歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:厚木市 ( 14 ) タグの人気記事
そば食い日誌・富士そば 本厚木店

2018.08.25.sat




 神奈川県内では稀少な富士そばです。暑い厚木市依知地区を歩く前に、熱い一杯で腹ごしらえです。


番外・神奈川徒歩々旅
そば食い日誌・30杯目
富士そば 本厚木店





 賑わう本厚木駅前にお馴染みの看板。箱根そばのホームタウン、小田急沿線で富士そばを選択するのはなかなか勇気のいること。本厚木駅の箱根そばが工事中のようなので初潜入です。
 茹で置きの生麺を温め直してすぐのできあがり。でも麺はしっかりしていました。ここ本厚木店のつゆはウマイですねえ。マイルドですが上顎で感じるコクが残ります。固めのかき揚げもつゆとよく合っていました。
 



■ ■ ■ ■ ■



 清潔感もあるし好接客。旅を気持ちよく始めることができました。


所在地:厚木市中町2丁目 本厚木駅 北口駅前
商品名:かき揚げそば 価格:390円
f0379138_10164435.jpg

by akrk0911 | 2018-09-03 07:00 | そば食い日誌 | Comments(3)
スーパー探訪・スーパーえち

2018.08.25.sat



 厚木市中依知を歩いているときにこの看板を目にして飛び上がらんばかりに興奮しました。
 「スゴいぞこのロゴタイプは」「かなり大きな箱だぞ」あまりにもベタなローカルスーパーの匂い。「スゴそうだぞこれは」。



番外・神奈川徒歩々旅
ローカルスーパー探訪記 #7
スーパーえち





③
 国道129号に現れるローカルスーパー、いやスーパーローカルスーパーって感じの「スーパーえち」。でも、酷暑の歩き旅。ここで何かを購入して旅を続け、自宅まで持って帰って腐らないだろうか? と少し悩みました。


①
 パッケージの表記は「鶏のから揚げ」ですが、レシートの表記は「鳥の唐揚げ」です。


②
 これはウマイ唐揚げです。フルーティーで濃いめの味にパリッとした(感じの)食感。かなり上位の唐揚げです。



* * *


 予想外に広くて洗練された売り場でした。とんでもなく胡散臭い店だと思ったら(ごめんなさ~い)大間違い。とてもいいスーパーでした。
 さて唐揚げですが、持っていたペットボトル用の保冷カバーにくるんで持ち帰りました。なんの問題もなくおいしく食べられました。
 この方法があれば夏場でもいけるなと発見です。


行程:厚木市中依知
鶏のから揚げ(鳥の唐揚げ):188円(税込)
f0379138_17082763.jpg

by akrk0911 | 2018-09-02 07:00 | ローカルスーパー探訪記 | Comments(0)
厚木市依知地区の旅 ~6~
f0379138_15194644.jpg


 厚木市依知地区の旅も終盤。素晴らしい文化財を拝みフィナーレとなります。


〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~6~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_15251533.jpg
▲妙伝寺の二天門
 上依知の名刹、妙伝寺へ。まずは厚木市指定有形文化財(建造物)の「妙伝寺の二天門」が出迎えてくれます。18世紀中頃の建築です。


f0379138_15225909.jpg
▲木造毘沙門天(多聞天)立像
 二天門には二体の脇侍が安置されています。正面から左に「妙伝寺の木造毘沙門天(多聞天)立像」。


f0379138_15202906.jpg
▲持国天立像
 右には「妙伝寺の持国天立像」。いずれも厚木市指定有形文化財(彫刻)です。迫力があります。1697年に釈迦如来の脇侍として造られたそうです。


f0379138_15243338.jpg
▲釈迦如来立像
 脇侍が睨みをきかす二天門の先には大きな大きな「妙伝寺の木造釈迦如来立像」が静かに佇んでいます。1697年に造られた釈迦如来立像。これは感動しました。美しいお顔でした。素晴らしい。
 こちらも厚木市指定有形文化財(彫刻)です。


f0379138_15272359.jpg
▲釈迦堂
 釈迦如来立像はこちらに安置されています。「妙伝寺の釈迦堂」は厚木市指定有形文化財(建造物)。渋めの柱に白壁がとても美しいお堂です。1746年頃の建築です。


f0379138_15273950.jpg
▲本堂
 妙伝寺の山号は「星梅山」。この旅の冒頭に訪れた妙純寺の山号は「明星山」。で、ここ妙伝寺の開基は本間重連。だから「星」なのか! と早とちりしそうです。
 調べてみましたが難しいので「日蓮宗」と「星」の関係がわかる文章を日蓮宗の、あるお寺のHPより引用します(引用元も他からの引用ですが)。

