歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2019年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
街の灯りがとても

2019.08.24 sat



 少し遠目のスーパーへ買い物。日が暮れて昼間の熱気も和らぎ、それならばドッコイショと出かけました。


番外・神奈川徒歩々旅
ちょっと寄り道
街の灯りがとても





大岡川①
 やはり夏は苦手なんだなあって思います。夏っていうか、暑さね。


路地
 でも少しはしのぎやすくなったのかな?


大岡川階段
 時刻は6時半少し前。川面をわたる風が少し心地よいのです。


花見橋
 ほんの少しですけどね。


床屋
 床屋のサインポールっていいですね。郷愁を掻き立てるような存在です。私にとってはなぜだか冬のイメージ。なんでだろ。なんにせよ、目で涼むことができるような気がします。


街灯
 見上げると街灯が涼しげな弱い光を発していました。

 街の灯りが 少し涼しげ
 ヨコハマ


鎌倉街道
 見えてきたのは与七橋。鎌倉街道です。つい最近、橋の反対側から同じような写真を撮ったような……
 正面のマンションはかつてスイミングスクールがあったところ。なんだかいまでもあるような気がします。更地を見たときはなんだか心が痛みました。


バス
 与七橋の上にある南小学校前バス停に桜木町駅行きのバスがやって来ました。大船からの長距離(?)バスです。私はこのバス大好きです。



* * *


 ちょっとは涼しげかな? まだまだまだまだまだ暑い日はつづくのでしょうか? 秋の虫の声が聞こえるようになりましたので、まだまだまだくらいでしょうか。


行程:自宅→弘明寺駅前→大岡川→花見橋→与七橋→スーパー→自宅
f0379138_20590490.jpg

by akrk0911 | 2019-08-25 07:00 | ちょっと寄り道 | Comments(0)
徒然なるままに徒歩々 #3

2019.08.19.mon



 地味な歩き旅です。名所なんて出てきやしません。どうかお付き合いいただけると幸いです。


222回・神奈川徒歩々旅
横浜市南区
徒然なるままに徒歩々 #3





画像情報
 また大岡川に戻りました。こちらは山王橋は1927年に架けられた震災復興橋です。なかなかカッコいい橋脚に橋桁です。うん、これはいいなあ。
 大岡川が中村川を分けてから、大岡川に架かる最初の橋です。


画像情報
 このボート、いつもここにある印象。ないときがないと思うのは、特に気に止めてないくせに、あるときだけ「おお、またある」と思っているからかな?


画像情報
 大岡川左岸を上流へ。


画像情報
 首都高狩場線の花ノ木インターの真下です。大迫力の構造物です


画像情報
 春、夜のここを撮影しました。こちらです。


画像情報
 平戸桜木通りに来ました。大岡川はこの辺りでは鎌倉街道と平戸桜木通りに挟まれた川です。鎌倉街道は大岡川の南側の大通り。平戸桜木通りは北川景子です。


画像情報
 平戸桜木通りに面したここはとある学校です。「横浜市立 横浜商業高等学校」ですが、ピンとこないかもしれません。


画像情報
 Y校です。高校野球の古豪です。あのダサカッコいいユニフォームが再び甲子園で躍動しますように。


画像情報
 平戸桜木通りを井土ケ谷方面へと向かっています。平戸桜木通りには所どころこんなものがあります。これって道路に関する法律やら条例やらクリアしてるんですよね。暑い日、この日影がホッとするんです。


画像情報
 「駄菓子屋ばぁば」ですか。なんだかローソンの一部のような写真になっちゃいました。


画像情報
 セーリングのオリンピック・テストイベントによる渋滞の案内です。会場は江の島。国道134号はどうなっちゃうんでしょうね。私はセーリングのチケット、落選でした。


画像情報
 井土ケ谷のマルエツ近くの「れもん」です。スナックなのかな? 20年以上前から変わらぬ風景です。この周辺はよく歩くのですが、ここは22年ぶりだと思います。あまりにも懐かしくて写真に納めてしまいました。


画像情報
 マルエツ 井土ケ谷店です。なんか買おうと思ったのですが、なんか少しなんかだったので何も買わずに出てきてしまいました。
 以上、夏の曇りがちな月曜日の徘徊でした。



