歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
神奈川一周の旅[第10日]~その4~
f0379138_05350717.jpg


 中井町役場にたどり着きましたが土曜日(正面の玄関)は開いていませんでした。
 休むまもなく塔ノ岳に見守られながら出発しました。

〈第111回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第10日]~その4~
◇2018年1月27日(土)


f0379138_05354805.jpg

 役場のとなりはこんな感じ。広々とした空間がなんとも贅沢。
 コンビニを期待したのですが……


f0379138_05360635.jpg

 ありませんね。
 役場前を左(県道709号)へ行き万年橋を右折、最初の二股を左へ。


f0379138_05362015.jpg

 こんなところにあるのかなあ? と不安になる寂しい道でしたがありました。
 「雑色下庭道祖神」、中井町指定重要文化財です。うっかり見過ごしそうでしたが、文化財を示す標柱が建てられていました。中井町の文化財に対する姿勢が伝わります。


f0379138_05363415.jpg

 県道77号に合流しすぐに左折、雑色自治会館に立つ大きな木、「槐(エンジュ)」は県指定天然記念物です。

 
f0379138_05364778.jpg

 傷だらけでなんとも痛々しい姿でした。


f0379138_05370014.jpg

 県道77号に戻るとまた道祖神が。雑色上庭道祖神です。先ほどの道祖神より立派で保存状態もいいのですが、文化財指定はありません。


f0379138_05371542.jpg

 文化財を巡っていたので歩けませんでしたが、中村川沿いにきれいな散歩道がありました。ここも散策に便利な道標が立っていました。


f0379138_05373279.jpg

 今度はその中村川沿いの道を。


f0379138_05374522.jpg

 大泉寺でお詣りし川沿いを進むと「鴨沢中庭道祖神」があります。中井町指定重要文化財です。


f0379138_05375749.jpg

 さて、大井町に向けて峠道を進みます。赤い東名高速が見えてきました。


f0379138_05380915.jpg

 大迫力です。


f0379138_05382101.jpg

 東名高速をくぐると大井町でした。


 ◇◇◇


 中井町は文化財を大切にしているのだなあと感じました。そして明るい町でした。山間の暗い感じをイメージしていましたがとてもいい町でした。
 町境を越えて大井町へ。長い道のりでした。


◇行程 →万年橋→雑色下庭道祖神→雑色自治会館→雑色上庭道祖神→鴨沢中庭道祖神→町境→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-31 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第10日]~その3~
f0379138_18203297.jpg


 大通り(決して大きな通りではないけれど)からそれて細い道へ。最高なんです、これが。

〈第111回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第10日]~その3~
◇2018年1月27日(土)


f0379138_18205200.jpg

 ここまで富士山はずっと恥ずかしがり屋。


f0379138_18211450.jpg

 手前の畑は焼け焦げています。ここも数日前はもうもうと煙っていたのでしょう。


f0379138_18213196.jpg

 ああ、たまらない。


f0379138_18214960.jpg

 「こゆるぎの丘健康はいくコース」として整備されているようです。
 コース中には所々に句碑があり、俳句ポストのようなものもありました。「はいくコース」の「はいく」はハイクと俳句をかけているのですね。


