f0379138_17580032.jpg

by akrk0911 | 2019-02-17 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走[9区]#2

2019.01.03.thu



 朝起きたら、縁も所縁もある大学の選手がエントリー変更で史上初めて出場することになるとの報道。慌ててやって来た権太坂。箱根駅伝レポートをつづけます。


第186回・神奈川徒歩々旅
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走
[9区] #2





①
 おお、なんとも美しいフラッシュイエローの中央学院。ものスゴく印象的でした。


②
 拓殖のオレンジも鮮烈。ごめんごめん、顔が切れちゃった。もう一枚もう一枚。


③
 何やってるんだろこの撮影者……


④
 ラジオ放送車がやって来ました。いま思えばコイツが諸悪の根元でした。


⑤
 早稲田に神大にそれから……。老眼で近眼の私。カメラを見るときはメガネをずらし、実物の選手を見るときはメガネを所定の位置に戻し……。
 ラジオ中継車の後ろを走ってきた選手たち。何がなんだかわからない内に通過。写真はピントが全然合わず……。
 あー、ここに縁も所縁もある大学の選手が紛れてたー! しかも一番後ろに。声かけもできなかったよ。写真も撮れなかったよ。せめて後ろ姿をカメラに……



⑥
 お~い、どこ撮ってんだよ老眼のオッサン!


⑦
 日大が通過。理事長はお元気ですか?


⑧
 Big 東大は1区のスタート直後のアクシデントが残念でしたね。


⑨
 山梨学院がこんなところを。年ごとに結構波がありますねえ、とにわか評論家。


⑩
 城西もひと頃は力をつけていたという記憶があります、とにわか評論家。


⑪
 しんがりは上武大学。これからの大学ですよね。安定して出場回数を重ねてきてきますし。何より大学名はしっかりとアピールできていますよ。


⑫
 権太坂の戦いはこれにて終幕。



* * *


 残念ながら全大学の写真は撮れませんでした。ほろ苦い箱根駅伝撮影デビューとなりました。お見苦しい写真が多数あり大変失礼いたしました。
 縁も所縁もある大学、来年こそは全員で箱根路を駆け抜けなさい!


行程:→権太坂→弘明寺駅(京急線)→自宅
歩行距離:7.74km 歩行時間:2時間58分
交通費:133円
f0379138_17205108.jpg

by akrk0911 | 2019-01-04 07:01 | 横浜市の旅 | Comments(4)
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走[9区]#1

2019.01.03.thu



 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走。正式名称は長いんですよね。例年テレビ桟敷の私ですが今年は特別。縁も所縁もある大学の選手が史上初めて箱根駅伝を走るのです!


第186回・神奈川徒歩々旅
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走
[9区]#1





①
 というわけで急遽やって来ました「権太坂」。京急の井土ヶ谷駅から一山越えてやって来ました。


②
 トップの選手が通過する予定の1時間くらい前には到着しました。よし、ここにするぞと落ち着いていると国士舘の学生がのぼりを持ってやってきました。見づらい……


③
 20分前くらいには反対側の歩道も埋まってきました。白バイやら主催者のクルマやらが慌ただしく通りすぎます。


④
 広報車が選手の到達は5分後であることを告げながら走り去ります。


⑤
 ついにやって来ました。テレビ中継車です。ここには瀬古さんとか渡辺監督とか乗ってるのかな?


⑥
 来た来た! 東海大だ! 逃げろ東海! 神奈川の誇りだ!
 それにしても選手が豆粒のような写真になってしまいました。


⑦
 2位は東洋。意地を見せろ鉄紺! オヨヨ、ピントが合わないよ~。老眼と逆光でどうにもこうにも。


⑧
 絶対王者の青山が3位通過。これは厳しいですねえ。


⑨
 おっと、今度は寄りすぎ。しかもピンボケ。
 ここまで現代の駅伝 Big4 が順当に通過。まあ東海がトップってのは意外でしたが。


⑩
 オレンジパンツが鮮やかな法政。


⑪
 國學院といえばゴール手前でコースを間違えかけるという珍事を思い出します。


⑫
 帝京が「ぐわらきーん」と通過。そう言えば帝京ラグビー部は天理に負けちゃいましたね。


⑬
 続いて順天堂。もう何位なのかわからん。



* * *


 歓声と選手の足音がとても生々しいのです。写真を撮って、拍手しての繰り返し。大忙しです。
 さて、縁も所縁もある大学の選手はどうなのでしょう。


行程:井土ヶ谷駅→権太坂(国道1号)→〈つづく〉
f0379138_16365200.jpg

by akrk0911 | 2019-01-04 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(1)
神奈川一周の旅[第1日]~その1~
 長年の夢だった神奈川一周の旅。旅立ちは見事な晴天、たっぷりの日差しと心地よい風。踊る心を押さえるのが大変なほど。よく知る神奈川、まだ知らない神奈川、色々な神奈川を楽しみたいと思います。

f0379138_16211595.jpg

<第2回>神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第1日]~その1~
◇2016年10月15日(土)

大さん橋→海岸通→桜木町駅→紅葉坂→くらやみ坂→杉山神社→◎横浜市西区役所→西横浜駅→帷子川→◎横浜市保土ヶ谷区役所→(その2)

f0379138_08025679.jpg
日本の海の玄関から神奈川一周の旅、はじまりはじまり。日本船籍最大の客船、飛鳥Ⅱに見送られて大さん橋を出発。

f0379138_08061976.jpg
その飛鳥Ⅱは日本郵船の船。こちらは日本郵船ビル。

f0379138_08184153.jpg
馬車道に鎮座する県立歴史博物館。国指定の史跡にして重要文化財。さらに中にはたくさんの文化財が収蔵されている。

f0379138_08245917.jpg
休日の朝。絶好の行楽日和に桜木町駅は賑わう。

f0379138_08322291.jpg
県立図書館がある紅葉坂はもう西区。

f0379138_08341676.jpg
なんとも寂しげな名前のくらやみ坂は大好きな道。

f0379138_08362376.jpg
西区役所近くにある杉山神社。広い境内で一休み。

f0379138_08381279.jpg
西区役所に到着。横浜経済の中心西区にしては地味な外観。

f0379138_10115329.jpg
相鉄の西横浜駅。

f0379138_09490235.jpg
水道橋から帷子川と今井川の出合いを見る。

f0379138_09550958.jpg
まっすぐな水道道に保土ケ谷区役所。気付かず通り過ぎてしまった。

 華やかな中区の港から一転、西区と保土ケ谷区の地味な町並みは一人旅(一人ぼっち)には優しく感じられました。
 気温も上がり汗ばむ陽気にへばり始め、少し気持ちが萎えるのでした。


神奈川一周の旅[第1日]~その2~へ つづく


by akrk0911 | 2016-10-16 07:19 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)