歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:梅 ( 9 ) タグの人気記事
杉田周辺ぶらり旅 #2

2019.02.23.sat



 富士山は見えなかったけれども海なら見える! だってオーシャンフロントだもん。とは過ぎたことを、とウメ~ことを杉田で言ったつもりです。


第195回・神奈川徒歩々旅
横浜市磯子区
杉田周辺ぶらり旅 #2





①
 海へ行こうとやって来たのは「杉田臨海緑地」。海に臨んだ緑地ですから海は目の前。展望台へ Go! です。なんだか以前杉田を旅したときとあまり変わらないコースになってしまったりして。


②
 高さほんの数メートルの展望台ですが気持ちいい光景です。気温は高めなのでしょうが風が強くて寒かったです。


③
 展望台から下りて目の前の海を堪能。富士見百景の富士山は見えませんでしたが海はくっきりです。


④
 とは言うものの少し遠くはこの通りのぼんやり加減。


⑤
 色とりどりの梅が咲いていました。背景が残念ですがそこらの梅林より……
 手前の梅は白と薄ピンクの花がついていました。


⑥
 そうだ、ここは杉田だ。杉田は古くから(かつては)梅の名所。いまに残る杉田の梅を見に行かねば。首都高湾岸線と金沢シーサイドラインをくぐり抜けて梅の名所へ。
 海のサンズイを木偏にかえて、なんてね。


⑦
 ここはその名所ではなく「横浜市新杉田公園」。


⑧
 国道16号を越えて今度こそ梅の名所へ。
 この先はすぐに磯子区と金沢区の区境です。家並みは金沢区。


⑨
 梅の名所「妙法寺」です。


⑩
 行事の準備をしているようでした。


⑪
⑫
⑬
 色々な梅が咲き競っていました。境内は梅の甘酸っぱい香りでいっぱい。そう言えば何度もここは訪れていますが、梅の花の時季は初めてです。


⑭
 天皇が見た梅なのでしょうが、どの時代の天皇でしょうか。味わい深い梅でした。


⑮
 梅を目と鼻で堪能し、山門前にあるかながわの名木100選の「ビャクシン」を眺めて帰途につきました。



* * *


 ほぼノープランでしたが海と梅で満足な歩き旅となりました。未訪問だった梅の花の季節の妙法寺を訪れる機会となり、結果大成功でした。
 翌日も給料日前なのです。困ったもんです。


行程:→新杉田駅→杉田臨海緑地→横浜市新杉田公園→妙法寺→杉田駅
歩行距離:7.56km 歩行時間:2時間49分
交通費:0円
f0379138_17064121.jpg

by akrk0911 | 2019-02-27 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
遺跡と花、岡村の旅
f0379138_20105844.jpg


 休足しようと思ったのですが、晴れていたので。琵琶湖のマラソンを見届けてから歩いてみました。

〈第123回〉神奈川徒歩々旅
◇遺跡と花、岡村の旅
◇2018年3月4日(日)


f0379138_20124120.jpg

 岡村で遺跡といえば国指定史跡「三殿台遺跡」です。


f0379138_20130976.jpg

 ほとんどの遺跡は埋め戻されましたが、一部は建屋の中で保存されています。
 保存されているのはいずれも弥生時代のもの。でも、細かく分類すると異なる時代のものだそうです。


f0379138_20132960.jpg

 埋め戻された遺跡の位置をこのように示しています。重なっているのは異なる時代のもの。
 三殿台遺跡は縄文時代から古墳時代にかけての遺跡です。
 綿々とこの地で世代が受け継がれているのかと思ったのですが、偶然のように異なる時代の人類がこの地に居を構えたらしいです。そんなことを以前学芸員(?)に教わりました。


f0379138_20134877.jpg

 これは縄文時代の遺跡跡。


f0379138_20141053.jpg

 右の角ばったものは古墳時代の遺跡跡、左は弥生時代の遺跡跡。


f0379138_20142904.jpg

 もうわかんない。


f0379138_20144564.jpg

 貝塚もあります。海はいまよりはるかに内陸部まで及んでおり、海の幸を手に入れられる適度な高さをもった平地。それが三殿台だったのでしょう。今では海は遥かかなたです。
 磯子の発電所、根岸湾をはさんで南本牧ふ頭のガントリークレーン。東京湾の向こうには房総半島。昨年末の「とことん本牧の旅」で見た光景よりこの日はくっきり見えました。


