歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(147)
(128)
(61)
(49)
(47)
(44)
(38)
(37)
(35)
(32)
(29)
(27)
(26)
(24)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
> gonta-2019..
by akrk0911 at 19:01
こんにちは。 二時間半..
by gonta-2019 at 17:12
こんばんは。 最..
by gonta-2019 at 20:46
> sy-f_ha-ys..
by akrk0911 at 21:38
今月の初めころ馬車道駅下..
by sy-f_ha-ys at 19:23
んじゃ戸部駅裏の石崎商ゆ..
by なな at 01:28
> gonta-2019..
by akrk0911 at 23:07
こんばんは。 赤い電車..
by gonta-2019 at 20:50
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
鎌倉市西御門と周辺の旅 #4
at 2019-11-21 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #3
at 2019-11-20 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #2
at 2019-11-19 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #1
at 2019-11-18 07:00
そば食い日誌・かまくらそば ..
at 2019-11-17 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2019年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
新旧の横浜、そして再生 #3

2019.10.28.mon




 古いもの、新しいもの。いつの間にやら横浜の歴史の両端を眺めながらの散歩になっていきます。
 さらに再生してゆく横浜を目の当たりにします。



第227回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
新旧の横浜、そして再生 #3





裏レンガ 新港ふ頭のシンボル「赤レンガ倉庫」。明治と大正の建築物は見応え十分。横浜観光の目玉でしょうか。


リンク?
 間もなくここにはスケートリンクがお目見えするはず。


運河パーク?
 「赤レンガパーク」と「象の鼻パーク」を結ぶ「新港橋」から運河パークへとつづく遊歩道を歩きました。ここも運河パークなのかなあ?


万国橋とみなとみらい
 ここから見る「万国橋」越しのみなとみらいが好きでしたが、なんだかなあって感じのビルの乱立です。


万国橋
 1940年に架け替えられた万国橋。かながわの橋100選に数えられる美しい橋です。
 おや、橋の向こうに見慣れぬような見覚えのあるようなビルが。


万国橋ビル
 「万国橋ビル」復活ですか! 


玄関
 でも、こんな感じだったかなあ?



 う~ん、こんな感じだったかなあ?


ポーターズ
 かつてあった本物の万国橋ビルより少し陸側(関内駅寄り)に復活した万国橋ビル。生まれたスペースは「北仲通北第二公園」の一部となり、これまで見ることができなかった角度からの横浜を眺めました。


B号
 すぐそばには横浜市認定歴史的建造物の「旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用B号倉庫及びC号倉庫」が姿を現していました。
 こちらは「B号倉庫」です。


C号
 そして前回来たときは全く見えなかった「C号倉庫」。こちらは完全にぶっ壊しちゃってからの再建ですか?


旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所とB号
 手前の横浜市指定有形文化財「旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所」は本物をちょっときれいにした感じですね。解体されちゃうのかと覚悟していたのですが、「やったー、おかえり」。 奥はB号倉庫です。


倉庫事務所と横浜第2合同庁舎
 旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所と「横浜第2合同庁舎」。こんな風景が戻りましたか。うれしいです。


本町ビル
 生糸検査所とは道路をはさんだ場所にある、こちらは新しい「本町ビル」。いまは違う名前なのかな?


弁天橋
 桜木町駅方面へ。ここは弁天橋。なんだか風景が変わっちゃいましたね。


ウンコ市庁舎 弁天橋から見た新市庁舎です。感想は「……



* * *


 ぶっ壊したものを再現するのってどうなんだろとは思いますが、ないよりはいいんです。
 新旧の横浜と、再生される横浜を堪能する散歩でした。


行程:→赤レンガパーク→運河パーク→万国橋→北仲通北第二公園→北仲ブリック→弁天橋→日ノ出町駅
歩行距離:6.5km 歩行時間:1時間50分
交通費356円
f0379138_00105124.jpg

by akrk0911 | 2019-10-31 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
新旧の横浜、そして再生 #2