f0379138_18220207.jpg

 ふれあい境休憩所で小休止。トイレや休憩スペースがあります。富士山や箱根が見えました。


f0379138_18222618.jpg

 鬱蒼とした山間の林道のような道だと予想していたのですが、底抜けに明るい尾根の農道風の道でした。


f0379138_18224260.jpg

 富士山が大きくなってきました。富士山の左には矢倉岳、左端には金時山。


f0379138_18230283.jpg

 こんな道にはうっとりとしてしまいます。冬枯れの木々の向こうの青空もナイスです。


f0379138_18232001.jpg

 振り返れば丹沢。気分は最高。


f0379138_18233322.jpg

 一気に高度を下げると中井中央公園。先日訪れた横浜市の舞岡公園のような森林公園だと思っていたのですが、運動公園のようでした。


f0379138_18234523.jpg

 ほどなく中井町役場に到着です。


 ◇◇◇


 選択したコースは大正解でした。満点のコースでした。ただ、予定より時間がかかりすぎ。立ち止まる回数、時間がいつになく多く長いのです。

 白き峰眺め
 進まぬ歩き旅

 一句捻ったあとは、中井町の文化財を巡りながら大井町を目指します。


◇行程 →椿森→ふれあい境休憩所→中井中央公園→◎中井町役場→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-30 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第10日]~その2~
f0379138_08331644.jpg


 旅はあまり知られていないであろう湖へ。県民でも知らない人の方が多いでしょう。
 そして、スゴい景色はまだまだつづきます。

〈第111回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第10日]~その2~
◇2018年1月27日(土)



f0379138_08340548.jpg

 息を切らせて急な坂を上ったのに一気に高度を下げました。ここは「震生湖」。
 1923年9月1日。この日起きた「関東地震」は関東地方に甚大な被害を及ぼしました。この地震による災害を「関東大震災」と呼ぶわけですが、こんな副産物も生んだのです。
 地震により渋沢丘陵の一部が崩落し、川をせき止めこの湖が生まれました。


f0379138_08343017.jpg

 神奈川県では数少ない天然の湖の一つです。


f0379138_08344516.jpg

 一部凍っていました。釣り客が釣糸を垂れ、たくさんのハイカーが湖畔を散策していました。


f0379138_08350186.jpg

 湖をほぼ一周したら下った分を上らなければなりません。久々の登山気分です。


f0379138_08351483.jpg

 中井町へ向かいます(震生湖畔を歩いているときに一時中井町を歩いていたことは内緒です)。


f0379138_08354219.jpg

 市町境には何もありませんでしたがここは既に中井町。
 真っ先に目に飛び込んできたのは相模湾と大島! これは感動的でした。中井町のクルマが湘南ナンバーであることを、ようやく許可することにしましたw


f0379138_08355727.jpg

 大島だけではありません。これまた湘南ナンバーの箱根連山。


f0379138_08361439.jpg

 大涌谷(?)のけむりが見えます。


f0379138_08362776.jpg

 富士山もチラリ。


f0379138_08364155.jpg

 スゴい眺望です。とても明るい柑橘類の果樹園から飽きることなく景色を楽しみました。


f0379138_08370539.jpg

 畑を焼く煙がスゴい。秦野駅へ向かう小田急の車窓に見える畑でもあちらこちらで野焼き(?)が行われていました。


f0379138_08372080.jpg

 また塔ノ岳が現れました。カッコいい山です。
震生湖は関東地震で生まれましたが、塔ノ岳はその名の由来である山頂の「塔」、尊仏岩を余震で失いました。


f0379138_08373446.jpg

 震生湖から歩いてきた道をそのまま進んでも中井町役場へ向かいますが、境コミュニティセンターがある交差点を右折しました。
 富士山をまたまたチラリと望みながら東名高速を一跨ぎ。この陸橋、メチャクチャ高くて怖かったです。


 ◇◇◇


 クルマ通りの多い道から外れどうなることでしょうか。少し不安ですが脇道を進みます。


◇行程 →震生湖→市町境→境コミュニティセンター→〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-29 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
そば食い日誌・箱根そば 秦野店
f0379138_14422642.jpg


 秦野駅北口、デッキに出てすぐ階段を下りるとあるのですが、秦野駅初心者にはわかりにくい場所。人通りもそれほど多くなく入りやすい環境。


◇そば食い日誌 ~20杯目~
 箱根そば 秦野店
◇秦野駅 北口 小田急マルシェ秦野 1F
◇秦野市大秦町1丁目
◇かき揚げ天そば ◇390円
◇2018年1月27日(土)

