歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2018年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
春夏秋冬・音

2018.12.31.sat



 今年はどんな年だったかなと振り返ってみても、一言ではくくれない、とりとめのない日々の集合体でしかない、まあ、いつもと同じ年だったんだなあと安堵してみたり、肩を落としてみたり。 ワールドカップやオリンピックに沸いた2018年。心に残った風景を「音」をテーマに「春夏秋冬」で振り返ります。春夏秋冬と言いつつ今年も冬からですが。


年末特集 2018・神奈川徒歩々旅
春夏秋冬・音







 自然の懐に抱かれ、凛とした空気に包まれ、震生湖の畔を歩いたのは1月下旬の週末のこと。その週の初めには横浜でも降雪を記録し、丹沢の山々は白く、釣り人が糸を垂れる震生湖は一部が凍りつくような寒い時期でした。
 それほど大きくはない震生湖。湖畔は賑やかで、あちらこちらから散策を楽しむハイカーの声が聞こえました。


①


 凛とした空に白息
 笑い声



 湖が一部凍結するような厳しい寒さでしたが、葉を落とした樹間に差し込む日は暖かく、大自然が作り出した景観を存分に堪能するひとときでした。







 「さくらの町」に住んでいる私が、よその「さくらの公園」の敵情視察に赴いたのは少し花びらが散り始めた平日。鶴見区の三ツ池公園と馬場花木園を巡りました。
 「さくらの名所100選」に名を連ねる、初めて目にする春の三ツ池公園に圧倒されました。平日にも関わらず大小の宴が多数催され、その喧騒が心地よいのでした。


①


 さんざめく宴に
 酔いしさくら舞う



 酒も同行者もなく、ただ園内を周回するよそ者ではありましたが、決して寂しくはない時間でした(ちょっと強がり)。
 わが町との勝負? そんなの決しませんよ。







 子どもたちが夏休みの宿題の仕上げに追われる、あるいは開き直り、その存在を頭から消し去る努力を始める8月の下旬。県央の中核都市である厚木市の、相模川と中津川に挟まれた町を歩いたのは、果てしなく続きそうな今年の夏を絵に描いたような、晩夏と呼ぶにはあまりにも真夏な一日でした。
 ふたつの大河の内のひとつ、中津川の河川敷はうごめいていました。少し離れたところを台風が通過した影響で風が強く、河川敷きを埋めた草をざわざわと揺らしていたのです。


①


 ゆく夏を惜しむ草の音
 風の跡



 河原に吹く風は熱く、少し息苦しいくらい。でも、目に映る景色は明らかに秋の風情をまとい、もの悲しい感傷を呼び起こすのでした。酷暑も過ぎ去れば、印象深き夏の記憶として心に残ることでしょう。







 名辞できない感動は本物の感動なのだと、言葉の無力さを思い知らされたのは「神奈川一周の旅」の12日目。南足柄市から箱根町へ、箱根外輪山の明神ヶ岳を越える道中のことでした。
 山頂に至るまで、静寂というより無音の世界に何度も佇みました。風もなく、立ち止まれば鼓動さえ聞こえない。そして頭上には抜けるような青空が。


①


 音なき世界
 天高し山の道



 一方山頂は賑やかで、たくさんの人が思い思いの時間を過ごしていました。山頂に達したときの顔は皆一様に満面の笑顔。山中ではあきらめていた今年の紅葉も見ることができ、とても楽しい一日でした。




* * *


 音というものが意外と記憶のインデックスになっているのだということに、今回気づかされました。選んだ四つ以外にも、雪降りしきる称名寺の反橋で踏みしめた雪の音、真夏のみなとみらいの公園にゆっくりと響いた貨物列車の重たい音……。ふとした音でデジャヴのように思い出す旅もあるでしょう。
 今年もまた、あっという間に過ぎ去っていく一年でしたが、たくさんの初めて見る神奈川との出会いがありました。二度と歩く機会のない道もあるでしょう。一期一会を大切に。
 拙ブログにいつも訪問をいただき感謝しております。ありがたいお言葉も再三いただきました。歩き旅を続ける力となります。新年もどうぞよろしくお願いいたします。