2019.10.28.mon



 「みなとみらい」をぶらり旅。抜群の青い空に心地よい気温。移りゆく季節に変わりゆく横浜を眺めました。



第227回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
新旧の横浜、そして再生 #2





画像情報
 臨港パークの紅葉です。この辺りではいつも他より早く色づくと思います。


画像情報
 桜は各所で色づいていますけどね。


画像情報
 色づく木々の向こうに例のホテルが見えます。


ファンゾーン
 さてさて、話題の場所です。テレビで何度も何度も目にした場所です。紅葉と同様に、今だけの横浜の風景です。


ファンゾーン②
 ラグビーワールドカップの横浜のファンゾーンはここ臨港パークです。熱狂の1カ月でした。
 そう、熱狂しましたが、なんかラグビーの雰囲気じゃないなあって思っちゃったりしました。「ニッポン」コールや渋谷でのウンコ連中のハイタッチは、ラグビーにはそぐわないなあなんて。


新港ふ頭遠望
 選手はワイルドでパワフルですが、観客はクールで紳士ってのが私が思い描いていたラグビーの光景なのです。
 そういえば、南アフリカ戦。80分の銅鑼の音のあと、南アフリカの選手がボールをタッチに蹴り出す瞬間にテレビのチャンネルをかえ、その後1週間、ニュースやらワイドショーでもラグビーを見ないようにしてきました。これが私の悔しさを紛らわせる手段なのです。ノーサイドの精神のかけらもない……
 2018年のFIFAワールドカップのベルギー戦(2点を先取しながら逆転され、ベスト8への千載一遇のチャンスを潰したあのベルギー戦)のときもそうでした。


新港ふ頭遠望
 遠くに新港ふ頭が見えてきました。間もなく客船ターミナルの開業です。新港も変わっていきます。


杭
 臨港パークと新港パークを隔てる運河には新たに橋を架けるようです。いつでも静かな臨港パークがガヤガヤしちゃうんですかね。おっさんの居場所がまたひとつ……


国際橋
 横浜市のHPによるとこの運河と思っていた水路は「大岡川」とのこと(ホントかな?)。新しい橋は大岡川の最下流の橋ってことになります。これは国際橋から見た工事現場です。


コスモ
 国際橋からの「よこはまコスモワールド」。背景がすっかり変わりました。背の高いビルがにょきにょきと生えてきました。


新港ふ頭②
 臨港パークの対岸、新港パークです。新港ふ頭の客船ターミナルが近づいてきました。


正面
 しばらく来ない間にこんな立派な建物が出来上がっていたのですね。新しい横浜の、いや、日本の玄関です。


ハンマー
 施設の名称は「横浜ハンマーヘッド」でいいのかな? たくさんの商業施設が人を集めそうです。武骨な新港ふ頭が大変身です。


ハンマー②
 埠頭の突端にあるのが「ハンマーヘッドクレーン」。大正時代の遺構です。例年11月には横浜市の新しい文化財が発表になりますが、これはくるかなあ。


門柱
 この門柱は残りましたねえ。よかったよかった。


画像情報
 やあ大さん橋。それでもオレは、お前が好きだ。



* * *


 今だけの風景、新しい風景、これからの風景と横浜は目まぐるしく変化しているようです。寂しくもあり楽しみでもあり。
 大黒ふ頭や山下ふ頭も(本牧ふ頭も?)客船ターミナルとなるわけですが、そんなに必要なのかな? 東京港が本気出したら負けちゃうんじゃないのかなあ。燃料節約の観点からは横浜港に軍配があがるのですが、はてさて。
 旅は故きを温ねながらつづきます。


行程:臨港パーク→国際橋→新港パーク→〈つづく〉
f0379138_20404835.jpg

by akrk0911 | 2019-10-30 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
新旧の横浜、そして再生 #1

2019.10.28.mon


 スカッと晴れた月曜日の午後。みなとみらいを中心に久しぶりに歩くことにしました。特に何かを目的としたわけでもない散歩でしたが、それなりにコンセプトが形成されていくのでした。



第227回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
新旧の横浜、そして再生 #1





横浜駅きた東口
 この日のスタートは横浜駅きた東口。


ベイクォーターから
 きた東口からすぐの「横浜ベイクォーター」。そこから眺めるみなとみらいは超逆光。


ポートサイド公園
 いつもホッとする空間の「ポートサイド公園」。


ポートサイドからみなとみらい
 ポートサイド公園から見る帷子川の向こうのみなとみらいです。ご無沙汰している間に変わっているのでしょうね。


みなとみらい大橋
 「みなとみらい大橋」で帷子川を渡ってみなとみらいへ。


日産
 毎度おなじみの「日産グローバル本社」とすっかりおなじみになった「横浜三井ビルディング」。


京急資生堂
 そのふたつのビルの向かいには新しい「京浜急行電鉄本社」(右)と「資生堂グローバルイノベーションセンター 」(左)。さらにたくさんの工事中のクレーンが見えます。どんどん変わっていくなあ。