f0379138_20162393.jpg

 さて、またもや岡村公園に来てしまいました。


f0379138_20163903.jpg

 梅を求めてなのですが、柚子の木に遭遇。
 2017年6月3日に植樹された「岡村公園  ゆずの樹」。1998年6月3日にデビューしたゆず。その20周年を祝っての植樹らしいのですが、2017年なら19周年じゃん。


f0379138_20165360.jpg

 ♪梅は~咲い~たか 桜は……
 咲いてるよ。種類はわかりませんが河津桜よりソメイヨシノに近い色合い。春ですねえ。


f0379138_20171044.jpg

 そして岡村梅林。


f0379138_20172776.jpg

 紅梅は散りが早いのかボリュームに欠けていました。


f0379138_20174285.jpg

 でも、白とピンクの梅が(多分)満開でした。


f0379138_20175892.jpg

 数週間前は数本しか咲いていなかった岡村梅林の梅。これで2018年の梅に思い残すことはありません。


 ◇◇◇


 梅ばかりか桜もきれいで、楽しくうれしい、ポカポカ陽気の日曜の午後でした。


◇行程 自宅→三殿台遺跡→岡村公園→自宅
◇6.18km ◇2時間20分 ◇旅費 0円

by akrk0911 | 2018-03-09 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
根岸森林公園と周辺の梅旅
f0379138_20543020.jpg


 急遽休みとなった火曜日。晴れた平日に最高なのが根岸森林公園。梅もそろそろ見ごろだろうと出かけてみました。

〈第120回〉神奈川徒歩々旅
根岸森林公園と周辺の梅旅
2018年2月27日(火)


f0379138_20524877.jpg

 わが家から根岸森林公園へはいくつかのルートがありますが、今回は稲荷坂から。


f0379138_20531053.jpg

 素晴らしい坂です。


f0379138_20533583.jpg

 中丸バス停からの眺望。


f0379138_20535295.jpg

 根岸森林公園に到着。


f0379138_16043240.jpg

 この解放感はほかでは味わえません。


f0379138_20551340.jpg

 咲いています。


f0379138_20554277.jpg

 向こうの桜山はまだまだですが、梅はいい感じです。


f0379138_20561460.jpg

 臥竜ならぬ昇竜梅とでも名づけましょうか。


f0379138_08414523.jpg

 少し離れて撮影。香りは届きました。

 
f0379138_08421396.jpg

 園路にある紅梅。


f0379138_08423681.jpg

 こちらは柏葉公園。初めてやって来ました。


f0379138_08430174.jpg

 ログハウスがありました。柏葉公園こどもログハウス「オークリッジ」というそうです。
 小学生、中学生が利用できます。未就学児も保護者同伴なら利用できるようです。オッサンだけでの入館はお断りいたしますよ。


 


 納得・満足な観梅の旅でした。天気にも恵まれよい塩梅の梅日和でした。


行程 自宅→稲荷坂→根岸森林公園→柏葉公園→自宅
11.62km 4時間45分
旅費 0円

by akrk0911 | 2018-03-03 16:08 | 横浜市の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第11日]~その5~
f0379138_09311001.jpg


 洒水の滝から県道を南下すれば南足柄市はすぐなのですが、しばらく山北町の旅をつづけます。

〈第119回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第11日]~その5~
◇2018年2月24日(土)


f0379138_09212265.jpg

 洒水の滝をあとにのどかな農耕地区を歩きました。


f0379138_09220082.jpg

 と、農耕っぽくない構造物が。東京電力の施設のようで、地図で見ると山北発電所の一部のように見えます。


f0379138_09222615.jpg

 それ以外はいたってのどか。


f0379138_09231039.jpg

 気持ちいいのです。


f0379138_09233218.jpg

 ぐんぐんと高度を上げる道から、果樹園と酒匂川が見えました。
 河村城跡が近くにあるのですが、それはまた別の機会に。


f0379138_09235640.jpg

 秦野から中井町へ向かうときに歩いたような道がつづきました。


f0379138_09243613.jpg

 しばらくのどかな風景を眺めながら歩いたのち町なかに。この辺りは東山北駅の近くです。松田町から西へ西へと歩き、洒水の滝からは東へと戻ってきたのです。
 この道は県道74号です。


f0379138_09245799.jpg

 すぐに県道からははずれいい感じの道へ。


f0379138_09252694.jpg

 般若院です。河村城の初代からの菩提寺だそうです。本尊の「木造文殊菩薩坐像」と「金箔押烏帽子形兜」は山北町指定重要文化財であり、当地は「山北町岸のヒキガエル集合地」として県指定天然記念物となっています。


f0379138_09254721.jpg

 ヒキガエルは……、いませんね。

 
f0379138_09261844.jpg

 いや、いました!