 日蓮宗では、大聖人が龍口法難の際、「月のような光物(月天子)によって難を免れ、翌日に「明星のような大星が下って、梅の木にかかった」ということから、法華経の行者に、月や星の守護が得られると信仰しています。さらに法華経の「諸天は昼夜に衛護す(取意)」等の経文から、星(九星・曜)に願いをかければ、必ず守護があるとしています。(日蓮宗新聞記事より)

 フムフム。当地と星とは無関係でしたか。でも本間重連つながりではあったのですね。


f0379138_15275567.jpg
▲田畑越しの妙伝寺
 ふたつも建造物の文化財があるってスゴいことなんです。京都や奈良なら当たり前なのでしょうが。


f0379138_15281744.jpg
▲上依知の渡し
 妙伝寺近くのここは渡場(わたっぱ)といい、相模川を渡る渡し船「上依知の渡し」があったそうです。
 700年ほど前の話。水難事故が多く人々の安全を願い一遍上人が水難防除の念仏を唱えたそうです。
 この六字名号塔は室町時代末に建てられたそうです。道ばたに無造作に室町時代の名号塔があるなんて……。
 日蓮宗のお寺のそばに「南無阿弥陀仏」。日蓮聖人に一遍上人、信玄と、ビッグネームがたくさん登場する旅でした。


f0379138_15293787.jpg
▲依知神社
 さて、ラストは「依知」の名を冠した神社です。


f0379138_15300706.jpg
▲依知神社社殿
 もっと大きな境内を思い描いていましたが、どうやら境内は国道129号に分断されてしまったようです。


f0379138_15303126.jpg
▲鳥居前から見たイチョウ
 依知神社には厚木市指定天然記念物の「イチョウ(2本)」があるのですが、鳥居前から見ると国道の向こう側。あれまあという感じです。


f0379138_15310108.jpg
▲天然記念物のイチョウ
 近づいてみると立派な幹に圧倒されます。


f0379138_15315334.jpg
▲昭和橋
 依知神社の前は相模川。この昭和橋の建設にともない境内が分断されたそうです。



f0379138_15335907.jpg
▲相模川
 相模川を渡ります。小鮎川も中津川もそうでしたが水が濁っています。台風の影響で雨が降りましたからね。


f0379138_15345638.jpg
▲奥多摩?
 旅の最後は山々を眺めながらゆっくりと橋を渡りました。上依知の渡しとどちらが速いでしょう。


f0379138_15351881.jpg
▲相模原市との市境
 昭和橋は厚木市と相模原市の市境。これにて厚木市依知の旅はおしまいです。


 ***


 いつも歩いてばかりなので元々日焼けをしているのですが、それでもさらに焼けてヒリヒリします。
 大変な歩き旅でしたがそれ以上に収穫のある旅でした。厚木市は魅力的な名所がまだまだあるようなのでまた出かけてみたいと思います。


◇行程 →妙伝寺→上依知の渡し→依知神社→昭和橋→下溝駅
◇19.51km ◇6時間11分
◇旅費 2,130円(交通費・1,325円、飲食代・805円)


f0379138_21575697.jpg

by akrk0911 | 2018-08-31 07:00 | 県央の旅 | Comments(0)
厚木市依知地区の旅 ~5~
f0379138_11322985.jpg


 「暑い」と何度口にしたでしょうか。こんなに暑い日に照り返しのきつい舗装道路を好き好んで歩ってるバカが悪いのですが。
 旅はいよいよ上依知地区へと入っていきます。


〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~5~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_11325169.jpg
▲下川入諏訪神社
 明らかにアホみたいに日焼けをしながら向かったのはこちらの下川入諏訪神社。
 今回、依知地区を歩いているのですが、下川入(しもかわいり)は旧依知村ではなく旧睦合村でした。でも、現在の厚木市の区割りでは下川入は依知北地区に属しています。