ソニー
 日産グローバル本社から臨港パーク方面へ。「富士ゼロックス横浜みなとみらい事業所」の向かいには「横浜グランゲート」。ソニーの子会社であるカメラ開発の「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ」が本社をここに移すそうです。


ソニーゼロックス
 横浜グランゲートに映る丸いビルは……


アンパンゼロックス
 「それはゼロックスのビルだよ」とアンパンマン。


アンパン
 いつの間にやら開業していたのね、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。マリノスタウンは跡形もなく……
。マリノスタウン跡地はさらに開発中でした。なんだか寂しい。
 そのまま臨港パークへ向かいます。


横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート
 臨港パーク入口交差点からは外観は完成したような「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」「横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート」の偉容が拝めます。


②
 建設中は「カッコいい」と思ったのですが、なんだかどうなんでしょう。
 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」は一般向けの高級ホテルで、「横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート」は会員制リゾートホテルなんざますそうですわよ。


③
 なんか中古のデスクトップPC売り場みたいだねってのは持たざる者の僻みでしょうか。



* * *


 みなとみらいは数ヵ月の間にものすごく変わりました。空き地だらけだったあの頃が懐かしい……。寂しくなるぜ、って賑やかになることが寂しいとは、なんたる天の邪鬼。
 散歩は話題の地を歩き、さらに新しい横浜を目にすることになります。


行程:横浜駅→横浜ベイクォーター→ポートサイド公園→みなとみらい大橋→富士ゼロックス横浜みなとみらい事業所→臨港パーク→〈つづく〉
f0379138_17123797.jpg

by akrk0911 | 2019-10-29 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
台風一過の大岡川

2019.10.13.sun



 10月中旬なのに半袖が心地よい朝でした。「きょうは風が強いねえ」と普段なら感じるような風も心地よい、そんな台風一過の朝でした。


第226回・神奈川徒歩々旅
横浜市南区
台風一過の大岡川





蒔田橋
 抜けるような青空。川も青く、なんてことはない秋の休日の朝です。


穏やか
 蒔田橋の近くの歩道には何やら金属の落下物らしきものが。なんでしょう。


画素情報
 それ以外は木の実や葉っぱが落ちている程度のようで、とても穏やかです。


画素情報
 葉っぱといえば大量のイチョウの葉が大量に落ちていましたが、今年の黄葉はどうなんでしょう? 昨年は残念でしたからねえ。


画素情報
画素情報
 桜の定点観測地は無事でした。もっとも、じゃんじゃんソメイヨシノが切られてしまい、数年後には定点観測を終えることになるのではないかという感じですが。


画素情報
 いつになくきれいな大岡川でした。


画素情報
 こんなものがありました。河畔では黄色いパトランプが点灯し、スピーカーから増水への注意、警戒を促すアナウンスが。


画素情報
 暴風にさらされた植物は、何事もなかったかのように花を咲かせていました。
 そういえば、強い風が止んですぐに虫の合唱が始まりましたが、彼らはどこでどのように台風をやり過ごしたのでしょうか?
 ところでこの花は「何ガオ」? 吐く息が白くなるような頃になってもこのお宅のこの花は咲いているのです。


画素情報
 弘明寺商店街では何やら看板らしきものが倒れていました。
 雨の被害が報じられています。わが家周辺ではそれほど雨を感じませんでした。風は横浜で風速43m/sを観測した頃に数回恐怖を感じました。
 台風の中心の東側になってしまったのですが、前回の15号に比べたらあっという間に、あっさりと過ぎ去ったという感じでした。

※後で確認しましたが看板らしきものはハロウィンの装飾でした。あらかじめ飛ばされないように伏せていたようです。



画素情報
 コンビニも閉まっていたようですね。この店舗はどうだったのでしょう。開いていたとしたら、「開いてて怖かった」なんて店員が言っていたかもしれませんね。


画素情報
 さて、今回の最終目的地はここ、24時間営業のディスカウントスーパー、ビッグエーです。少々わが家からは遠いのですが、なんだか私とウマが合うようで近ごろよく行く店なのです。
 でも、閉まっていました~。開いていたら開いていたで見識を疑っちゃうところでしたが、はぁ、閉まってますか……


