歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:山手 ( 7 ) タグの人気記事
ヨコハマ散歩・やや爛漫 ~その2~
f0379138_05333689.jpg


 ずっと、ずーっと昔のこと、テニスというスポーツをチャラく経験していた私。たいしてまじめにやらず長続きしませんでしたが。
 そんなテニスの歴史に触れます。

〈第126回〉神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・やや爛漫 ~その2~
◇2018年3月13日(火)


f0379138_05330035.jpg

 久しぶりに元町を歩きました。


f0379138_05340305.jpg

 ヨーロッパのような風景。行ったことないけど。


f0379138_05342265.jpg

 2階が歩道にせり出すつくりが元町の特徴。ひとつひとつの建物のデザインに統一感はありませんが、このつくりが元町を元町らしくしています。


f0379138_05345710.jpg

 フクゾーの服にミハマの靴。キタムラのバッグを持ってポンパドールのバゲットを小脇に。私、ハマトラ好きです。


f0379138_05351663.jpg

 いつもの山手へ。


f0379138_05353059.jpg

 イタリア山庭園のこの景色好きです。結構毎年楽しみにしています。この花、なんて花か知らないけど。


f0379138_05355443.jpg

 おお、カトリック山手教会は工事中。これはこれでレアです。


f0379138_05361260.jpg

 大好きな国指定名勝「山手公園」。


f0379138_05363141.jpg

 今回は初めてこちらへ。


f0379138_05365321.jpg

 横浜山手テニス発祥記念館。山手公園は日本テニス発祥の地。懐かしい感じのラケットが並びます。


f0379138_05370984.jpg

 打面が傾いたラケット。いまのようにボールが弾まず、掬い上げるようにプレーしていたようです。ローンテニスと呼ばれていました。


f0379138_05372602.jpg

 紳士・淑女のスポーツなんですよね。背広でプレーです。


f0379138_05374906.jpg

 ドレスでテニス! と思いきや。これは散歩着なのだそうです。


f0379138_05380696.jpg

 記念館からみたテニスコート。楽しそうでした。


f0379138_05382318.jpg

 山手公園の目の前にあるのは「フェリス女学院10号館(旧ライジングサン石油会社社宅)」。横浜市認定歴史的建造物です。
 女子大の敷地にある建造物なので見ることを長年あきらめていたのですが、なんてことはない、山手公園の入り口付近から容易に見えました。まあ、こちらは「裏側」なのでしょうが。


 ◇◇◇


 100回近く(大げさ)訪れている山手公園。でも記念館には初めて入りました。こじんまりとしていますが見ごたえがありました。
 いまは見るだけのテニス。これからは、いやこれからも見るだけのテニスです。見るのは大好きですよ。


◇行程 →元町→イタリア山庭園→山手公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-03-16 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
唐人お吉、ビールを飲んで行進する? 中区の旅 ~その1~
f0379138_17302881.jpg


 どうせ曇りでしょ。とクサクサしながら昼酒をチビチビやっていたのですが、外が明るい。
 というわけで出かけました。

〈第81回〉神奈川徒歩々旅
◇唐人お吉、ビールを飲んで行進する? 中区の旅 ~その1~
◇2017年8月5日(土)


f0379138_17305282.jpg
あまり関係ありませんが伊勢佐木長者町駅から目的地への途上に現れたので。
これは横浜文化体育館。通称「ぶんたい」。私の世代はここで成人式でした。
文体ではなんといってもコンサートの記憶。オジー・オズボーンやボン・ジョヴィをここで観ました。
ボン・ジョヴィ? そうなんです。今では考えられませんがここで演ったのです。しかも飛ぶ鳥を落とす勢いの1987年。
この年、私は武道館2回、この文体1回の計3回ボン・ジョヴィを観ました。

f0379138_17313295.jpg
中村川を渡って元町方面へ。向こうの橋の奥は石川町駅。

f0379138_17314869.jpg
元町のメインストリートではなく1本山手よりの小路を。今ではむしろこちらの方がメディアの露出では上ですね。

f0379138_17321534.jpg
おしゃれな町の、その名も元町交差点から「ヒョイっと」裏道に入ると雰囲気は一変。
ここは史跡、下田長屋跡です。史跡といっても指定も登録もありません。
唐人お吉が一時期この地で暮らしていたそうです。唐人お吉とは、ハリスとああだこうだあった人です。
ハリスが帰国した後、お吉は元町で……、長くなるのでぜひ検索してください。なかなか面白い話(当事者にとっちゃ面白くもないでしょうが)です。