 よいお年をお迎えください。
f0379138_03264875.jpg

by akrk0911 | 2018-12-31 07:00 | 春夏秋冬 | Comments(5)
弘明寺公園周辺、暮れの朝

2018.12.29.sat



 御用納めの翌日。天気はいいようなので出かけたいのですが、掃除もしていないので気が引けて、でもせめてとばかりに早朝の近所で散歩を楽しみました。


第184回・神奈川徒歩々旅
横浜市南区
弘明寺公園周辺、暮れの朝





①
 すでに横浜市の日の出時刻は過ぎていますが、丘が水平線を隠しているのでまだ出てきません。


②
 弘明寺公園の展望台からの眺望です。富士山と大山が背比べ。富士山はずいぶんと雪が着きましたねえ。


③
 快晴の寒い朝。


④
 これだけはっきりと丹沢が見える日はそうそうないような気が。


⑤
 蛭ヶ岳に寄ってみましたが、おっと手前の木の枝にピントが。枝には春を待つ芽が見えます。


⑥
 冬の朝、春を待つ木の芽、そしてこれは秋の風景……。混沌とした季節の中で、あなたは何を見つけるだろう。


⑦
 冬枯れの季節限定のみなとみらい方面の眺望。


⑧
 ベイブリッジって大きいですねえ。


⑨
 秋の夕暮れのような冬の朝。


⑩
 秋の景色の中で冬の寒さに震える朝。


⑪
 階段の途中にあるクヌギっぽい木は今が紅葉の見頃。なんてこった。


⑫
 所変わって若宮八幡宮付近の階段から山岳風景を堪能。丹沢の右側、北方向に連なる山々。


⑬
 そんな山々に寄ってみます。一番高いピラミッドは東京都の最高峰、雲取山? だったらいいなあ。


⑭
 ここからは箱根もよく見えます。左は駒ヶ岳と神山。こうしてみると神山は駒ヶ岳よりかなり高いのですねえ。右の丸い山は明神ヶ岳。ああ、懐かしい。


⑮
 ここから見る富士山と大山はとてもきれいです。富士山の手前は先ほどまでいた弘明寺公園の森。長居をしてずっと眺めたいたいのですが、住宅に挟まれた狭い階段。迷惑にならないように退散です。



* * *


 さて、恐らくこれが今年の歩き納め。ってことで掃除しなきゃね。でも眠いや……


行程:自宅→弘明寺公園→若宮八幡宮→自宅
歩行距離:5.40km 歩行時間:1時間37分
交通費:0円
f0379138_09333761.jpg

by akrk0911 | 2018-12-29 10:30 | 横浜市の旅 | Comments(2)
Merry Christmas 2018

2018.12.24.mon



























Merry Christmas 2018


















* * *
f0379138_05121631.jpg

by akrk0911 | 2018-12-24 07:00 | ごあいさつ | Comments(0)
ちょっと寄り道・TOWERS Milight 2018

2018.12.21.fri


 今回は仕事で大さん橋へ。もちろん仕事が終わったら大さん橋を楽しむぞ! とやって来ました。



番外・神奈川徒歩々旅
ちょっと寄り道
TOWERS Milight 2018





①
 仕事前に取りあえず象の鼻防波堤からパチり。大さん橋には19時出航予定のぱしふぃっくびいなすが停泊中。


②
 なんだかみなとみらいの灯りがスゴいぞ。もしかして全館点灯か? カメラの設定を何かの拍子にいじってしまったようで変な色。


③
 仕事を済ませ「くじらのせなか」へ。カメラマンがいつも以上に多いぞ。これはやはり全館点灯だ。カメラの設定は直しましたよ。


④
 全館点灯とは、みなとみらいの全オフィスの灯りを点灯する冬の風物詩。今年は複数の学校も参加しているそうです。


⑤
 TOWERS Milight 2018。「タワーズ・ミライト」と題された光の祭典。でも、私のカメラではどうにもこうにも。100均三脚でがんばって大さん橋の金網柵に固定して、10秒前後シャッターを開いたんですが。