f0379138_09264334.jpg

 梅がとてもきれいでした。


f0379138_09271131.jpg

 素晴らしい参道です。


f0379138_09273627.jpg

 同じく山北町指定重要文化財の「木造聖観音菩薩坐像」がある近くの福昌寺を地図を頼りに訪れたのですが……。
 Googleマップが指し示すのはこの建物。お寺には見えませんし、人の気配はゼロです。墓所があり墓参りの二人の女性がいたので廃寺というわけでもなさそう。
 しばらく周辺を探しましたがそれらしきものは見当たりませんでした。帰ってからネットで検索してもさっぱりわかりませんでした。


f0379138_09280779.jpg

 なんか辛くなりましたがこんな風景が癒してくれました。


 ◇◇◇


 洒水の滝から引き返してヒキガエルの里へ。ウメーこと言ったつもりです。
 福昌寺は謎です。私が訪れた福昌寺は、私が訪れたかった福昌寺だったのでしょうか。福昌寺は謎です、とあえて復唱してみます。


◇行程 →山北発電所(?)→般若院→福昌寺→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-03-01 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第11日]~その1~
f0379138_05331415.jpg


 暖かい一日になりそうな土曜日。天気予報は晴れのちくもりですが神奈川一周の旅に出かけました。
 スタートは新松田駅。朝からたくさんの観光客でにぎわっていました。

〈第119回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第11日]~その1~
◇2018年2月24日(土)


f0379138_05343260.jpg

 スタートは小田急線の新松田駅ですが、この日はしばらくJR御殿場線に沿って歩きます。


f0379138_05351922.jpg

 まず訪れたのは駅の北東にある延命寺。梅がとてもきれいでした。


f0379138_05354286.jpg

 曹洞宗のお寺で、「東国花の寺百ヶ寺」に数えられているそうです。季節的に花は少ないのでしょうが、梅が見事でした。


f0379138_05361199.jpg

 こちら観音堂には3体の仏像が安置されています。
 鎌倉時代初期の「(木造)薬師如来座像」、鎌倉時代末期の「(木造)聖観音菩薩立像」(本尊)、室町時代初期の「(木造)薬師如来立像 町指定彫刻」で、いずれも松田町指定重要文化財です。


f0379138_05370688.jpg

 次は松田町民文化センター。こちらにも松田町指定重要文化財の仏像が安置されています。
 そう簡単には拝めないだろうなと思いながら入口を入ると……


f0379138_05372887.jpg

 いきなり正面でお迎えしてくれました。
 「阿弥陀如来立像」です。所有者は松田庶子の自治会。
 元々は13世紀に松田山の西明寺(最明寺)の本尊として造られた阿弥陀如来像でしたが、応仁の乱、文明の乱で荒廃。1469年に最明寺が松田山から金子の地に移転するにあたり、信徒が地域の信仰の象徴として造ったのがこの「阿弥陀如来立像」だそうです。


f0379138_06274382.jpg

 以来500年以上に渡り松田全地域を巡回。現在では庶子地区の各戸を巡回しているそうです。
 現在巡回しているのは小型のレプリカ。本体がこの松田町民文化センターに安置されているのです。
 毎年4月10日には、西明寺(最明寺)史跡の護摩堂跡に祀られ、最明寺例祭が行われています。
 ガラスケースに納められているのでうまく撮影できません。


f0379138_05381691.jpg

 すぐそばに松田町役場。


f0379138_05383482.jpg

 大逆光! この日は逆光に泣かされます。


f0379138_05400611.jpg

 JRの松田駅へ向かう商店街。風情ある町並みです。


f0379138_05403678.jpg

 駅前には二宮金次郎が歩き読書中。


f0379138_05441273.jpg

 背後の標柱は「二宮尊徳翁誕生地栢山道標」。
 尊徳に共感した実業家が、尊徳誕生の地が荒廃していることを嘆き土地を購入。松田駅から栢山の誕生地へ向かう参拝客の案内として建てられたものだそうです。


f0379138_05443845.jpg

 松田駅はモダンな建物。カッコいいです。
 こちらも観光客がたくさん。バス乗り場に行列ができていました。


f0379138_05452837.jpg

 観光客の向かう先はこちら。「第20回まつだ桜まつり」でしょう。河津桜が山肌をピンクに染めていました。
 松田山の西平畑公園で3月11日まで開催中。期間中は色々なイベントも開催されるようです。


f0379138_05463547.jpg

 しかし私は別方向へ。こちらは寒田神社。誰もいないだろうと思ったら団体さんが。


f0379138_05470611.jpg

 団体さんが参拝に向かう前にギリギリ撮影に成功!
 5世紀頃に創建された「寒田神社」は松田町指定史跡。「御神宝椀」は松田町指定重要文化財。なんと弥生時代の作とのこと。
 また、8月に行われる「松田町大名行列」は松田町指定民俗芸能文化財です。