* * *


 こんな時間潰しのような散歩で3回も記事を書くなんてありですかねえ。いよいよダメですかねえ。色々ありまして、どうにもこうにも。のらりくらりと生きていきます。


行程:山王橋→Y校→マルエツ→自宅
歩行距離:6.9km 歩行時間:1時間53分 交通費:0円
f0379138_18412701.jpg

by akrk0911 | 2019-08-22 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(3)
徒然なるままに徒歩々 #2

2019.08.19.mon



 「お三の宮」ってなんだろう? いまさらそんな疑問を抱いてのお三の宮、日枝神社をお参りです。


222回・神奈川徒歩々旅
横浜市南区
徒然なるままに徒歩々 #2





画像情報
 「お三の宮通り」を歩いているんだからお三の宮へ行かなければね。とやって来ました「日枝神社」。


画像情報
 「日枝神社」なのに「お三の宮」とはなんで? 古くは山王社・山王大権現・山王宮と呼ばれていたからだとのこと。そういえば所在地は南区山王町です。一宮、二宮とは関係ないのかな? お産の神様としても知られているようですが、「お三の宮」という名前ありきのようです。


画像情報
 日枝神社は「吉田新田」の鎮守として創建されたそうです。「吉田新田」とは、先ほど見た大岡川と中村川の分岐を頂点としたかつての内海を埋め立ててできた土地です。蒔田公園から大岡川、中村川に挟まれた地域(伊勢佐木町辺りも)はすべて埋め立て地なのです。 完成は1667年。日枝神社創建の1673年は、神社としては古さを感じませんが、大規模な新田開発がなされていたのは驚きです(ってそうでもない?)。


画像情報
 境内にはたくさんの横浜市指定名木古木があります。何気なく撮ったこの写真には5本の名木古木が。


画像情報
 こちらも名木古木。


画像情報
 社務所の方にも名木古木。この社務所、なんだかお寺っぽい建築です。


画像情報
 こちらは創建当時の手水舎。創建翌年の1674年のものだそうです。


画像情報
 そして現在の手水舎。なんと、手を差し出すと水が出るセンサー式の手水舎です。初めて見ました。これは珍しい(ってそうでもない?)。
 賽銭のキャッシュレス化もそう遠くない未来の話ですかね。


画像情報
 バラバラになった燈籠があります。関東地震(関東大震災)後の1924年に奉納された燈籠ですが、2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震により倒壊したそうです。その際、一部が玉垣を越えて車道にも達したそうす。ちょうど隣の幼稚園の降園時でもあり、多くの人がいたそうですが怪我人もなく済んだそうです。


画像情報
 境内に建つ日枝幼稚園。


画像情報
 この車道に燈籠が倒れたのですね。園児のお迎えの保護者の車と車の間に倒れたそうです。車のなかには子どもがいたそうです。


画像情報br> といった感じでお三の宮、日枝神社でした。あ、バスには乗りませんでしたよ。



* * *


 そうでしたかあ。2011年にそんなことがありましたか。以前来たときはきちんと説明文を読まなかったのかな? ダメですねえ。
 近場の徘徊はダラダラつづきます。


行程:日枝神社→お三の宮バス停→〈つづく〉
f0379138_18022095.jpg

by akrk0911 | 2019-08-21 07:01 | 横浜市の旅 | Comments(0)
徒然なるままに徒歩々 #1

2019.08.19.mon



 世間ではお盆休みも終わり、普通のただただ暑い日が戻ったようですが、私はこの日まで休み。と言っても前の週は山の日の振り替え休日はあったもののフル出勤でした。
 天気は芳しくありませんがちょろっと歩きました。



222回・神奈川徒歩々旅
横浜市南区
徒然なるままに徒歩々 #1





画像情報
 なんだか地味な写真ですね。鎌倉街道の一本南にある地味な道です。弘明寺方面から蒔田方面へ向かっています。


画像情報
 隣の鎌倉街道はこんな位置関係。


画像情報
 そんな地味な裏道にこんな素敵な塀があります。見るたびに感心してしまう、俺指定文化財です。


画像情報
 こちらは某宗教団体の施設。道の左右に建ち並ぶ大きな建物はすべてその宗教団体の施設です。儲かってんだなあ。


画像情報
 ってことで鎌倉街道へ。


画像情報
 んなわけで蒔田公園へ。


画像情報
 蒔田公園にこんなものがあるんですね。


画像情報
 私の大好きなサルスベリ。


画像情報
 こちらの花壇は「全国都市緑化よこはまフェア」開催記念の花壇です。2017年に開催されたフェア。「Garden Necklace YOKOHAMA」と称して以後継承されていますが、あの年の比ではありませんなあ。あれはスゴかった。