⑥
 なんかいつもより暗いような気がする。いつもの場所じゃないからかなあ。というより時間が遅すぎました。雲があれば少しは彩りが加わるのでしょうが。


⑦
 いつもの場所はぱしふぃっくびいなすが停泊中なのでみなとみらいが見えません(多分)。


⑧
 ぱしふぃっくびいなすの出航が迫ります。


⑨
 ポキッとやって光る例のヤツを振りながらお見送り。クリスマス・ソングや、♪ダイアナのバンド演奏とともにぱしふぃっくびいなすは進んでいきます。ロックンロールの演奏に乗ってあっという間に通りすぎます。


⑩
 大さん橋の赤レンガ側、陸地寄りの撮影スポット。足元にカメラの絵が描かれている場所から。
 大さん橋の先っぽより根元の方がだいぶみなとみらいに近いのです。さらにクイーンズタワーが密集して光量が増すような感じです。


⑪
 先ほどは変な色だったので象の鼻防波堤からリベンジ。う~ん、左側の工事中のビルが無粋だなあ。今年2月の写真と見比べても……。 どれかが横浜新市庁舎ですよねえ。ランドマークを中心にした景観条例とかなかったっけ?



* * *


 まさかの全館点灯でした。でも、やっぱり普段のみなとみらいの方がいいや。作られた景観って面白みに欠けます。これだけ灯りがつくと、暗いところとのコントラストがキツすぎます。
 軽薄なみなとみらいでした。自然な都市景観の機能美がいいんですよ。


行程:関内駅→大さん橋→関内駅
f0379138_21353524.jpg

by akrk0911 | 2018-12-22 07:00 | ちょっと寄り道 | Comments(4)
ヨコハマ散歩・師走の夕暮れ #3

2018.12.15.sat




 大さん橋をあとに帰途につきました。伊勢佐木町で買い物をしようと足を延ばします。暗くなってからの伊勢佐木町なんて久しぶりなのでウキウキしました。

第183回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
師走の夕暮れ #3





①
 今秋は日本大通りのイチョウも見に来ませんでした。精彩を欠くのと県庁がこんな感じですからね。なんだかこの日は工事中の建物をよく撮りますねえ。偶然なのですが。


②
 またまたらしくない写真を。クルマとか写しこんで日本大通り感を出すべきでした。


③
 イルミネーションを見るにはまだ早く。後ろは先日来、日本中の耳目を集めている横浜地裁。


④
 黄色い日本大通りは終わってしまいましたが、これからの冬枯れの日本大通りもいいものです。歴史的建造物に冬枯れのイチョウの影がベストマッチなのです。


⑤
 スタジアムも工事中。空に見える月も欠けているので工事中でしょうか。


⑥
 こちら横浜支庁ももうすぐ足場が組まれブルーシートで覆われるのでしょう。


⑦
 写真の方向は地下鉄の関内駅方面。国道16号に合流します。


⑧
 さて、伊勢佐木町です。有隣堂で地形図を購入しました。こちらは1丁目~2丁目のイルミネーションです。


⑨
 オデヲンの交差点を過ぎると3丁目と4丁目。イルミネーションも変わります。空がきれいです。


⑩
 5丁目はシンプルなイルミネーション。


⑪
 6丁目はイルミネーションなし。潔し!


⑫
 この先7丁目があり、自宅まで歩いてもいいのですが、そろそろ晩酌をしなくてはならないので(?)右折して黄金町駅から電車に乗りました。



* * *


 夜景やイルミネーションは見る機会があまりないのです。暗くなると一杯始める時間なので……。たまにはいいものですね。


行程:→日本大通り→横浜公園→伊勢佐木町→黄金町駅
歩行距離:9.53km 歩行時間:2時間34分
交通費:349円
f0379138_07474292.jpg

by akrk0911 | 2018-12-20 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
ヨコハマ散歩・師走の夕暮れ #2

2018.12.15.sat



 静かなヨコハマから賑やかなヨコハマへ。師走の土曜日、赤レンガパークや大さん橋は大賑わいなのでした。


第183回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
師走の夕暮れ #2





①
 今年もクリスマスマーケットを開催中の赤レンガパーク。昨年も一昨年も来ました。通り過ぎるだけでしたが。


②
 黒鼻のトナカイですねえ。


③
 なんだか大きな構造物が。


④
 イルミネーションですか。昼間は邪魔ですねえ、と言っても仕方ないか。


⑤
 夕日を浴びた赤レンガ倉庫は一日で一番きれいだと思うのですが、どうでしょう。


⑥
 シャッターのタイミングが少し早かった。サンタクロースが日影でしたねえ。あと少しで影から出るのに。
 電車やソリなどの動くものの撮影は難しいです。あ、これ動いてないや。


