歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(147)
(128)
(61)
(49)
(47)
(44)
(38)
(37)
(35)
(32)
(29)
(27)
(26)
(24)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
> gonta-2019..
by akrk0911 at 19:01
こんにちは。 二時間半..
by gonta-2019 at 17:12
こんばんは。 最..
by gonta-2019 at 20:46
> sy-f_ha-ys..
by akrk0911 at 21:38
今月の初めころ馬車道駅下..
by sy-f_ha-ys at 19:23
んじゃ戸部駅裏の石崎商ゆ..
by なな at 01:28
> gonta-2019..
by akrk0911 at 23:07
こんばんは。 赤い電車..
by gonta-2019 at 20:50
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
鎌倉市西御門と周辺の旅 #4
at 2019-11-21 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #3
at 2019-11-20 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #2
at 2019-11-19 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #1
at 2019-11-18 07:00
そば食い日誌・かまくらそば ..
at 2019-11-17 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:京浜急行 ( 6 ) タグの人気記事
乗らず鉄・京急大師線[6]

2018.07.01.sun



 150万都市の川崎市。色々な顔を持つ川崎市ですが、最も騒々しそうな地区は最も静かな日曜日でした。


第159回・神奈川徒歩々旅
乗らず鉄
京急大師線 #6





画像情報



 日曜の昼下がり、町は閑散としているのでした。


画像情報



 静かな静かな大師線沿線。踏み切りの警報音も静けさに溶け込んでいました。


画像情報



 工事中なのですが、あまりにも無機質な光景。


画像情報



 終点が見えてきました。終着駅の哀愁というか、なんだか特殊な雰囲気が漂います。


画像情報



 電車は長旅(?)を終えしばしの休息。この電車は1日に何往復するのでしょう?


画像情報



 ついに終点、小島新田駅に到着しました。神奈川県最東端の旅客駅です。


画像情報
画像情報



 駅前は決闘前の静けさでしょうか。ガンマンが現れそうです。
 シャッターが軒並み閉まっているのは日曜だからなのか、時間帯によるものなのか、いつもなのか。


画像情報



 周辺を歩いてみました。人気のない乾いた町でした。


画像情報



 「ン~」というモーター音がどこからともなく聞こえてくるくらいしか音がありません。ここはJR神奈川工事区塩浜基地。


画像情報
画像情報



 国道409号沿いの飲食店です。開いていないだろうなとは思っていましたがやはり……


画像情報



 開いているのは駅前の売店とコインランドリーだけでした。


画像情報



 さて、帰ります。線路はここまで。かつて大師線はさらに続いていたのですが、廃線を辿る気力はありません。


画像情報



 京急川崎駅行きの電車を待ちます。



* * *


 小島新田駅周辺は終着駅の町の雰囲気がありました。とてもいい雰囲気でした。いずれ平日に歩いてみたいなと思いました。きっと賑やかな別の町なのでしょう。
 かなり前から構想を練っていた新企画。気づけば初回の京急大師線編は6回もの長編になりました。なかなか楽しい旅でした。さて、次はどこで乗らず鉄しましょうか。


行程:→産業道路第2踏切→◎小島新田駅→JR神奈川工事区塩浜基地→小島新田駅
歩行距離:11.89km 歩行時間:3時間50分
旅費:726円(交通費:586円 港町駅入場券:140円)
f0379138_01143341.jpg

by akrk0911 | 2018-07-08 07:00 | 乗らず鉄 | Comments(0)
乗らず鉄・京急大師線[5]

2018.07.01.sun



 大師線の旅はローカルな雰囲気の中静かにつづきます。


第159回・神奈川徒歩々旅
乗らず鉄
京急大師線 #5





画像情報



 川崎大師をあとに東門前駅を目指します。ここは東門前駅通り商店街。
 「ばっかも~ん」


画像情報



 川崎大師の東門の手前にあるから東門前(ひがしもんぜん)駅。大師線の駅名は即物的な名前が多いような。


画像情報



 踏み切りを渡り駅前を通過し、国道409号を越えるとインド風建築が目を引く、川崎大師自動車交通安全祈祷殿があります。
 多摩川はすぐそばです。


画像情報



 冬はカラカラと乾いた音を立てているヨシ原ですが、ザワザワとうごめいていました。ここは夏に来るのは初めてです。やはり冬の方がいいかな。
 しばらく多摩川沿いを下流に向けて歩きます。