f0379138_17324380.jpg
下田長屋跡から階段を上ります。初めての道、興奮です。

f0379138_00491142.jpg
なかなかの眺望。

f0379138_17334949.jpg
上りきれば山手本通り。

f0379138_17343194.jpg
フェリス女学院の脇に出ました。美しい建造物です。早いとこ文化財指定しちゃってください。

f0379138_17350179.jpg
フェリスの前にあるこの建物もいいですねえ。

f0379138_17353841.jpg
この交差点は雙葉小学校入口。その向こうに見えている元町公園前交差点を右折し、山手本通りと別れ次の目的地へ向かいます。


◇◇◇


 ちと酔っての外出。酔いと暑さで気持ち悪かったのですが、下田長屋辺りで旅に没頭できました。マイナーな史跡ですが楽しいのです。


◇行程 伊勢佐木長者町駅→横浜文化体育館→石川町駅→下田長屋跡→山手本通り→

唐人お吉、ビールを飲んで行進する? 中区の旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-08-06 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
桜を愛でる旅・2017 ~根岸・山手……色々編 その2~
f0379138_06512245.jpg


 空はどんどん晴れていきました。でもまたすぐに曇るのではないかと全速力で歩きました。
 旅は山手へ。高級住宅街。桜もやはり上品なのでしょうか?

私の桜ショット&お花見弁当
<第52回>神奈川徒歩々旅
◇桜を愛でる旅・2017 ~根岸・山手……色々編 その2~
◇2017年4月7日(金)


f0379138_08394158.jpg
急ぎ足で着いたのは山手公園。国指定名勝は伊達ではありません。山手68番館と桜の相性はピッタリ。数ある横浜の桜スポットで、私選第1位がここです。

f0379138_06583955.jpg
また、山手公園は日本庭球発祥の地でもあります。

f0379138_08391632.jpg
近くのカトリック山手教会も桜の名所。

f0379138_07025837.jpg
司教館も桜色。

f0379138_07023967.jpg
美しいマリア様。花見をご一緒できて光栄です。

f0379138_07031861.jpg
山手本通りを進んで、ベーリックホール。違う種類の桜ですね。

f0379138_07033687.jpg
こちらはエリスマン邸。

f0379138_07035681.jpg
元町公園周辺も桜がたくさん。
えのき亭。

f0379138_07041816.jpg
絵を描いている人が多い電話ボックス。

f0379138_07044190.jpg
重厚な山手聖公会。

f0379138_07052430.jpg
マリンタワーが桜のフレームに収まりました。

f0379138_07054829.jpg
外国人墓地にも桜。

f0379138_07060759.jpg
港の見える丘公園。大佛次郎記念館の裏手にある大きな桜。

f0379138_07062645.jpg
近代文学館へ通じる霧笛橋。

f0379138_07064723.jpg
第33回 全国都市緑化よこはまフェア Garden Necklace YOKOHAMA 2017 が開催されています(6月4日まで)。港の見える丘公園も会場の一つです。
シンボルキャラクターのガーデンベア。その後ろは2002年のワールドカップ横浜開催を記念して植えられた桜(桜?)です。


◇◇◇


 山手の桜は上品でした。山手公園の桜の花のつき方は毎年感心します。
 Garden Necklace YOKOHAMA 2017。それほど宣伝されているとは思いませんが、なかなか盛況のようです。

◇行程 (その1)→山手公園→元町公園→外国人墓地→港の見える丘公園→

桜を愛でる旅・2017 ~根岸・山手……色々編 その3~へ つづく

by akrk0911 | 2017-04-09 06:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その3~
f0379138_22132065.jpg


 久々に急ぎ足です。少々歩きづらい山手の歩道がこたえます。あと少しでゴールです。がんばって歩きましょう。

<第25回>神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その3~
◇2017年1月7日(日)


f0379138_05285720.jpg
夕日の映えにくい色ですねえ、山手資料館さん。

f0379138_05293221.jpg
山手を訪れた観光客の方が、山手を思い出すときに浮かぶのがこの辺りの風景でしょうか。
それほど古い建物ではありませんが絵になります。