⑦
 らしくない写真を撮ってみたりして。


⑧
 大さん橋には「にっぽん丸」。一番いい光線具合でした。


⑨
 大さん橋のスロープで撮る船は、いつもはいい写真にならないのですが、今回はとてもいい時間帯でした。


⑩
 大さん橋にやって来ました。


⑪
 今回は「くじらのおなか」からの景色を。あまり見慣れていないので新鮮に感じます。


⑫
 そっか、暑い日や寒い日はここで船の入出航を待てばいいのか。
 おなかの中は17時出航のにっぽん丸の乗船手続きで賑わっていました。



* * *


 なぜか毎年訪れてしまうクリスマスマーケット。オレなんかには無縁だぜ! って感じなのですがね。
 さて、帰りましょう。帰途もまた、あまり見ないヨコハマなのです。


行程:→赤レンガパーク→象の鼻パーク→大さん橋→〈つづく〉
f0379138_02484904.jpg

by akrk0911 | 2018-12-19 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・師走の夕暮れ #1

2018.12.15.sat



 なんとなく気ままに散歩。ゆるゆると夕暮れのヨコハマを、とりとめもなく。



第183回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
師走の夕暮れ #1





①
 横浜駅きた東口からポートサイド公園へ。師走とは無縁の、先生も昼寝するようなのんびりとした午後でした。


②
 みなとみらい大橋で神奈川区から西区へ。


③
 この際(どの際?)シーマの復活を望みます。買わないけど。


④
 臨港パークの前(臨港パークの前は海か。じゃあ臨港パークの裏)で工事が始まったのはいつでしたかねえ。空き地だらけのみなとみらいが好きでした、って言えば横浜市は顔をしかめるのでしょうが。


⑤
 20万トンクラスの船かと思いました。このビルスゴいデザインです。このままの形でフィニッシュしたら、まあ、新参者のコイツを認めてやらなくもない。


⑥
 なんだかカッコいいぞ!


⑦
 そんな建設現場の前の入口を入った臨港パークから見る海とベイブリッジが大好きです。


⑧
 海を見ていた午後──
 風はあるのですが穏やかです。


⑨
 ところ変わって新港パーク。


⑩
 こちらも工事中。新港ふ頭は旅客を取り扱うのでしょうか。でも最近の大型船は入れませんからねえ、ベイブリッジくん。


⑪
 防災基地には北海道大学水産学部の付属船「おしょろ丸」。1年前は大さん橋にいました。



* * *


 キリッとした空気の中にほんのりと赤い西日が差す好天。臨港パーク、新港パークはいつも通り静かでした。散歩は賑やかエリアへつづきます。


行程:横浜駅→ポートサイド公園→みなとみらい大橋→臨港パーク→新港パーク→〈つづく〉
f0379138_21205938.jpg

by akrk0911 | 2018-12-18 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
そば食い日誌・箱根そば 湘南台店

2018.12.01.sat




 小田急、相鉄、横浜市営地下鉄が乗り入れる一大ターミナル湘南台駅。コンコースのメインストリートではありませんが、数軒の飲食店が軒を連ねる場所にあります。


番外・神奈川徒歩々旅
そば食い日誌・34杯目
箱根そば 湘南台店





 あっという間にできあがりました。茹で置き確定なのでした。茹で置き=ダメとは思っていない私です。でも、状態はあまりよくなかったかな。
 つゆは完全にワカメに支配された様子。かき揚げの油、薬味の風味が加わってもパンチは生まれませんでした。ワカメはわかめそば以外に入れないでほしいなあ。ワカメが入っていても大概の場合は許容内なのですが……



■ ■ ■ ■ ■


 湘南台店は何度か利用していますが毎度同じ感想になります。ああ、珍しく辛口になっちゃったりして。ハコネソバノコトがスキダカラと古いCMを真似てみたりして。
すべて個人の感想です。