画像情報
 横浜市認定歴史的建造物の「吉野橋」。1926年竣工の橋です。先日、横浜駅西口から戸部駅まで歩いたときに、同じデザインの橋を見かけました。「おお」と思ったものの写真も撮らずになにやってんだか。


画像情報
 大岡川と中村川の分岐です。緑の橋の方向が大岡川の上流。左へ中村川です。


画像情報
 蒔田公園付近からまっすぐにのびるこの道はお三の宮通り。この道はやがて伊勢佐木モール、馬車道とつづき、万国橋を経て海へと通じています。なかなかスゴいんです。


画像情報
 お祭りですか。このポスターが貼られているのは恐らく山車の格納庫だと思うのですが、この辺りのお祭りは詳しくないのです。



* * *


 あまり天気はよくないのですが、このあと日差しが照りつけて暑い徘徊となるのです。久々にお三の宮へ行ってみましょう。


行程:自宅→蒔田駅前→蒔田公園→お三の宮通り→〈つづく〉
f0379138_23341983.jpg

by akrk0911 | 2019-08-20 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
青春の横浜駅西口と周辺の旅 #2

2019.08.16.fri



 横浜駅西口をウロウロし平沼橋で線路を跨ぎ東口方面へと向かったのですが、少々違う方向へ。元々どこを歩くかなんて決めていなかったので自由気ままなのですが。


第221回・神奈川徒歩々旅
横浜市西区
青春の横浜駅西口と周辺の旅 #2





画像情報
 横浜駅西口、岡野交差点から新横浜通りを桜木町方面へ。平沼橋からは正面にランドマークタワーが見えます。


画像情報
 平沼橋から見た横浜駅方面です。高島屋がよく見えます。


画像情報
 平沼橋は東海道本線と相鉄線と交差します。相鉄のカッコいい紺色電車がやって来ましたが、写真映えする色ではありませんね。


画像情報
 鉄道を跨ぐ跨線橋だとばかり毎度思ってしまう平沼橋ですが、帷子(かたびら)川に架かる橋でもあるのです。


画像情報
 商店街が見えたので階段を下りました。平沼橋の歩道から下の道へ下りる階段とエレベーターがあります。


画像情報
 階段を下りると何やら史跡の説明板らしきものがありました。
 「横浜道」の説明でした。横浜開港後、東海道から横浜(関内)へ通じる道として造られたものです。掃部山公園の近く、野毛の切通を経て、野毛坂交差点(市立図書館がある交差点)をこちらからだと左折し(右折すると野毛山公園)関内へと通じる道です。
 かつてここには開かずの踏み切りがありました。延々待ったことがあります。平沼橋へ上がるべきかどうか迷うところでした。


画像情報
 そして平沼商店街です。


画像情報
 それほど店があるわけでもなく、活気も感じられませんが味のある商店街です。近世の歴史がある道と知ればなおさらいい感じです。
 もっとたくさん写真を撮りたかったのですが、イカツイお兄さま方がお歩きになっていたので断念しました。


画像情報
 商店街の上を京急電車が行き交います。ここにはかつて駅がありました。戦前の1931年から戦時中の1944年までの短命に終わった「平沼駅」です。
 京急電車が横浜駅と戸部駅の間の急カーブを、キューンキューンと車輪を線路に擦り付けながら徐行する辺りの車窓に、駅の跡を見ることができます。


画像情報
 何か遺構はないかなあと見ていると、階段がありました。下から意識して平沼駅を確認したのは初めてです。


画像情報
 この辺りはあまり歩きません。電車の窓から見るばかりの道です。横浜駅東口へ行こうと思っていたのですが、戸部駅へ向かうことにしました。


画像情報
 こちらは石崎川。帷子川の支流なのかな? 横浜駅西口、ハマボール前の新田間(あらたま)川、ビブレ前の幸川は帷子川の北側に、この石崎川は南側に造られた人工の川でしょうか。いずれも帷子川から別れ、やがて再び合流します。


画像情報
 石崎川は桜の名所なのですが、このとき渡った橋は梅香崎橋(うめがさきはし)。戸部駅の近くには紅梅通りという道もありますし、梅との関わりがあるのでしょうか? 調べればいいのにね。