f0379138_05434634.jpg
間もなく運動会が始まる時刻です。

f0379138_05303165.jpg
私「横浜地方気象台さん、横浜の日没は何時ですか?」
気象台「もうすぐですよ」

f0379138_05310889.jpg
ようやく港の見える丘公園に到着。山手111番館の窓に夕焼けが。

f0379138_05314308.jpg
横浜市イギリス館の彼方に日が沈んでいきました。

f0379138_05340127.jpg
色がなくなりました。

f0379138_05350611.jpg
飛鳥IIはこのあと20分くらいで清水港に向け出港です。

f0379138_05353063.jpg
実際はこれくらいの暗さの港の見える丘公園。

f0379138_05354714.jpg
谷戸坂を下り元町へ。こちらは谷戸橋。横浜市認定歴史的建造物だとありがたがって渡る人はどれくらいいるでしょうか。

f0379138_05361574.jpg
イルミネーションが映えるにはやはり早すぎる。イルミネーションと言うより、電飾……。

f0379138_05365005.jpg
ハマトラ三種の神器を撮影しようと思いましたが、連休初日。思いのほか人が多くて断念。


 なんとか日が沈む前に港の見える丘公園にたどり着きましたが全体的に残念な色合い。
 大食い選手権なんて見てるから。見終わってからも「きょうは天気は下り坂なんでしょ」と逡巡してるから……。家を出たのは14時40分くらい。打越橋は15時半過ぎ。
 もっと早く出かけるべきでした。かおるちゃん、ごめんね。


◇行程 (その2)→山手本通り→外国人墓地→港の見える丘公園→谷戸坂→谷戸橋→元町→自宅
◇14.80km・10635歩・676.7kcal

by akrk0911 | 2017-01-09 05:25 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その2~
f0379138_04190243.jpg


 夕日を浴びて赤く染まる歴史的な建造物たち。味わい深い風景なのですが日没は間近。もう少しゆっくり進んで! 時間さん。

<第25回>神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その2~
◇2017年1月7日(土)


f0379138_04070598.jpg
なぜかここに来るとフランダースの犬の主題歌が頭に浮かびます。

f0379138_04075308.jpg
カトリック山手教会聖堂と同じ敷地内には、カトリック横浜司教館(旧相馬永胤邸)も。

f0379138_04082921.jpg
少し歩けばカトリック横浜司教館別館。いずれも横浜市認定歴史的建造物です。

f0379138_04200864.jpg
なんとなく憧れてしまうフェリス女学院。
山手本通りの完全電線地下化は無理なのでしょうか。

f0379138_04064446.jpg
そしてベーリックホール。スパニッシュな外観が柔らかな冬の夕日に映えます。

f0379138_04091935.jpg
こちらは岡田邸。個人宅なのでベーリックホールの敷地から静かに見学します。

f0379138_04104801.jpg
ベーリックホールとエリスマン邸の間の道を進むと山手76番館。こちらも個人宅でしょうか。

f0379138_04113931.jpg
エリスマン邸。パステル調の外観が爽やか。

f0379138_04231221.jpg
ショートケーキのようなえのき邸。イルミネーションが映えるには少し早いよう。

f0379138_04233797.jpg
ちょうどライトアップされたばかりの山手234番館。
こちらもライトアップが映えるにはまだ明るすぎます。

f0379138_04240975.jpg
山手聖公会は放火らしい火災の被害にもめげず、美しい佇まい。
日が沈もうとしています。
ベーリックホールからこの山手聖公会まで、えのき邸以外はすべて横浜市認定歴史的建造物です。


 洋館が建ち並ぶ山手本通り。もう100回は歩いたでしょうか。その度に違う顔を見せてくれます。
 さて、だいぶ日も暮れてきましたが、まだまだつづいちゃいます。


◇行程 (その1)→カトリック山手教会→山手本通り→元町公園→

ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その3~へ つづく

by akrk0911 | 2017-01-08 05:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その1~
f0379138_19195822.jpg


 かおるちゃん おそくなってごめんね
 君の好きな
 山手は 山手は 山手はおそかった

<第25回>神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その1~
◇2017年1月7日(土)


f0379138_19210634.jpg
天国への階段ならぬ山手への坂道、稲荷坂。上りきったところで山手はまだ先ですが。
この写真の右側は、

f0379138_19215960.jpg
スパッと切れ落ちた断崖。極度の高所恐怖症の私、この写真を撮ったあとしばらく、金●のあたりがゾワゾワしていました。
上りきると平楽の丘の尾根道ですが、米軍施設に掲げられた道標には「Mayflower st.」と。
Mayflower st. を歩けば打越橋。

f0379138_19223826.jpg
だから極度の高所恐怖症だって言ったでしょ。この橋を渡る度、●玉のあたりがゾワゾワします。
この打越橋を渡ればほぼ山手です。