画像情報



 「大師の渡し跡」です。明治以降に新設された大師の渡しの碑があります。「新渡し」と呼ばれたそうです。
 対岸からは川崎大師への参詣客を、こちら岸からは穴守稲荷への参拝客を乗せていたそうです。


画像情報



 ヘリポートがありました。ここからなら対岸へひとっ飛び。まあ、なんだかんだで飛び立つまでに時間がかかりそうですが。


画像情報
画像情報



 美しい斜張橋の大師橋です。下り線は1997年、上り線は2006年の完成。


画像情報



 私が初めて運転して東京都に乗り込んだのは大師橋からでした。まだ現在の斜張橋ではなく、トラス橋の時代でした。


画像情報



 私が渡った旧大師橋の親柱が保存されていました。


画像情報



 こちらは「羽田の渡し跡」。大師橋の下をくぐると羽田の渡し碑が。小島六左衛門が経営していたことから「六左衛門の渡し」と呼ばれていたそうです。
 小島六左衛門と言えば、小島新田を干拓した人。


画像情報



 遠くに羽田空港が見えました。


画像情報



 学生時代は高速代節約のため、ここ首都高横羽線大師出口で高速を下りたりしたものです。いまは料金体系が変わったのかな?


画像情報



 産業道路駅前のこの辺りは大師線の地下化工事の真っ最中。この踏み切りの風景もいずれ見られなくなるのですよね。なんだか寂しいです。
 踏み切りは大師線と産業道路との交差。で、駅名は産業道路って……



* * *


 渡船の跡や大師橋、余命いくばくもない踏み切りと見所がたくさんありました。
 終点まではあと一息です。梅雨が明けた真夏の午後、干上がりそうです。


行程:→東門前駅通り商店街→◎東門前駅→川崎大師自動車交通安全祈祷殿→大師の渡し跡→ヘリポート→大師橋→羽田の渡し跡→首都高大師出口→◎産業道路駅→〈つづく〉
f0379138_19032640.jpg

by akrk0911 | 2018-07-07 07:07 | 乗らず鉄 | Comments(0)
乗らず鉄・京急大師線[4]

2018.07.01.sun



 大師線沿線の旅で外せないのは川崎大師。人生の節目節目で訪れている川崎大師です。わが家の宗派ではないんですけどね。


第159回・神奈川徒歩々旅
乗らず鉄
京急大師線 #4





画像情報



 ようやく川崎大師へ。今回は不動門から入山です。


画像情報



 不動門をくぐると見慣れない銅像がありました。「北の湖敏満の像」です。2015年に他界した昭和の大横綱、相撲協会の理事長にまでのぼりつめた北の湖の銅像です。
 私の世代にとって北の湖は完全なヒールでした。ガキの思考はまったくもって理不尽です。
 川崎大師の檀家だったそうです。三回忌の2017年に建立されました。


画像情報



 八角五重塔が公開されていたのですが、トレッキング・シューズを脱ぐのが面倒で……。
 北の湖理事長、そして八角理事長……



画像情報



 静かな大本堂でした。


画像情報



 たくさんの風鈴から涼やかな音が響いていました。毎年7月には風鈴市が開かれます。2018年の川崎大師風鈴市は7月18~22日です。


画像情報



 この煙、皆さんは浴びますか? 私は浴びません。


画像情報



 私の知識では、体の悪いところに線香をあて、それを燃やして悪いところを消し去るというのが正しいとのことですが、さて……。 私の悪いところを移した線香の煙を浴びせてごめんなさい。