画像情報
 横浜でしたたかに痛飲し、南区の自宅へ向かって歩いているとき(飲んだら電車が走っている時間に帰る習慣がありませんでした)、腹が痛くなりどうにもヤバイぞ、となり駆け込んだ戸部警察所です。「トイレ貸してちょうだい」との酔っぱらいの申し出に即、快諾してくれたのですが、トイレがかなり奥にありアウト寸前でした。
 ダメだよ神奈川県警! 警察署のトイレは入口近くに設置しないと。みんな漏らしちゃうよ。


画像情報
 というわけで戸部駅はもうすぐです。



* * *


 新しいものだらけの横浜駅西口という印象はどうやら過去のものであるようでした。長いこと足を踏み入れることがなかったのですが、町並みはあまり変わらず懐かしさを感じるのでした。もちろん、中味はどうなのかわかりませんが。
 たまに歩くことのある戸部周辺は、変わりませんねえ。30年前に比べたらマンションだらけになってしまい、京急の車窓から富士山を望めなくなりがっかりな変わりようですが。


行程:→平沼橋→平沼商店街→平沼駅跡→梅香崎橋→戸部警察署→戸部駅
歩行距離:3.20km 歩行時間:1時間34分 交通費:0円
f0379138_23060945.jpg

by akrk0911 | 2019-08-18 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
青春の横浜駅西口と周辺の旅 #1

2019.08.16.fri



 横浜の田舎区民にとって「横浜へ行く」は横浜駅周辺、特に西口へ行くことを意味します。人によっては「横浜へ出る」なんて言いますが、私は言いませんw
 西口界隈を歩くのはとても久しぶりです。15年ぶりくらいかな?



第221回・神奈川徒歩々旅
横浜市西区
青春の横浜駅西口と周辺の旅 #1





画像情報
 そんな私が横浜に出てきたのは仕事だったからなのですが、終わったら徘徊の時間です。
 高島屋(髙島屋)はカッコいいなあ。どれだけ横浜駅西口が変わっても、ここだけは変わらないでほしいものです。大学の入学式用にスーツを購入したのが初めての高島屋での買い物だったかな? 社会人になってからも高島屋で買い物なんてしていましたけど、入社してすぐにバブルが弾けてしまいまして、コナカと仲良くなりました。


画像情報
 なんだか味気ない感じの横浜駅西口。バカバカしく凝ったデザインはいらないけれど。


画像情報
 一時期、横浜の事業所に勤務していたことがありましたが、その頃よく飲んだくれていた五番街です。なかなかマリーは見つかりません。ここはヨコシマFCのスポンサーだったりするんですよね。
 そうそう、2002年のワールドカップ、トルコに負けちゃった後に飲んだくれたのも五番街でした。


画像情報
 こちらは横浜ビブレ。若々しい頃、よくここで服を買いましたよ。若々しくなくなってからは1階のHMVでCDを買うでもなくフラフラしていたなあ。
 ビブレ21なんて名前でしたが、今は「21」をとっちゃったんですね。未来を感じさせる「21」という数字でしたもんね。もう使えませんよね。「22」は遠すぎるし。


画像情報
 ビブレの前は南幸橋。読みは「みなみさいわい」なのですが、「なんこうばし」なんて呼んでました。なんだか歩道がフニャフニャしているらしいです。歩けばよかった。
 横浜市西区のHPによると、ビブレの前の広場は「幸川橋」という橋なのだそうです。「南幸橋」は横浜駅西口からの道路橋だそうです。
 南幸橋の向こうはビックカメラ。カメラを見に行ったのですがなんかイマイチ。マニュアルモードのついたコンデジは高いですねえ。一眼とそれほど大きな差はないような。かといって一眼抱えて徒歩々旅する体力もないし。


画像情報
 ビブレ前の広場が「幸川橋」なら架かる川は「幸川」。この川端にかつてはずらりとおでんの屋台が並んでいて、「リバーサイド」なんて呼ばれていました。上司につれられて何度かおでんを食べました。その頃の職場は東京都でしたが、あらゆるところに馴染みの店がある上司でした。その頃の上司の年齢を超えた私ですが、彼のような馴染みの店なんてありませんねえ。その方面ではつまらん人生です。


画像情報
 青春の一頁、映画館の相鉄ムービルもこの川沿いです。バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 を見たのはここだったのですが、公開2日目、ひとりぼっちでの鑑賞でした。隣に座った可愛らしい女性は一人でやってきたようなので「これはもしかしたら」と少しときめいたのですが、映画が終わったらどこからともなく彼氏のアホが現れて……。なるほど、俺が邪魔だったのか。