 ◇◇◇


 前回は30キロを歩いた末に疲れきった状態でたどり着いただけの松田町。巡ってみればとても感じのいい町です。観光に力を入れているのが伝わってきます。
 松田町の旅はつづきます。


◇行程 新松田駅→延命寺→松田町民文化センター→◎松田町役場→二宮尊徳誕生地栢山道標→松田駅→寒田神社→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-02-25 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
梅の香漂う岡村、蒔田の旅 ~その2~
f0379138_19044756.jpg


 そうだ、あそこにも梅がある。岡村梅林からほど近いもう一つの梅の名所へ向かいました。

〈第115回〉神奈川徒歩々旅
◇梅の香漂う岡村、蒔田の旅 ~その2~
◇2018年2月11日(日)


f0379138_19051768.jpg

 やって来たのは岡村天満宮。咲いています。


f0379138_19055498.jpg

 そこそこ咲いています。この白梅は……


f0379138_19053510.jpg

 「座論梅」という梅。1つの花から8個の実をなる梅だそうです。
 木の前に梅の説明書きがあるのですが、何やら袋がかけられていました。


f0379138_19061777.jpg

 松と梅。あと竹があればめでたかったのに。


f0379138_19063102.jpg

 小ぶりな梅もきれいでした。


f0379138_19064546.jpg

 迫力のある狛犬に見送られて次へ。


f0379138_19065998.jpg

 こちらは蒔田の森公園。土地の所有者より譲り受けた横浜市が整備した公園です。
 背後の山は蒔田城跡の一部でしょう。核心部は現在、横浜英和学院があるところです。
 かつてこの蒔田の森公園あたりには蒔田城の馬場があったようで「馬場の森(ばんばのもり)」「馬場谷(ばばやつ)」と呼ばれていたそうです。


f0379138_19080094.jpg

 わずかに梅が咲いていました。


f0379138_19082184.jpg

 こちらは無量寺。前を数えきれないほど歩いているのですが初めてお詣りをしました。


f0379138_19084204.jpg

 梅はありませんでした。


 ◇◇◇


 満開ではありませんでしたが岡村天満宮の梅は大満足でした。赤井社殿と梅の組み合わせはいいものでした。
 梅の季節はまだつづきます。次はどこへ行きましょうか。


◇行程 →岡村天満宮→蒔田の森公園→無量寺→自宅
◇5.63km ◇1時間57分 ◇旅費 0円

by akrk0911 | 2018-02-13 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
梅の香漂う岡村、蒔田の旅 ~その1~
f0379138_17212802.jpg


 久しぶりに暖かい一日でした。早くもオリンピックのテレビ観戦疲れの私。ジャンプ・ノーマルヒルの結果を見届けてから気分転換に出かけました。

〈第115回〉神奈川徒歩々旅
◇梅の香漂う岡村・蒔田の旅 ~その1~
◇2018年2月11日(日)


f0379138_17215473.jpg

 やって来たのは岡村公園の岡村梅林。


f0379138_17221230.jpg

 咲いています! 梅のいい香りが鼻腔をくすぐります。


f0379138_17224272.jpg

 紅梅も見事に咲き誇っています!


f0379138_17225867.jpg

 ああ、ウグイスがいればなあ。せめてメジロがいれば、いやいやヒヨドリでもいいのに。


f0379138_17235534.jpg

 紅白の梅が咲き競っています。


f0379138_17231266.jpg

 でもね、ホントはね……


f0379138_17233155.jpg

 引いてみるとこんな感じ。数本咲いているだけでして。


f0379138_17241834.jpg

 空模様もこんな感じ。


 ◇◇◇


 もう満開でしょうと梅林へ行ったものの、まだまだでした。もう一度言います「まだまだ」でした。
 梅の香を求めて旅はつづきます。


◇行程 自宅→岡村公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-02-12 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
磯子区杉田と周辺の旅 ~その2~
f0379138_13551401.jpg