画像情報



 ここまで閑散とした川崎大師は初めてです。


画像情報



 でかすぎて、狭すぎてなかなかうまいこと撮影できないのです。


画像情報



 だるまは川崎大師名物とのことです。


画像情報



 大師仲見世越しの大山門。この景色、俺選定神奈川百景です。


画像情報



 日本の音風景100選の「川崎大師の参道」は「とんとことんとこ」と飴を切る音が心地よい参道です。しかし、この日はあまりにも参詣客が少なくて、「とんとこ」より客引きの声の方がよく聞こえたりしましたよ……



* * *


 川崎大師はなんとなく落ち着きます。幼いころから慣れ親しんだ名刹です。大師線沿線の旅は趣を変えてまだまだつづきます。


行程:→川崎大師→大師仲見世→〈つづく〉
f0379138_22515493.jpg

by akrk0911 | 2018-07-06 07:00 | 乗らず鉄 | Comments(0)
乗らず鉄・京急大師線[3]

2018.07.01.sun
 辿り着いた川崎大師駅。大師詣でより先にひとつ寄り道をしました。






第159回・神奈川徒歩々旅
乗らず鉄
京急大師線 #3





画像情報



 駅名の看板が新しくなりましたよねえ。


画像情報



 川崎大師への参道はこちらですが、なんとなく気になる店構えの喫茶店があったので違う方向へ。


画像情報



 ティールーム城亜。レトロな外観です。入ってみたいのですが勇気がなく……


画像情報



 その喫茶店からはじまる商店街がありました。「川崎大師ごりやく通り」商店街を行くことにしました。


画像情報



 このままでは川崎大師に辿り着けそうにありません。


画像情報



 作戦変更、いつもは参詣のあとに立ち寄る大師公園を先に訪れました。


画像情報



 大師公園にある中国風庭園の瀋秀園へ。念願かなってようやくこの中に入れます。過去に2回来ていますがいずれも休園日の月曜日でした。
 この庭園は川崎市と中国瀋陽市の友好都市提携5周年を記念して1987年に開園しました。


画像情報



 獅子像に守られた門をくぐると太湖石(たいこせき)という石があります。中国の太湖から切り出された石で、たくさんの穴が開いた奇岩です。


画像情報



 秀湖(しゅうこ)と名付けられた池を中心に回廊と楼閣があります。
 右奥の楼閣は藕香榭(ぐうこうしゃ)。藕はハスのことで、ハスを鑑賞する建物だそうです。わずかですがハスがありました。


画像情報



 開園から30年を数えていますがきれいです。とてもきれいです。きちんと修繕がなされているのでしょう。


画像情報



 建物の内側には鮮やかな風景が描かれ、木組(きぐみ)と呼ばれています。この木組、正門前の獅子像、太湖石、建物の瑠璃瓦は瀋陽市より寄贈されたものです。


画像情報



 滝もあります。涼しげです。


画像情報



 予想以上に素晴らしい庭園でした。これが無料だなんて。


画像情報



 さて、川崎大師へ向かいましょう。



* * *


 ようやく入ることができた瀋秀園は美しい庭園でした。さあ、今度こそお詣りです。


行程:→◎川崎大師駅→川崎大師ごりやく通り→大師公園→〈つづく〉
f0379138_22534495.jpg

by akrk0911 | 2018-07-05 07:00 | 乗らず鉄 | Comments(0)
乗らず鉄・京急大師線[1]

2018.07.01.sun



 京急大師線は京急川崎駅~小島新田駅を結ぶローカルな路線です。その沿線をてくてく歩いてみました。


第159回・神奈川徒歩々旅
乗らず鉄
京急大師線 #1





画像情報



 京急の原点は大師線。1899年に川崎駅(現在のJR川崎駅や京急川崎駅ではありません)~大師駅(現・川崎大師駅)間で営業を開始した大師電気鉄道がそのルーツです。
 大師線の起点は快速特急も停まる言わずと知れた大きな京急川崎駅です。とは言っても大師線には快速特急はおろか急行も走っていません。