画像情報
 なんだか気恥ずかしい記憶を呼び起こされながらさらにぶらり。なんてことのない駐車場に心が引っかかかりました。ここはなんか知ってるぞ。


画像情報
 奥をよく見るとスタジオ・ペンタじゃないですか! ここは音楽スタジオです。壁が鏡張りっぽくなっていますが全然変わっていないようです。どれだけここで時間を過ごしたことでしょうか。
 高校生のくせにバンドを渡り歩き、自分のこだわりに妥協点を見出だせなかった少年。少年、教えてあげるよ。あんたこの先プロのミュージシャンになんてなれないよ。
 横浜に勤務していたことがあると先ほど書きましたが、その間、ここを思い出すこともなかったのです。


画像情報
 新田間川の向こうには青春の殿堂「ハマボール」。職場のボウリング大会とかやりました。人数的に大会とはいえなかったけれど。
 ハマボールの裏は楽しげなホテル街。色々とお世話になったとかならなかったとか。


画像情報
 ハマボールの近くにあるこちらは「リハーサル・スタジオ」とあります。思い出しましたよ。数十年前もここはスタジオでした(多分経営は変わってますね。当時はヤマハの経営だったと思います。ビルは同じかなあ?)。しかもライブもできるってことでライブをやっちゃいましたよ。
 大人になってから、ハマボールやその裏へは度々足を運んでいたのに、ライブをやった会場をすっかり忘れていました。


画像情報
 懐かしさに包まれながらやってきたのは「岡野交差点」。右端の道路標識にある通り、横浜駅西口の繁華街は「ここまで」です。ここは新横浜通りとの交差点。右へ行けば三ツ沢を経て新横浜へ。左へ行けば桜木町です。


画像情報
 桜木町方面へ行くことにしました。見えているのは平沼橋です。



* * *


 なんだかタイムマシーンにでも乗ったかのように懐かしい風景が広がっており、変わっていないなと思いました。35年ぶりくらいの場所もあり、ひとり興奮しながら歩くのでした。


行程:横浜駅西口→五番街→横浜ビブレ(幸川橋)→ビックカメラ→相鉄ムービル→新田間川→岡野交差点→平沼橋→〈つづく〉
f0379138_01083417.jpg

by akrk0911 | 2019-08-17 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
マースダム前後のひととき

2019.08.14 wed



 横浜港に停泊中の外国船を見に急遽大さん橋周辺を訪れたのですが、船見物の前後にも少し写真を撮っていたのでつづけてみます。


番外・神奈川徒歩々旅
ちょっと寄り道
マースダム前後のひととき





画像情報
 仕事帰りにふらりと外国籍客船「マースダム」を見物。以下は船見物前後の横浜です。


画像情報
 真夏の夕方の日本大通り。モワッとした空気に包まれていました。


画像情報
 重厚な三井物産ビルがより重たく感じる夕暮れ時でした。


画像情報
 大さん橋でマースダム見物をして帰途に。桜木町駅へ向かいます。


画像情報
 毎度おなじみ赤レンガ倉庫。


画像情報
 赤レンガ倉庫の手前に見える遺構は「旧税関事務所遺構」。関東大震災で倒壊したこの遺構が発見されたのは赤レンガパーク整備の際。つい最近のことなのです。
 近代の遺構ですら「発見」される対象になってしまうんですね。そういえば、近所で建築工事が始まると、「はて、ここは以前どんな建物があったのかな?」とすっかり覚えていない自分にあきれることがよくあります。考古学者って大変ですねえ。


画像情報
 赤レンガパークに延びる線路の跡。近い将来「あれ、この線路なんだっけ?」とはさすがにならないか。



* * *


 桜木町駅まで歩いたのですが、赤レンガパークの後は写真を撮りませんでした。なんだか汗が止まらなくて困ってしまっていたのです。熱中症? いやいや、いつものことですから。