f0379138_11330732.jpg
▲本殿
 「下川入諏訪神社本殿」は厚木市指定有形文化財(建造物)ですが覆屋の中なので見ることができません。


f0379138_11333615.jpg
f0379138_11340044.jpg
▲拝殿
 でも拝殿も立派なので満足です。なんという様式なのかわかりませんが、土間の様な空間はあまり見ないような気がします。


f0379138_11342101.jpg
▲西日を背に
 今度は西日を背に受けて東へ大移動します。首筋がヒリヒリします。


f0379138_11343997.jpg
▲依知北地区市民センター・依知北公民館
 恐らく左が依知北地区市民センターで右が厚木市立依知北公民館だと思います。適当な推測。


f0379138_11354900.jpg
▲上依知歩道橋
 さてさて、複雑怪奇な交差点にやって来ました。


f0379138_11362201.jpg
f0379138_11364319.jpg
f0379138_11374458.jpg
▲名無しの交差点
 県道と国道が交差し市道も絡んでくる。国道にいたっては立体交差したりもしている。三角州のような緑地帯もあったり。これで名無しの交差点とは。


f0379138_11370590.jpg
▲こんな感じ
 うまく説明できないので地図参照。歩道橋は美容室側の信号機マーク辺りから、L字に折れて河原実業前まで。


f0379138_11382333.jpg
▲県道508号
 私は来た道から直進して県道508号を往きます。するとまた気になる歩道橋が。


f0379138_11384265.jpg
▲上依知小学校前歩道橋
 上依知小学校の校門の目の前にある歩道橋に上ってみるとこんな景色。


f0379138_11391562.jpg
▲峯ヶ谷戸遺跡
 そしてこの上依知小学校の敷地では遺跡が発掘調査されています。「峯ヶ谷戸遺跡」、平安時代の遺跡のようです。
 突然現れる下調べなしの遺跡にも驚かなくなりました。


f0379138_11402616.jpg
▲上依知の水田
 歩道橋から見えていた田んぼでしょうか。
 わが家では農家の親戚から玄米を購入し精米して食べているのですが、精米しているときと同じ香りが漂っていました。これが稲の香りかと感動しました。


f0379138_11411082.jpg
▲稲穂と白壁
 そして田んぼに囲まれた名刹へ。


 ***


 依知北地区を西へ東への大移動。不思議な交差点や水田に癒されました。
 このあと、文化財だらけの名刹や依知の総鎮守を巡り旅は大詰めです。


◇行程 →下川入諏訪神社→依知北地区市民センター・依知北公民館→上依知歩道橋→上依知小学校前歩道橋→峯ヶ谷戸遺跡→上依知の水田→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-08-30 07:00 | 県央の旅 | Comments(0)
厚木市依知地区の旅 ~4~
f0379138_05584256.jpg


 趣のある道の連続です。大都会の本厚木駅周辺からは考えられない厚木の町並みなのです。


〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~4~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_05590702.jpg
▲天然記念物級?
 日枝神社から元の道に戻り歩いていると大きな木がありました。これは天然記念物でもおかしくないような気がします。
 ところでこの木なんの木?


f0379138_05592391.jpg
▲昭和音楽大学
 この木は昭和音楽大学の敷地にありました。それにしても派手な大学ですなあ。


f0379138_05594909.jpg
▲厚木市関口から山際へ
 この辺りの住居表示は関口。懐かしいヤマザキパンの看板のある辺りは山際です。
 いい感じの道です。古くからある道なのでしょう。


f0379138_06003329.jpg
▲依知村役場跡
 「依知村役場跡」です。山際村、中依知村、上依知村、下依知村、金田村、関口村、猿ヶ島村が合併し依知村となったのは1889年。以来1955年に厚木市に編入されるまでここが依知の中心だったのですね。
 となればこの道は村のメインストリートだったのでしょう。
 ちなみに、緑色の網のフェンスが、手前は関口、向こう山際の境です。


f0379138_06015034.jpg
▲大山道道標
 そんなメインであったであろうストリートに歴史を感じる道標がありました。「右大山道」とあります。


f0379138_06013411.jpg
▲大山道と厚木道の追分?
 反対面には「左厚木道」と標示されています。私はその厚木道を歩いてきたようです(左奥の赤いポストの辺りが依知村役場跡)。
 このまま直進するのですが、ここからは大山道を歩くことになるのでしょう。やはり歴史的な道でしたか。


f0379138_06021986.jpg
f0379138_06023498.jpg
▲立派な長屋門
 すると今度は長屋門が現れました。次から次へと知らない「名所」が目の前に現れます。