画素情報
 そうですかあ、と落胆して旧鎌倉街道を弘明寺方面へ。すると居酒屋のシャッターがこんなことになっていました。


画素情報
 ってことで再び大岡川の畔を歩き、結局近所のコンビニで買い物をして帰りました。コンビニには弁当の類いは何もありませんでした。



* * *


 まだまだ困難に直面している方がたくさんいる列島です。とりあえず横浜市南区は静かで、大岡川は穏やかでした。
 昨夜は風がおさまってからは携帯をサイレントにして寝ました。普段は2~3時間で目が覚めるのですが、6時間ほど眠りました。やはり疲れていたようです。朝からずっと身構えて、どこか力が入っていたのでしょう。暴風が一番スゴいときはラグビーに夢中でした。3回停電しましたが。 地震には驚きましたね。もう終わりかと思いました。
 そんなこんなで、きょうも粛々と生きていきます。1日も早く、みんながホッとできるといいですね。


行程:自宅→大岡川→自宅
歩行距離:4.5km 歩行時間:1時間20分
交通費0円
f0379138_09153448.jpg

by akrk0911 | 2019-10-13 10:42 | 横浜市の旅 | Comments(0)
ニュータッチ「横浜家系豚骨醤油ラーメン」

2019.10.06.sun



 なんだか超コワイ台風が来るというのですが、呑気な記事を投稿してみます。



番外・神奈川徒歩々旅
神奈川あれやこれや
ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン





画素情報
 ニュータッチといえば「♪ しおかしょうゆかしょうゆかしおか」なのですが、こいつは豚骨醤油なわけでして。


画素情報
 なんだかんだ言おうが言うまいが、海苔の有無は大きいのが家系のアレなのです。


画素情報
 廉価なシリーズなのですが、ハイコスパな一品でした。



* * *


 タイフーンですから非常食は重要なのですが、わが家のように、電気が止まったら水道もガスも使えないマンション風のアパートメント建造物では、このカップ麺というヤツは「なんなんだお前は」って存在なのです。
 さて皆さん、乗りきりましょう。
f0379138_22495418.jpg

by akrk0911 | 2019-10-12 07:00 | 神奈川あれやこれや | Comments(0)
ちょっと昔ばなし・濃霧のヨコハマ

2010.02.25.thu



 2010年の冬のある日、思いもよらないヨコハマの姿を見ることになりました。何の気なしにふらりと出かけたのですが、忘れられない日となりました。


番外・神奈川徒歩々旅
ちょっと昔ばなし・2010年2月
濃霧のヨコハマ





桜木町駅 南区の自宅からテクテク歩いて桜木町駅にたどり着いたときにビックリしました。「ランドマークタワーがない!」
 「見えない」ではなく「ない」という感じだったのです。頭上の空は青いのですが……


汽車道
 桜木町駅を越えて汽車道へ。不思議な感じです。


日本丸 日本丸とランドマークタワーです。


ピカリ うまく表現できない光景でした。曇り空とは全然違います。


汽車道から 汽車道から望んだランドマークタワー。ご覧の通り空は青いのです。


運河パーク 運河パークからの光景は圧巻でした。手前はクッキリ見えるのですが、みなとみらいは霧の中。
 手前の右側は中古車販売店の「カーチス」。ここの運河に面した一画が休憩所として解放されていました。けっこう広いスペースで、自販機もあり好きな場所でした。何よりも人がほとんどいないのが嬉しかった。
 いまはいけ好かない結婚式場になっちゃいましたが(関係者の方ごめんなさい)。



赤レンガ
 赤レンガパークに移動しました。やはり遠くは白くて何も見えません。


大さん橋
 そして大さん橋へ。これは大さん橋の突端から関内方面を見た写真なのですが、こんなのは後にも先にもこのときだけです。


みなとみらい
 この少し前まではみなとみらいはほとんど見えませんでした。


ロイヤル
 ロイヤルウイングごしの山下町もぼんやり。


ウイング
 そんな濃霧の海へ船出です。何も見えないクルーズは楽しいのかな?
 ベイブリッジもこの少し前までまったく見えませんでした。時は正午過ぎ。朝なら濃霧もわかるのですが。


港の見える丘
 港の見える丘公園に着く頃にはだいぶ視界が開けていました。



* * *


 幻想的なヨコハマでした。もう10年近く前のことなのに昨日のように思い出せる出来事です。色を失った景色でしたが決して暗くはなく華やかささえ感じるのでした。
 見え隠れするみなとみらいを飽かず大さん橋から眺めました。大切な記憶です。