所在地:藤沢市湘南台2丁目 湘南台駅地下コンコース
かき揚げ天そば:390円
f0379138_22320316.jpg

by akrk0911 | 2018-12-16 07:00 | そば食い日誌 | Comments(1)
スーパー探訪記・京急ストア 磯子岡村店

2018.11.26.mon



 京急ストア、ローカルですよね? 東京都に4店舗、県内では京急沿線に多数の店舗を展開しています。京急沿線といっても磯子岡村店は京急の駅からはかなり遠いですね。
 以前紹介しましたファミリー丸岡とは交差点を挟んで隣の位置関係。うまく使い分けたい両店です。



番外・神奈川徒歩々旅
ローカルスーパー探訪記 #9
京急ストア 磯子岡村店





①
 「コク旨手揉みから揚げ」です。手揉みを猛プッシュの商品です。本当にコク旨なのでしょうか?


②
 価格に対する量はまあまあか、やや少でしょうか。
 パリッとした鶏皮部分が香ばしい。そしてショウガの味と香りがします。しっかりと手揉みしてくれたのですねえ。おいしかったです。



* * *


 この磯子岡村店、以前は別のスーパーでしたが、なんだったかなあ? 何度も買い物をしたのに忘れましたよ。毎日歩く道でも、「あれ、このコインパーキング、以前はなんだったかなあ?」なんてことがよくあります。
 さて、このあと晩秋の久良岐公園へ行きました。おにぎりも買ったのですが、それは写真も撮らずに公園で食べちゃいました。


所在地:横浜市磯子区岡村5丁目 上大岡駅よりバス・笹堀バス停前
コク旨手揉みから揚げ:254円(税込)
f0379138_09115821.jpg

by akrk0911 | 2018-12-15 07:00 | ローカルスーパー探訪記 | Comments(0)
東海道中膝車輌[第4日]藤沢宿~大磯宿 みやげ話

2018.12.01.sat



 名物にうまいものあり。1907年創業の御菓子司(おんかしつかさ)で甘いものを購入しました。


第182回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第4日]
藤沢宿~大磯宿 みやげ話





①
 馬入橋のたもと、寸髷塚のそばで営業する「御菓子司 弘栄堂」。中に入ってみて手も足もでない価格帯だったらどうしよう……、と3秒ほど悩んでから入店しました。


②
 実はこの「力餅」、買うつもりのなかったものです。店の入り口に看板があったことと意外にリーズナブルだったので購入しました。


③
④
 一口サイズのプルんプルんの餅。添付の黒蜜ときな粉をかけていただきます。


⑤
 おいしいですよ。トローんと溶ける食感がたまりません。
 黒蜜ときな粉は半量ほどしか使いませんでした。餅自体がほんのりと甘くいい感じでした。一つくらい黒蜜ときな粉をかけずに食べるべきでした。


⑥
 平塚銘菓と銘打った「ちょんまげ最中」。寸髷塚とこれはセットだよなと旅の計画段階で購入を予定しました。


⑦
 すぐそばにある寸髷塚にちなんだ商品ですが、その史実とはかけ離れたかわいらしいデザイン。パッケージのみならず最中そのものもかわいらしいのです。


⑧
 餡は2種類あります。こちらは白あん。


⑨
 そしてつぶあん。こちらには栗も入っていました。


⑩
 口にすると甘すぎないネットりとした餡は、サクサクの最中の皮をしっとりと巻き込み一体感を生み出すのでした。


⑪
 さらに大磯駅前のみやげ物店、「地場屋 ほっこり」でお酒を購入しました。


⑫
 生貯蔵酒の「宿場の酒」。ラベルには広重が描いた「虎ヶ雨」が印刷されています。「地場屋」で大磯宿を象徴するラベルを目にしたら買わずにはいられません。
 でも、秦野市で造られたお酒でした……。味は、キリッとした普通のお酒でした。



* * *


 久しぶりに旅先でみやげを購入しました。帰ってからも楽しめるのはいいですね。でも、いつも疲れきってみやげを買う気力もない日も多く……


力餅:370円
ちょんまげ最中:160円×2
宿場の酒:494円
f0379138_07460111.jpg

by akrk0911 | 2018-12-13 07:00 | みやげ話 | Comments(2)