歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:平塚市 ( 3 ) タグの人気記事
東海道中膝車輌[第4日]藤沢宿~大磯宿 みやげ話

2018.12.01.sat



 名物にうまいものあり。1907年創業の御菓子司(おんかしつかさ)で甘いものを購入しました。


第182回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第4日]
藤沢宿~大磯宿 みやげ話





①
 馬入橋のたもと、寸髷塚のそばで営業する「御菓子司 弘栄堂」。中に入ってみて手も足もでない価格帯だったらどうしよう……、と3秒ほど悩んでから入店しました。


②
 実はこの「力餅」、買うつもりのなかったものです。店の入り口に看板があったことと意外にリーズナブルだったので購入しました。


③
④
 一口サイズのプルんプルんの餅。添付の黒蜜ときな粉をかけていただきます。


⑤
 おいしいですよ。トローんと溶ける食感がたまりません。
 黒蜜ときな粉は半量ほどしか使いませんでした。餅自体がほんのりと甘くいい感じでした。一つくらい黒蜜ときな粉をかけずに食べるべきでした。


⑥
 平塚銘菓と銘打った「ちょんまげ最中」。寸髷塚とこれはセットだよなと旅の計画段階で購入を予定しました。


⑦
 すぐそばにある寸髷塚にちなんだ商品ですが、その史実とはかけ離れたかわいらしいデザイン。パッケージのみならず最中そのものもかわいらしいのです。


⑧
 餡は2種類あります。こちらは白あん。


⑨
 そしてつぶあん。こちらには栗も入っていました。


⑩
 口にすると甘すぎないネットりとした餡は、サクサクの最中の皮をしっとりと巻き込み一体感を生み出すのでした。


⑪
 さらに大磯駅前のみやげ物店、「地場屋 ほっこり」でお酒を購入しました。


⑫
 生貯蔵酒の「宿場の酒」。ラベルには広重が描いた「虎ヶ雨」が印刷されています。「地場屋」で大磯宿を象徴するラベルを目にしたら買わずにはいられません。
 でも、秦野市で造られたお酒でした……。味は、キリッとした普通のお酒でした。



* * *


 久しぶりに旅先でみやげを購入しました。帰ってからも楽しめるのはいいですね。でも、いつも疲れきってみやげを買う気力もない日も多く……


力餅:370円
ちょんまげ最中:160円×2
宿場の酒:494円
f0379138_07460111.jpg

by akrk0911 | 2018-12-13 07:00 | みやげ話 | Comments(2)
東海道中膝車輌[第4日]平塚宿

2019.12.01.sat




 日の短い季節。夕暮れ迫る平塚宿に到着しました。行く先に高麗山がそびえ立ちます。


●


【縄手道】 広重が描いたのは平塚宿の「京方見附」付近から見た花水川と高麗山。高麗山の右手には大山、高麗山と大山の間には真っ白な富士山が描かれています。現在は同じであろう場所からこの風景を見ることはできません。見附跡を越え、現代の市町境も越えた大磯町の花水川に架かる花水橋辺りからそれらしく見えます。ただし富士山は少し上流に移動しないと見えません。
 なんにせよ、当時の面影が色濃く残る平塚宿の景色です。


第182回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第4日]
平塚宿




①
 夕暮れと言ってもまだ14時23分なのですが。「江戸見附」からは日本橋から7つめの宿、「平塚宿」です。ここから1.5kmに200軒ほどの町並みだったそうです。


②
 歩道橋からは高麗山が大きく見えました。かつての旅人も高麗山を仰ぎ見たのでしょうね。


③
 旧東海道沿いに目を引く近代建築が。
 こちらは「崇善(そうぜん)公民館」。1950年に竣工した平塚の旧市会議事堂。1945年の空襲までは平塚小学校があった場所で、日清戦争講和を記念した種から育てられた、クスノキの大木が目の前に立っています。


④
 「平塚宿脇本陣跡」です。脇本陣は本陣のような役割もありますが、平時は一般の旅籠としての営業も可能だったそうです。


⑤
 高札場は広報の掲示板のようなもの。「平塚宿高札場」には、藤沢宿まで、大磯宿までの公定運賃を定めたものの高札も掲げられていたとありますが、「運賃」? どうやら馬や人足を利用する場合の料金のようです。タクシー料金のような決まりでしょうか。


⑥
 東西にあった平塚宿の問屋場。こちらは東にあった「平塚宿東組問屋場」の跡です。荷物の受け継ぎや御用旅宿の手配などの業務を行っていた場所です。


⑦
 幕府公用人や諸大名が宿泊した「平塚宿本陣旧跡」。今の世なら安倍昭恵さんクラスの人が宿泊するのでしょうか、公費で。


⑧
 馬入交差点から歩いてきた道とは交番があるふた又の交差点で分かれ、旧道風情の漂う道へ。


⑨
 ふた又に分かれる地点にある「平塚宿西問屋場跡」です。平塚宿が置かれた当初、問屋場はここだけだったとのこと。その後、参勤交代が始まった頃より交通量が増加し、諸業務の負担が増えたことから新たに東側に拡張する形で「八幡新宿」ができ、先ほどの東組問屋場が開設されたそうです。


⑩
 この日初めてとなる旧街道風情の漂う道。正面に高麗山が見えます。


⑪
 しばらく風情のある道を歩くと、馬入交差点で分かれ市街地を遠巻きに迂回してきた現東海道の国道1号に合流します。


⑫
 左は歩いてきた国道1号、右はふた又で分かれた先ほどまで歩いていた道。そしてここは「平塚宿京方見附之跡」です。平塚宿はここまでです。


⑬
 広重が描いた「平塚 縄手道」はこの辺りから見たものとのことですが、高麗山こそ見えるものの道路や建物に阻まれて雰囲気はつかめません。富士山はこんな感じです。


⑭
 京方見附からは高麗山の影に富士山の稜線がチラり。


⑮
 京方見附より少し進んだ「花水橋」。広重の浮世絵にも描かれている橋でしょう。ここからはご覧の通り大山と塔ノ岳の勇姿が拝めます。
 ここはもう平塚宿の外ですし既に大磯町に入っています。