行程:自宅→桜木町駅→日本丸メモリアルパーク→汽車道→運河パーク→赤レンガパーク→大さん橋→港の見える丘公園→山手本通り→自宅
f0379138_11184138.jpg

by akrk0911 | 2019-10-10 07:00 | ちょっと昔ばなし | Comments(0)
そば食い日誌・浪子そば

2019.10.04.fri



 京急の新逗子駅改札前の「浪子そば」。一時は「えきめんや」の看板を掲げていたりもしましたが、どうやら再び一匹狼の店になったようです。


番外・神奈川徒歩々旅
そば食い日誌・37杯目
**浪子そば





 そばは相変わらず注文後に茹であげるスタイルです。しかも茹で加減は絶妙。甘めのつゆ、甲殻類を感じるかき揚げもとてもおいしく、口に入れた瞬間「ヤッター」と叫びたくなるのです。とにかくうまいのです。
 浅めの器なのでつゆは少ないかな? 私には好都合ですが。さらにかき揚げはもっと大きくなかったかな? 私にはちょうどいいのですが。
 なんにせよ変わらずうまい1杯でした。



■ ■ ■ ■ ■


 ジャズが静かに流れる浪子そば。「浪子」とは逗子湾の北側、披露山の麓、海を見渡せる場所に位置する「浪子不動」からとったのでしょうか? 逗子で保養中の徳冨蘆花が書いたベストセラー小説「不如帰」の主人公「浪子」からでしょうか。
 浪子不動の前の海中に、不如帰の碑が建つそうです。私はまだ見たことがありませんが。
 少々アカデミックな感じのする名店です。


所在地:逗子市逗子5丁目(京急・新逗子駅北口改札前、駅ビルニート3F)
天ぷらそば:410円
f0379138_12493998.jpg

by akrk0911 | 2019-10-09 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
そば食い日誌・えきめんや 金沢文庫店

2019.10.03.thu




 金沢文庫で育った私ですが、えきめんや金沢文庫店を初めて訪れたのは、今年(2019年)の夏のこと。以来はまってしまいました。


番外・神奈川徒歩々旅
そば食い日誌・36杯目
**えきめんや 金沢文庫店





 そばは生麺の茹で置きですが、そんなのは問題ないのです。茹で加減、味共に大満足です。この日、初めて温かいそばを食べたのですが、しっかりとしたつゆと油ぎっていないかき揚げも絶品でした。細かいことですがネギの切り方も素晴らしいのです。
 いままでなぜ素通りしていたのでしょう。一時期、讃岐うどんスタイルの店になってしまったことも足を遠退かせる原因だったと思います。もったいないことをしました。



■ ■ ■ ■ ■


 恐らく金沢区唯一の立ち食いそば店です。なくなることはないと思いますが貴重な店舗です。


所在地:横浜市金沢区谷津町(京急・金沢文庫駅、改札を出て右)
かき揚げそば:440円(毎月18日はそばの日で390円・この日は創業祭で390円)


【追記】

2019.10.24.thu 冷やしかけそば:360円
 「かけ」なのに大根おろし(恐らく店でおろしたものではないでしょう)がうれしい一杯でした。麺はやはりナイスですしネギは神がかりのうまさでした。

2019.11.14.thu ごぼうかき揚げそば:440円
 食べごたえがありボリューム感のあるごぼう天のそばですが、こちらのごぼうは少々歯ごたえに欠けるかも。ただし、立ち食いですからサクッと食べられるのはありがたいことかな。衣がつゆを吸いすぎな感じでしたが、肝心の麺は相変わらず抜群でした。
アイキャッチ

by akrk0911 | 2019-10-08 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
雨上がりの逗子海岸 #3

2019.10.04.fri



 久しぶりの大海原に大満足なひとときを過ごしています。缶ビールの1本でも買ってくればよかったなあ。



第225回・神奈川徒歩々旅
逗子市
雨上がりの逗子海岸 #3




画素情報
 雲が日差しを遮ってしまいました。


画素情報
 雲はしばらく退きそうにありません。波がひいた後に映る青空が印象的でした。


画素情報
 曇ってきたということで撤収です。国道の下をくぐって海とはお別れです。


画素情報
 一気に普通の町。


画素情報
 地図も見ずに適当に歩くことにしました。海岸線と平行に北へ向かっているはずです。
 「逗子開成学園ターフグランド」がありました。逗子開成ってあの開成と無関係じゃないってことを最近知りました。中学の同級生がひとり逗子開成に行ったなあ。