f0379138_06025133.jpg
▲スゴい道でした
 依知村役場跡が目当てでこの道を選択したのですが、スゴいところでした。こんなに普通の道なのに。


f0379138_06030678.jpg
▲山際漢学研究所跡
 こちらも同じ道にある史跡、「山際漢学研究所跡」です。
 1891年に依知村の村長も努めた中丸重郎兵衛が開設した漢学を学ぶ塾の跡地だそうです。


f0379138_06032199.jpg
▲山際交差点
 大山道(推測)と別れ、国道129号を山際交差点で交差し一路西へ。


f0379138_06033929.jpg
▲大山を望む
 山際交差点にあるセブンイレブンの駐車場から大山がよく見えました。


f0379138_06061586.jpg
▲丹沢主脈
 丹沢主脈は雲の中。この日はずっとこの調子。縦走中の皆さま、お気の毒です。


f0379138_06045503.jpg
f0379138_06064915.jpg
▲大山と丹沢を眺めながらの旅
 しばらくは大山と丹沢を眺めながら歩きました。


f0379138_06070886.jpg
▲日影がない
 しかしこれが太陽を正面に見る道のりでして、暑いことこの上ないのでした。
 この道はいつか来た道。ああそうだよ、海老名駅から愛川町へ行くときにバスで通った道だ。多分ね。


 ***


 次から次へと現れる史跡に興奮しました。SDカードの残り容量が乏しい状態なので少し呆れもしましたが。
 依知の旅はまだ続いちゃいます。


◇行程 →昭和音楽大学→依知村役場跡→大山道道標→長屋門→山際漢学研究所跡→山際交差点→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-08-29 07:00 | 県央の旅 | Comments(2)
厚木市依知地区の旅 ~3~
f0379138_17181837.jpg


 下依知から中依知へと旅は依知地区を北上していきます。そしてスゴい道との遭遇です。


〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~3~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_17185058.jpg
▲圏央道
 しばらく圏央道に沿って歩きました。


f0379138_17191322.jpg
▲浅間神社
 圏央道から離れうんだらかんだら歩いて浅間神社にやって来ました。この辺りは「中依知」です。


f0379138_17192896.jpg
▲浅間神社の銅鐘
 こちら「浅間神社の銅鐘」は県指定重要文化財(工芸品)。
 元は鎌倉の大楽寺あったもの。南北朝時代の1350年に飯山の鋳物師により製作されたそうです。その後あ1495年にここに納められたそうです。


f0379138_17194470.jpg
▲依知中学校
 浅間神社から国道129号へ向かう途中に依知の名を冠した中学校があったので思わずパチリ。


f0379138_17200497.jpg
▲スーパーえち
 国道129号に面したこちらのスーパー。大々的に依知を前面に打ち出しています。おっとこれは神奈川徒歩々旅の重要コンテンツ。


f0379138_17222227.jpg
▲圏央厚木インター入口
 再び国道129号を北上。スーパーえちからすぐの圏央厚木インター入口の歩道橋から見た国道129号の相模原方面。


f0379138_17225187.jpg
▲圏央厚木インター
 同じところから見た圏央厚木インター。


f0379138_17232489.jpg
▲信玄道の碑
 歩道橋を反対側に降りてすぐに裏道へ。すると「信玄道」の碑がありました。
 小田原城を攻撃した武田信玄はこの道を通って甲斐国に帰ったそうです。なんだかスゴい道を歩くことになりました。


f0379138_17234511.jpg
▲中依知66号墳
 この信玄道には古墳があります。こちらは「中依知66号墳」。このそばに67号墳もあるのですが知らずに通過してしまいました。
 とにかくたくさんあるのです。


f0379138_17240725.jpg
▲信玄道
 恐るべし信玄道なのです。何気に趣のある道です。


f0379138_17243523.jpg
▲上原3号古墳
 信玄道を北上してこちらは「上原3号古墳」。私が事前に知っていたのは中依知66号墳とここだけ。たくさん見過ごしてアホみたいに歩いていたんでしょうね。


f0379138_17251011.jpg
▲国道129号
 信玄道と別れて国道129号を横断してそのまま裏道へ。


f0379138_17252927.jpg
▲国道129号の東を並走する道
 これまた趣のある道です。こちらを北上します。


f0379138_17254548.jpg
▲日枝神社
 なんの気なしに歩いていると思わず引き込まれる光景に出くわしこちらの神社へ。

f0379138_17260060.jpg
▲日枝神社からの眺望
 日枝神社はとんでもない見晴らしでした。美しきかな神奈川県。
 しばし木陰でこの眺めを楽しみました。