* * *


 平塚は大きな町です。ただ宿が現在の中心部と若干ズレているのが意外でした。八幡新宿がより発展したということでしょうか。
 旅はさらにつづきます。


行程:→◎平塚宿〔江戸見附跡→崇善公民館→高札場→脇本陣跡→東組問屋場跡→本陣跡→西組問屋場跡→京方見附跡〕→花水橋→〈つづく〉
f0379138_16082228.jpg

by akrk0911 | 2018-12-10 07:00 | 街道歩きの旅 | Comments(1)
東海道中膝車輌[第4日]藤沢宿~平塚宿 #4

2018.12.01.sat



 国指定の文化財やきれいな彫刻。大河を越え、さらには変わった名前の史跡を巡り旅は平塚宿へと向かいます。


第182回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第4日]
藤沢宿~平塚宿 #4





①
 鶴嶺八幡宮の大鳥居から少し歩くと小出川。小出川の脇に国指定の史跡があります。ここは合わせて国の天然記念物の指定も受けています。


②
 現在は小出川のすぐそばにあるこの橋脚は「旧相模川橋脚」。かつては相模川の一部がここを流れていたようです。現在の相模川からは2kmほど離れています。
 源頼朝の重臣、稲毛重成が妻の供養のために架けた橋の橋脚と考えられているそうで、その竣工式に列席した頼朝の乗った馬が暴れて川に転落。それが元で翌年頼朝は死に至ったと伝えられているそうです。


③
 この橋脚は2013年には国の天然記念物にも指定されました。1923年の関東地震(関東大震災)の液状化現象により出現した橋脚。液状化現象が対象となった天然記念物指定は初めてとのこと。


④
 かつては相模川の流路のひとつだったかもしれない小出川を渡り、新湘南バイパスの高架をくぐります。


⑤
 小出川を渡ってから日蓮宗のお寺を2軒巡りました。いずれも日蓮坐像が茅ヶ崎市の重要文化財に指定されています。
 まずは「上国寺」。


⑥
 「上国寺の木造日蓮坐像(永正11年:1514年)」。日蓮坐像としては最も早い時代の造立。


⑦
 上国寺のすぐそばにあるこちらは「信隆寺」。


⑧
 「信隆寺の木造日蓮坐像(永禄7年:1564年)」。墨書きから今宿にあった仏国寺より移されたものであることがわかるそうです。
 のちに補われたものだそうですが、上国寺の像も信隆寺の像も美しい色彩です。


⑨
 ほどなく相模川です。平塚市に入りました。神奈川県随一の大河です。現代の旅人は橋で楽々渡ることができます。
 丹沢がきれいに見えました。霞んではいましたが富士山や箱根の山々も見えました。当然私の目は明神ヶ岳へ。ビルの影にチラッとうっすら見えました。


⑩
 先ほどの旧相模川橋脚の項で書いた頼朝と馬の言い伝え。そのことから相模川のこの辺りは馬入川と呼ばれています。この橋は馬入橋。そして馬入川に関する史跡へ。


⑪
 テクノロードをてくてく。周囲の発展を願って名付けられたそうなのですが、よくわかりません。東海道を離れ、そんな道を少し歩きさらに細い道へ。


⑫
 「寸髷塚」です。不思議な名の史跡です。
 昔のこと、現在では県指定無形民俗文化財となっている「相模国府祭(さがみこうのまち)」の際、寒川神社(一宮)と平塚八幡宮(五宮)の神輿の担ぎ手の間でいさかいがあり、平塚(馬入村)の担ぎ手が寒川の神輿を奪い、馬入川の深瀬に神輿を投げ込んでしまうという事件が起こったそうです。
 一宮の神輿に乱暴を働くとは大変なこと。代官による厳しい取り調べののち、馬入村の若者16名は打首断罪の判決が下りました。
 処刑の日、代官は若者16名の首ではなく、寸髷だけを切り落とすという計らいをみせました。その寸髷を埋めた場所なのだそうです。


⑬
 東海道に戻ります。この先国道1号は右にカーブして市街を遠巻く感じで迂回していきます。白いクルマが馬入交差点を左折して行く方向が旧東海道。地図で見るとそちらの方がこれまでの道筋で直進という形になります。


⑭
 馬入交差点付近には「馬入の一里塚の碑」があります。茅ヶ崎から一里も歩いていたのですね。


⑮
 平塚駅前交差点です。左折すれば平塚駅へ。右折すると平塚市役所や寸髷塚の話でも出てきた五宮、平塚八幡宮へ。


⑯
 繁華な町を抜けようやく江戸見附に辿り着きました。ここからは平塚宿です。
 現在の平塚市街と平塚宿は位置が少しズレているのですね。市街地に関してはまた別の機会に。



* * *


 ようやく平塚宿です。昔の旅人なら戸塚宿を朝に発ち、昼時をここで迎えたのでしょうか。健脚すぎます。現代の旅人は相も変わらずのんびりと旅をつづけます。


行程:→旧相模川橋脚→上国寺→信隆寺→馬入橋→寸髷塚→馬入交差点→平塚の一里塚→江戸見附→〈つづく〉
f0379138_04020598.jpg

by akrk0911 | 2018-12-09 07:00 | 街道歩きの旅 | Comments(4)