画素情報
 まち中のお地蔵さま。珍しいものではありませんがここは……


画素情報
 なんとお供えものが貝殻! う~んこれは初めて見ました。


画素情報
 帰宅後に知ったのですが、この通りは「屋敷通り」という名がつけられているようです。鎌倉の大町を歩いたときに、町並みの美しさに感動したのですが、この町もいい雰囲気です。大町と逗子って隣の町なのですが、全然違うよさがあります。


画素情報
 だいぶ長いこと知らない道を歩いていました。大きな道にぶつかるようです。「久木郵便局前」交差点です。どうやら駅からだいぶ離れたところに行き着いたようです。


画素情報
 県道311号です。2018年に鎌倉の衣張山から名越切通へと山歩きをしたあとに歩いた道です。このまままっすぐ歩けばJRの逗子駅です。


画素情報
 県道311号は「池田通り」交差点で右折しますが、駅へは直進して「なぎさ通り」を歩きます。人が多くて写真は撮れませんでしたが、古くからの趣のある店がたくさんある商店街でした。


画素情報
 逗子駅です。大好きな駅舎です。


画素情報
 少し離れた京急の新逗子駅へ。この日のゴールです。ここは北口。かつては京浜逗子駅だった場所です。



* * *


 思いつきでやって来たにも関わらず、十分に平日の休日を満喫しました。長らく徒歩々な旅をする気力が失せていましたが、少しずつ再開していきたいなあと考えています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


行程:→逗子海岸→屋敷通り→なぎさ通り→逗子駅→新逗子駅
歩行距離:4.4km 歩行時間:1時間37分
f0379138_09055883.jpg

by akrk0911 | 2019-10-07 07:00 | 三浦半島の旅 | Comments(0)
雨上がりの逗子海岸 #2

2019.10.04.fri



 のんびりと寄り道しながら逗子海岸にたどり着きました。青い空と海、白い雲と砂浜。秋の海は静かなのです。


第225回・神奈川徒歩々旅
逗子市
雨上がりの逗子海岸 #2





画素情報
 ようやく逗子海岸に着きましたが、まずはこちらから。田越川の向こうに見える山は「長柄桜山古墳群」。国指定史跡です。
 1999年、携帯電話の中継基地の建設の際に埴輪片が見つかったことから「これ古墳じゃね?」となったそうです。90m級の前方後円墳が2基あり、神奈川県内最大級の古墳だそうです。
 2016年の海の日に2号墳まで行きましたが、マムシが怖くて先に進めませんでした。


画素情報
 こんなものもあります。念のため撮っておきました。


画素情報
 逗子海岸です。


画素情報
 寄せては返す波が楽しいのです。


画素情報
 砂浜を北上しましょう。


画素情報 マリンスポーツを楽しむ人がたくさんいました。


画素情報
 でも私の目はずっと遠くの箱根の山々に釘づけなのでした。矢倉岳から金時山、明神ヶ岳、神山、駒ヶ岳、二子山親方、大観山……。ずらりと並んでいるのでした。富士山は稜線の一部が少し見えるだけでした。


画素情報
 振り向くと日差しが眩しいのです。10月とは思えない暑さです。


画素情報
 「海派」か「山派」かと問われれば、「山」と答える私ですが、海もやっぱりいいですね。


画素情報
 ウインドサーフィンってスゴく速く走るんですね。


画素情報
 「ウィンドサーフィン」は商品名で「ボードセイリング」が正しい競技名なんだと教わったものですが、いまではウィンドサーフィンが普通に使われ、競技団体名も「ウィンドサーフィン協会」なんですね。


画素情報
 けっこう波がありました。


画素情報
 気持ちのいい午後です。スポーツに興じる人がたくさんいましたが、波と風の音がすべてを包み込んで、とても静かな逗子海岸でした。



* * *


 心が洗われるようなひとときでした。砂浜にいる日に焼けた海の人たちが独特の雰囲気を醸していました。そんな人たちってドラマの世界だけだと思っていましたが。
 逗子海岸の旅はあと少しつづきます。


行程:→逗子海岸→〈つづく〉
f0379138_23101099.jpg

by akrk0911 | 2019-10-06 07:00 | 三浦半島の旅 | Comments(0)