画像情報



 京急川崎駅周辺は大繁華街。こちらは賑わう銀座街。銀座街の向こうは銀柳街、チネチッタへとつながります。


画像情報



 京急川崎駅は二層の駅。上は泉岳寺と浦賀を結ぶ本線。下が大師線です。


画像情報



 「乗らず鉄」は「撮り鉄」ってわけでもないので線路に沿って歩くわけでもなく、「ほぼ沿線」の色々なところに寄り道したりします。これは旧東海道です。


画像情報



 ここは大師電気鉄道の旧川崎駅で後に六郷橋駅と改称された駅の跡地、京急の原点です。


画像情報



 大師線は多摩川に沿って走っています。その多摩川、いまは国道であっという間に渡れますが、かつては渡船で渡っていました。
 おや、橋の下に渡船?


画像情報



 1600年、家康によって架けられた六郷大橋は、1688年の洪水で流されました。以来橋が架けられることはなくここには「六郷の渡し」が往き来することとなりました。
 当初、江戸側により運営された渡船は田中休愚の働きで川崎宿の請け負いになり、崩壊寸前の川崎宿を救ったと、以前勉強したような。


画像情報



 さて、六郷橋の下の船は渡船ではなく、マリン(?)スポーツを楽しむ人々でした。
画像情報



 ここまで電車はほぼ徐行運転。静かに最初の駅へ。


画像情報



 最初の停車駅は港町(みなとちょう)駅。


美空ひばり



 港町駅では20世紀の歌姫、美空ひばりがお出迎えしてくれます。美空ひばりが歌った名曲「港町(みなとまち)十三番地」の歌詞と当時のレコードをあしらったボードには、いま気づいたのですがボタンとスピーカーのようなものが。恐らくボタンを押すと歌声が。


画像情報



 お目当てのものは改札内なので入場券を購入。
 改札内にはレコードやCDを並べたディスプレイがあります。


画像情報



 ホームの壁には「港町十三番地」の譜面が。レコード針が盤面にこすれる音が聞こえてきそうです。


画像情報



 そうです、ここは日本のレコード発祥の地。この地には日本コロムビアがありました。港町駅構内、反対側の改札内にはその記憶を後世に伝えるモニュメントが掲げられています。
 六郷橋からコロムビアの看板が見えたことをよく覚えています。


画像情報



 港町駅の北口です。かつては日本コロムビアがあった場所で、港町駅はコロムビア前駅という名前でした。。


画像情報



 「港町十三番地」はいまはマンション群となったこの地を歌ったものと言われています。ただし、当時の日本コロムビアの番地は9番地。ゴロのよさで「十三番地」になったようです。



* * *


 およそ観光地とは言えない地域ですが見所はあるのです。さて、次は何があるでしょうか。

行程:京急川崎駅→旧六郷橋駅跡→◎港町駅→レコード発祥の地→〈つづく〉
f0379138_05250492.jpg

by akrk0911 | 2018-07-03 07:00 | 乗らず鉄 | Comments(0)
ちょっと寄り道・京浜急行
f0379138_01283118.jpg


 金沢区役所まで行く用事があり、少し寄り道をしました。金沢文庫駅近くには絶好の「見る鉄」ポイントがあります。

〈番外〉神奈川徒歩々旅
◇ちょっと寄り道・京浜急行
◇2018年3月15日(木)


f0379138_01291557.jpg

 金沢文庫-金沢八景間の跨線橋から八景方面を見ると車両基地のような施設があります。調べてみたら金沢検車区という施設。
 道路を挟んだ隣には総合車両製作所(旧東急車両)があります。この辺りは鉄道の町なのですね。


f0379138_01303253.jpg

 同じ跨線橋から文庫方面。見えている川は平潟湾に注ぐ二級河川の宮川。


f0379138_01311605.jpg

 たくさんの電車を見ることができます。
 右から、これから金沢文庫駅始発のエアポート急行新逗子行きとして入線を待つ回送電車。下り快速特急京急久里浜行き、どこ行きかわからないけれど上り電車。もうひとつチラリと回送電車が見えます。


 ◇◇◇


 青い空に赤い電車がよく映える午後でした。

by akrk0911 | 2018-03-18 07:00 | ちょっと寄り道 | Comments(0)