 ***


 信玄に古墳。もうお腹いっぱい状態に素晴らしい眺望も。歩き旅でしか気づけない出会いの連続でした。
 さて、北上中の道もこれまたスゴい道でした。


◇行程 →浅間神社→信玄道→中依知66号墳→上原3号古墳→日枝神社→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-08-28 07:00 | 県央の旅 | Comments(2)
厚木市依知地区の旅 ~2~
f0379138_12573049.jpg


 依知(えち)地区は厚木市の北東部、大体中津川と相模川に挟まれたかつて依知村だった地域です。

〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~2~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_12580044.jpg
▲建徳寺山門
 牛久保用水の近くにある建徳寺。門が閉ざされているので入れないのかなと思いましたが、すぐ隣に駐車場があり徒歩の旅人もそこから入るようです。


f0379138_12581941.jpg
▲本堂
 こんな写真しか撮らなかったことを反省中です。


f0379138_12584393.jpg
▲本間氏累代の墓
 こちらには前項で出てきた本間氏の史跡があり、厚木市指定史跡となっています。「本間氏累代の墓」です。
 本間氏は鎌倉時代から室町時代にかけて相模国で勢力を持った武士だったそうです。
 牛久保用水で登場した本間重連は佐渡の領主。佐渡に送られる日蓮聖人の身を依知の館で一旦預かったことを機に日蓮聖人に帰依。その館を寄進し、そこが前項の日蓮宗の妙純寺となったそうです。


f0379138_12590271.jpg
▲石造物28基
 本間氏累代の墓は「石造物28基」として厚木市指定有形文化財(建造物)で、史跡と有形文化財のダブル指定を受けています。
 宝篋印塔と五輪塔が「これでもか!」というくらい並んでいます。


f0379138_12592365.jpg
f0379138_12594342.jpg
▲国道129号
 建徳寺をあとに国道129号を北上。下依知交差点を右折します。


f0379138_13000772.jpg
▲下依知吾妻坂古墳
 頑丈そうな擁壁に「下依知吾妻坂古墳」の説明板がありました。唐突な出会いでした。
 こちらには「お吾妻様」が祭られているそうですが、お吾妻様とは?
 

f0379138_13004903.jpg
▲下依知吾妻坂古墳の墳丘
 説明板にはどんな形状の古墳なのか書いていません。円墳なのか方墳なのか、前方後円墳なのか、はたまた横穴古墳なのか……。


f0379138_13011333.jpg
▲順礼道
 吾妻坂古墳からそのまま直進すると道が段々と細くなってきました。
 とある交差点には道祖神などの石造物に並んで「順礼道」の碑がありました。
 坂東三十三観音霊場は相模国、鎌倉の杉本寺を振り出しに関東を巡るのですが、巡礼者が歩く道を順礼道と呼んだそうです。
 この辺りは飯山観音の長谷寺(ちょうこくじ)と座間の星谷寺(しょうこくじ・ほしやでら)を結ぶ道だったのでしょうか。
 それにしてもきれいに整備されていて気持ちいいです。


f0379138_13013245.jpg
▲下依知の水田
 糞暑いんですが季節は確実に秋の装いを見せてくれています。大山がちょこんと写っていました。


f0379138_13015654.jpg
▲静かな道
 すぐそばを圏央道が走っているのがウソのようなのどかな風景。


f0379138_13024915.jpg
▲長屋門
 そんな道に長屋門があります。少し残念な保存状態で、未来永劫保存するつもりはないんだろうなあという感じです。


f0379138_13031424.jpg
▲カシワ
 その長屋門のお宅の庭には厚木市指定天然記念物の「カシワ」があります。
 ところでどれがカシワ?


f0379138_13033106.jpg
▲カシワにズームイン
 ぐぐっとカメラで寄ってみました。おお、柏餅の葉っぱだ!