行程:関内駅→大さん橋→赤レンガパーク→桜木町駅
f0379138_16375296.jpg

by akrk0911 | 2019-08-16 07:00 | ちょっと寄り道 | Comments(0)
マースダム入港

2019.08.14.wed



 仕事帰りの電車の中。ふと「なんか船来てないかなあ」と調べてみると、まだ見ぬ外国船が接岸中の模様。ならば行ってみんべえと馳せ参じました。


第220回・神奈川徒歩々旅
横浜港大さん橋
マースダム入港





画像情報
 ひっさしぶりの大さん橋。屋上デッキへ向かうスロープでは、お目当ての船がチラリと見えたりして興奮を掻き立てるのです。


画像情報
 「マースダム」です。


画像情報
 オランダ・ロッテルダム船籍の船。

就航:1993年 総トン数:55,575t 全長:219m 最大幅:31m 乗客定員1,258名 巡航速度:22ノット

画像情報
 気持ちいいくらいに思いきり逆光。


画像情報
 台風接近中の日本列島。横浜の空はこんな感じです。


画像情報
 大さん橋には「ぱしふぃっくびいなす」も接岸中。横浜市のHPではそんな予定はないのですが。おや、山下ふ頭に「飛鳥II」がいるではありませんか。


画像情報
 ぱしびいのデッキでは、陽気に会話しながら掃除するクルーの姿が見られました。陽気と言っても何語なのかわからない言葉なので、もしかしたら超ネガティブな愚痴だったかもしれませんが。


画像情報
 個人的にはあまり訪れない夏の大さん橋ですが、真夏! って感じではありませんね。大汗かきながらせっかく行ったのに……


画像情報
 象の鼻防波堤から。「ホーランドアメリカライン」の船独特の形と、キリッとした白紺のツートンはここ横浜ではお馴染みです。「ぱしふぃっくびいなす」のファンネル、右端には「飛鳥II」も写っています。


画像情報
 赤レンガパークからの「マースダム」。午後の光線のいい時間帯なのですが、船腹に影を落とすのはアパホテルかな。がっかりなのです。


画像情報
 世間はお盆休みでしたね。赤レンガパークは賑わっていました。


画像情報
 こちらはワールドポーターズ近くの歩道橋、サークルウォークから。赤レンガ倉庫の向こうに「マースダム」が見えました。



* * *


 初見の「マースダム」でしたがよく知った顔立ちのオランダ船でした。「ぱしふぃっくびいなす」「飛鳥II」は予定外だったのでラッキーでした。それにしても、暑かった。


行程:関内駅→日本大通り→大さん橋→象の鼻パーク→赤レンガパーク→サークルウォーク→汽車道→桜木町駅
歩行距離:5.53km 歩行時間:1時間26分 交通費:474円
f0379138_20311382.jpg

by akrk0911 | 2019-08-15 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
暑くてもうダメ

2019.08.11.sun


暑お見舞い申しあげます

 金沢区に帰省中。ちょこっと歩こうと横浜の秘境、釜利谷へ行ってみたのですが、暑いのなんのって


第219回・神奈川徒歩々旅
横浜市金沢区
暑くてもうダメ





画素情報
 横浜市ってこんなところです。


画素情報
 川に蓋をして小川を造る横浜市。ここは「小川アメニティ釜利谷」。小川の下は二級河川の宮川です。源流付近から京急の坂本バス停付近まで暗渠が遊歩道になっています。


画素情報
 蒲の穂なんてなん十年ぶりだろ? この人造の小川には色々な動植物が人の手を介しながら生態系を築きあげています。


画素情報
 ドジョウ、アオサギなんてのが見られますが、この日はアブラゼミと大量の巻き貝くらいしか見ませんでした。アブラゼミ、見事な保護色です。


画素情報
 なんと稲作も。誰が管理してるんですかね。



* * *


 本当は一山越えて更なる秘境、大道(だいどう)辺りもうろつく予定でしたが、いかんせん暑い。すぐに引き返して、たまたま来たバスに飛び乗る情けない徒歩々旅なのでした。


行程:実家→金沢文庫駅→釜利谷小川アメニティ→沢木橋→坂本バス停
歩行距離:3.55km 歩行時間:1時25間分 交通費:172円
f0379138_18014709.jpg

by akrk0911 | 2019-08-13 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(6)
憂鬱な夕暮れ

2019.08.03 sun



 カメラが壊れてから1週間が経過しました。ちょっとスマホで試し撮り。


番外・神奈川徒歩々旅
ちょっと寄り道
憂鬱な夕暮れ





マンション
 スマホだけで徒歩々旅を乗りきったこともありますが、どうにも色が好きになれないのでした。


画像情報
 でも、こんな時間帯の写真はなんとなくいい感じで。


画像情報
画像情報
 ちょっと好きなのです。



* * *


 う~ん、なんとも憂鬱なのです。カメラなんてホイホイ買えないや。


行程:自宅→大岡川→自宅
f0379138_03135332.jpg

by akrk0911 | 2019-08-04 07:00 | ちょっと寄り道 | Comments(3)