f0379138_19230949.jpg
休日しか拝む気になれないのがこちら、山手214番館。横浜市指定有形文化財です。かつてはスウェーデン領事館だったこともあるそうです。
現在は横浜共立学園の施設。オッサンは容易に近づけません。
このあと、稲荷坂でせっかく稼いだ高度を一気に下げ地蔵坂をさらに下ります。

f0379138_19242475.jpg
そしてまた上り返します。毎度しんどい階段。

f0379138_19253177.jpg
上りきればイタリア山庭園。
オッと、外交官んちは工事中。先日の円通寺客殿といい弘明寺公園の展望台といい。

f0379138_19271617.jpg
ブラフ18番館は通常営業っぽかったです。
ここで撮影して引き返したので詳しくはわかりませんが。

f0379138_19274886.jpg
喫茶エレーナ。私がもっとも山手に似合う店だと思う喫茶店。オッサンひとりではなかなか入る勇気がありません。
三育幼稚園前交差点を右に。坂を下ると(また下るのかよ)桜道。

f0379138_19281902.jpg
桜道には桜道橋。横浜市認定歴史的建造物。

f0379138_19284430.jpg
桜道橋からは同じく横浜市認定歴史的建造物の山手トンネルが。

f0379138_19291733.jpg
日本最初の洋式公園として横浜市の地域史跡に登録されている山手公園は、国指定の名勝でもあります。
ここに至るには涙ぐましい階段登山再びでした。

f0379138_19311939.jpg
国指定名勝と言えば三渓園とか建長寺の庭園とかなんですが、ここもそうなんです。
これは山手68番館。横浜市認定歴史的建造物だと思っていましたが、一覧には名前がない。

f0379138_19315221.jpg
また、山手公園は日本のテニス発祥の地でもあります。


 夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
 微笑み見つめ合ってる場合じゃない!
 どんどん傾く冬の夕日。これじゃ山手を歩ききる前に夜にナッチャウヨ。
 急ぎ足のこの散歩はまだまだつづいちゃいます。


◇行程 自宅→稲荷坂→打越橋→山手214番館→イタリア山庭園→桜道橋→山手公園→

ヨコハマ散歩・山手は、遅すぎた ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-01-07 18:58 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・いつもの町から「はじめまして」#2

2019.10.04.tue



 10月なのにまるで夏の陽気。港エリアは海の照り返しもあり、顔が火照る火照る。最後の力を振り絞って山手の丘へ。少しは心地よい風が吹いているような気が。


第1回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
いつもの町から「はじめまして」 #2





画像情報

 港の見える丘公園にある「横浜市イギリス館」。旧英国総領事公邸です。


画像情報

 こちらも港の見える丘公園にある「山手111番館(旧ラフィン邸)」。アメリカ人ラフィン氏の邸宅はJ.H.モーガンによる設計。


画像情報

 港の見える丘公園から山手本通りを進むと右手に現れるのが、「横浜地方気象台庁舎」
 上の二つ同様、横浜市指定有形文化財です。


画像情報

 さらに進むと「山手資料館」。山手では唯一の明治建築、横浜市認定歴史的建造物です。


画像情報

 元町公園の向かいにあるのは「フェリス女学院6号館別館」。こちらも横浜市認定歴史的建造物です。


画像情報

 山手のメインスポットの西端にあたるイタリア山庭園。「ブラフ18番館」も横浜市認定歴史的建造物。


画像情報

 同じくイタリア山庭園の外交官の家、「旧内田家住宅」は国指定重要文化財。元々は渋谷の南平台にあった建造物です。


画像情報

 山手の丘をくだり横浜市南区の自宅へ向かいます。こちらは中村八幡宮。拝殿の扉から本殿まで見通せました。


画像情報

 中村八幡宮の鳥居の脇にはこれ。「内務省地理寮水準点(高低几号標)」があります。横浜市登録地域史跡です。
 日本の地図における重要な遺跡。歩き旅の重要文化財。


画像情報

 中村川にかかる「浦舟水道橋」は現存する道路橋では国内最古のピン結合プラットトラス橋。横浜市認定歴史的建造物です。


画像情報

 青春が駆け抜けます。



* * *


 青春よりはのんびりながらも駆け足でヨコハマをご紹介。もっともっとお見せしたいヨコハマはありますが、まずはここまで。
 これからどうぞよろしくお願いいたします。


行程:→港の見える丘公園→横浜気象台→山手資料館→元町公園→イタリア山庭園→中村八幡宮→浦舟水道橋→自宅
歩行距離:約18km 歩数:13226歩 消費カロリー:728kcal
f0379138_18395518.jpg

by akrk0911 | 2016-10-04 23:07 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)