f0379138_13041346.jpg
▲圏央道
 私がクルマを運転してアチコチ行っていた頃にはなかった道。周辺の雰囲気とかけ離れた真新しい構造物です。


 ***


 地域の歴史上の人物に触れることができました。まあいつもの通り付け焼き刃の、もしかしたら見当違いのにわか知識かも知れませんが。
 古墳、順礼道と予定外の史跡にうれしい悲鳴。美しく実りはじめた水田もありなかなか進めません。


◇行程 →建徳寺→下依知吾妻坂古墳→順礼道→カシワ→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-08-27 07:00 | 県央の旅 | Comments(0)
厚木市依知地区の旅 ~1~
f0379138_04533476.jpg


 一度は移住を検討し不動産屋巡りをした大好きな厚木市。ほぼ物件も決まっていたのですが色々あって移住にはいたりませんでしたが。
 厚木市を本格的に歩くのは初めてです。バカみたいに暑いのですが大丈夫でしょうか?


〈第167回〉神奈川徒歩々旅
◇厚木市依知地区の旅 ~1~
◇2018年8月25日(土)


 ***


f0379138_04540384.jpg
▲本厚木駅前
 神奈川一周の8~9日目以来の厚木市です。


f0379138_04543172.jpg
▲厚木なかちょう大通り
 駅前を右、厚木なかちょう大通りを歩きます。


f0379138_04551592.jpg
▲厚木バスセンター
 本厚木駅東口交差点を左折しても厚木なかちょう大通りです。ここは厚木バスセンター。ハイカーにはお馴染みのバスセンターです。


f0379138_04553753.jpg
▲中町交差点
 中町交差点は県道の坩堝。本厚木駅から歩いてきたのは602号。この交差点の右は40号。左は603号。私は正面の43号へ直進します。
 大都会の厚木の町も中町交差点を過ぎると風景は一転します。


f0379138_04562565.jpg
▲元町交差点
 しばらく43号を歩くと元町交差点。43号は左へ。私は直進して601号を往きます。
 これも本当に本当の県道の標記なのかわからないんです。勿論正解はあるのですが忘れました。県道や国道は重複区間があったりでややこしいのです。一時期はキチンと調べたんですけどね。


f0379138_04572243.jpg
▲桜並木
 やがて桜並木が県道601号と交差します。


f0379138_04575511.jpg
▲小鮎川からの大山
 桜並木は小鮎川の堤防。こちらは小鮎川にかかる第二鮎津橋。水の流れは見えません。電線に邪魔されず大山を見られるのはここしかありませんでした。


f0379138_04583857.jpg
▲小鮎川
 水は濁っていますねえ。台風の影響でしょう。


f0379138_04594280.jpg
▲中津川
 601号をさらに進むと小鮎川より大きな中津川。第一鮎津橋です。


f0379138_05000769.jpg
▲中津川からの大山
 この橋、マンションが建つまではすごい景勝地だったのでしょうね。


f0379138_05004472.jpg
▲依知地区へ
 中津川を越えると今回の旅先、厚木市の依知(えち)地区です。
 中津川を越えた辺りはどうやら工業地帯。工場へ向かうトラックやダンプ、市街地へ向かうクルマでずっと渋滞です。


f0379138_05013728.jpg
▲妙純寺門
 この門はなんという種類の門でしょうか?
 山号は明星山。あとでまた「星」がつくお寺があります。当地と星の関係やいかに?


f0379138_05022096.jpg
▲本堂
 予定外の訪問です。門の脇に立つ説明板に「本間」氏の名前を見て急きょ寄ることにしました。このあと訪問予定の場所でこの名前が出てくるので、関連があるのだろうと思い。
 ここはその本間氏の館跡であり、斬首の刑を免れた「日蓮聖人」が護送され、28日間逗留した地なのだそうです。本間氏については追々。


f0379138_05024118.jpg
▲土塁?
 この参道の植え込みは少し斜面になっているのですが、本間氏館の土塁なのでは? とも言われているようです。


f0379138_05031458.jpg
f0379138_05033353.jpg
▲中津川河川敷からの大山(上)と仏果山たち(下)
 予定外の訪問ついでにお寺のすぐ裏を流れる中津川河川敷を歩きました。これが大正解。大山や仏果山たちを美しく眺められました。


f0379138_05040827.jpg
▲牛久保用水
 さらに牛久保用水なる史跡にも遭遇。
 当地の地頭であった「本間重連」により創設された灌漑、生活用の水路。本間氏館の堀でもあったようです。