 桜の季節がつい最近のことなのですが、季節は駆け足で移ろっています。新緑が眩しい寺社をゆっくりと巡りました。

<第58回>神奈川徒歩々旅
◇磯子区杉田と周辺の旅 ~その2~
◇2017年4月23日(日)


f0379138_13525367.jpg
東漸寺を出て国道16号を右の金沢区方面へ。

f0379138_13563162.jpg
斜めに横切る根岸線のガードをくぐり右折し、もう一度根岸線のガードをくぐると、

f0379138_13431238.jpg
杉田八幡宮があります。

f0379138_13435405.jpg
こちらの拝殿の前にいる狛犬一対が横浜市地域有形文化財に登録されています。

f0379138_13442816.jpg
こちらは阿形。

f0379138_13445165.jpg
そしてこちらは吽形。
元禄5年の銘があるそうです。獅子ではないところが珍しいとのこと。

f0379138_14021320.jpg
こちらは同じ境内にある狛犬。そういえば狛犬といえばこれですねえ。
先ほどの狛犬、どこかよそでも見たような気がしますが、思い出せません。

f0379138_13452337.jpg
つづいて訪れたのはすぐ近くのお寺、妙法寺。
杉田梅林で有名なお寺です。
穀類などが育たない土地であり、領主により梅の栽培が勧められたそうです。3万株にも達した梅の木はやがて、景勝地として聞こえるようになったそうです。

f0379138_13461194.jpg
八幡宮からこちらへ来る途中にあった梅の木はもう青い実をつけていました。
本堂と一緒に写っている梅の木は天覧梅。天皇が見た梅とのことですが、詳細はわかりませんでした。

f0379138_13470468.jpg
歌碑が建つ梅の木も複数ありました。
杉田駅を挟んで向かいの丘にある熊野神社から、杉田梅林を眺めるのが定番だったそうです。貝塚公園から杉田駅へ向かうときに寄ろうかどうか迷った挙げ句スルーしたことをここに来て後悔しました。

f0379138_13543112.jpg
梅の木ではありませんが、日荷上人お手植の榧の木がありました。金沢八景から六浦の旅で訪れた上行寺で登場した日荷上人です。

f0379138_13474650.jpg
手入れの行き届いたお寺でした。

f0379138_13535448.jpg
墓地の裏山が切り開かれていましたが、墓地の拡張でしょうか? 新緑が鮮やかでした。

f0379138_13481737.jpg
お寺の前にはかながわの名木100選、妙法寺のビャクシンがあります。かなり傷んでいますが見るたびに感動します。


◇◇◇


 桜どころか梅が咲き誇っていたのもつい最近のような気がします。爽やかな緑をまとった梅の木に吹く風も心地よい、春を満喫する旅はまだつづきます。


◇行程 (その1)→新杉田駅前→聖天橋→杉田八幡宮→妙法寺→

磯子区杉田と周辺の旅 ~その3~へ つづく

by akrk0911 | 2017-04-25 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
根岸、本牧周辺の旅 ~その1~
f0379138_21374568.jpg


 一年でもっとも寒い時期に、春を探しに出かけました。まだまだ寒い日がつづくのでしょうが、春は以外とすぐ近くまでやって来ているようです。

<第29回>神奈川徒歩々旅
◇根岸、本牧周辺の旅 ~その1~
◇2017年1月30日(月)


f0379138_21393724.jpg
冬の根岸森林公園です。

f0379138_21404513.jpg
大好きな公園です。ここに来るとホッとします。

f0379138_21415292.jpg
冬の常緑樹もいいものです。

f0379138_21425086.jpg
まだ花は少ないながらも菜の花の黄色は鮮やかです。

f0379138_21442359.jpg
一分咲きくらいでしょうか、梅林です。

f0379138_21455176.jpg
梅の香りは最高です。

f0379138_21500926.jpg
雲が流れてしばし撮影は中断。むしろ中断の方がはるかに長い。

f0379138_21514828.jpg
最盛期はもっと華やぐのでしょうか。でも梅はあまり華やいでほしくはないなあ。

f0379138_21535067.jpg
いやいや、もう華やいでいます。

f0379138_21594021.jpg
梅の香りに後ろ髪を引かれながら梅林をあとにしました。


 実家の庭にも梅の木があります。この日の朝、実家にいたのですが、かなり咲いていました。
 そこで、一旦自宅へ戻ってから「そうだ、梅林行こう」となりました。
 このあとは一味違う公園へ向かいます。


◇行程 自宅→磯子橋→根岸駅前→東坂→根岸森林公園→

根岸、本牧周辺の旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-02-02 04:26 | 横浜市の旅 | Comments(0)