 ***


 予定外の行動は後々のダメージにつながりやすいのですが、今回はそうでもありません。いい寄り道でした。
 久々に大山・丹沢を望みながらの旅、楽しくないわけがないのです。
 ただ、暑い……。


◇行程 本厚木駅→厚木バスセンター→第二鮎津橋→第一鮎津橋→妙純寺→中津川→牛久保用水→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-08-26 07:00 | 県央の旅 | Comments(2)
そば食い日誌・箱根そば 愛甲石田店
f0379138_21565316.jpg


 神奈川一周の旅9日目の昼食は「箱根そば」。小田急沿線ならはずれの少ない箱根そばへ。さてこの店はどうでしょうか。
 改札横コンコースにある店舗です。


◇そば食い日誌 ~13杯目~
 箱根そば 愛甲石田店
◇愛甲石田駅・改札外コンコース ◇厚木市愛甲
◇かき揚げ天そば ◇390円
◇2017年11月24日(金)


 「おそば茹でますので2分ほど……」。なんだかつい最近聞いたような。
 そばは茹でたて、茹で加減文句なし。うまいです。
 つゆは甘め、適温適量です。かき揚げはすぐにバラバラになるのですが衣がタネからはがれてドロドロにるわけではないので問題なし。
 前日に食べたえきめんや弘明寺店とかなり似た味、雰囲気でした。かき揚げの状態でこちらが少し上かな。
 とてもおいしい一杯でした。

by akrk0911 | 2017-11-25 22:30 | そば食い日誌 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第9日]~その1~
f0379138_22333559.jpg


 朝7時にはここ本厚木駅から歩き始めるはずが9時50分……。「わろてんか」を見ている場合ではありませんでした。
 というわけで神奈川一周の旅、再開です。

〈祝・第100回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第9日]~その1~
◇2017年11月24日(金)


f0379138_22340794.jpg
大山がドーンと現れたところでトラックだらけの国道246号へ。

f0379138_22372444.jpg
しばらく246を歩いていると森が。

f0379138_22375737.jpg
側道から辿って行くここは古墳、「地頭山古墳」です。

 5世紀頃に築造されたとされる前方後円墳。厚木市唯一の前方後円墳で、県内で3~4番くらいの規模だそうです。

f0379138_22381736.jpg
地頭山古墳の下は国道246号のトンネル。この工事の際に発見されたとのこと。見張らしよし。

f0379138_22383574.jpg
踏み切りの警報器が鳴ったのでカメラを構えて待っていたら、ロマンスカー!

f0379138_22385893.jpg
ロマンスカーは箱根へ。私も箱根へ向かっているのですが、到着はいつになるやら。

f0379138_22391998.jpg
国道246号に戻りモスバーガーの交差点を右折してテクテク行った熊野神社。

f0379138_22393631.jpg
国道からも離れ静かな境内。

f0379138_22395638.jpg
厚木市指定有形文化財の「石灯籠(康暦二年)附  石灯籠(延宝八年)」があるのですが、ちょっと展示の仕方が……。

 右が康暦二年、左が附(つけたり)の延宝八年。右は南北朝時代の1380年頃の作で関東最古級のものだそうですが、笠と軸以外は新しいもの。一番下の台座はそこそこ古そうですが、他のものの中古のようです。
 
f0379138_22401630.jpg
愛甲石田駅前の歩道橋からの大山。

 雨乞いの神様である大山。一面の青空ですが大山の上にはずっと雲がわいていました。雨降山(あふりやま)の別名があるのもうなずけます。

f0379138_22403441.jpg
同じ歩道橋から、「本」の看板の向こうに見える森は恐らく「愛甲大塚古墳」でしょう。行くかどうか迷ったのですが、これでよしとしました。

f0379138_02121782.jpg
同じくその歩道橋から。愛甲石田駅は厚木市と伊勢原市にまたがる駅。

f0379138_22414396.jpg
時刻は11時少し前。愛甲石田駅で早めの昼食にしました。


◇◇◇


 神奈川一周の旅初めての平日開催。大山に見守られながらの旅です。
 地頭山古墳は古墳然とした佇まいでしたが、前方後円墳は感じられませんでした。でもきれいに整備されていて気持ちのよい史跡でした。


◇行程 本厚木駅→地頭山古墳→熊野神社→愛甲石田駅→〈つづく〉

by akrk0911 | 2017-11-25 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)