 茹で置きの麺なのですぐに出てきます。かなり白い麺でした。ほんの少し柔らかいかなあ。私の二人後のお客さんが茹でたてでした。
 愛甲石田店で感じた鼻を抜ける酸味が感じられませんでした。かき揚げはおいしいのですが、つゆに勝っています。
 さらにワカメが入るとワカメがすべてに勝ってしまうので残念です。

by akrk0911 | 2018-01-28 15:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
神奈川一周の旅[第10日]~その1~
f0379138_23013887.jpg


 神奈川一周の旅も10日目。旅のはじまりは秦野駅南口。今回は全編初めての道。歩いたことのある道は皆無です。
 秦野市から足柄上郡をのらりくらりと歩く旅。最初に言っちゃいます。最高の旅でした。

〈第111回〉神奈川徒歩々旅
◇神奈川一周の旅[第10日]~その1~
◇2018年1月27日(土)


f0379138_02031906.jpg

 秦野駅からの開放的な道。振り返ると駅。中井町方面を目指します。


f0379138_02035194.jpg

 真っ白な塔ノ岳が今回の旅のお供です。


f0379138_02044729.jpg

 まず訪れたのは太岳院。「木造十一面観音菩薩立像」は秦野市指定重要文化財。
 うっかり山門や本堂の撮影を忘れました。


f0379138_02051163.jpg

 こちらは太岳院のすぐそばにある八坂神社。「大ムク」は秦野市指定天然記念物。立派です。なのですが。


f0379138_02052633.jpg

 こんな感じです。なんとも寂しい。


f0379138_02054955.jpg

 太岳院、八坂神社のそばには今泉名水桜公園があります。
 奥に見える屋根は太岳院の鐘楼、その奥が本堂です。とてもモダンな本堂でした。


f0379138_02061129.jpg

 「秦野盆地湧水群」は名水百選。きれいな水です。真ん中に富士山が写っているのですが、わかりませんよね。


f0379138_02071490.jpg

 右の大山から塔ノ岳の山並みが美しすぎて歩みが進みません。

 
f0379138_02073241.jpg

 秦野市立南小学校の「桜」は秦野市指定天然記念物。「秦野市南小学校のソメイヨシノ」としてかながわの名木100選に数えられています。
 ソメイヨシノだったのかあ。校庭の真ん中に立っています。以前テレビで見たことあるような気がします。
 花の季節に訪れたいです。
 南小学校には秦野市指定重要文化財の「弥生式土器」があるのですが、説明板も見当たりませんでした。


f0379138_02083225.jpg

 中井町に向けて山越えです。丹沢がたまりません。


f0379138_02140951.jpg

 週のはじめに降った雪が、景色をより美しくしていました。


f0379138_02085336.jpg

 急な坂をあえぎながら上りこんなところへ。


 ◇◇◇


 景色がスゴすぎて計画よりだいぶ遅いペース。どうなることでしょうか。
 ますますスゴさを増す景色に興奮はマックス状態になります。


◇行程 秦野駅→太岳院→八坂神社→今泉名水桜公園→南小学校→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-28 07:00 | 神奈川一周の旅 | Comments(0)
舞岡公園と港南台周辺の旅 ~その2~
f0379138_16461245.jpg


 日も暮れそうなので本郷ふじやま公園はあきらめました。なんで勢いで舞岡公園へ行ったのだろう?
 バス1本で帰れるように港南台駅を目指します。おお、遠くに港南台のランドマーク、高島屋が見える。

〈第109回〉神奈川徒歩々旅
◇舞岡公園と港南台周辺の旅 ~その2~
◇2018年1月21日(日)


f0379138_16474195.jpg

 西陽を背に環状3号を港南台方面へ。


f0379138_16480147.jpg

 鎌倉街道と交差します。このまま鎌倉街道を歩いて帰るのもいいのですが、遠すぎる。


f0379138_16482422.jpg

 こちらは港南台西公園。送電線の交差点ですか? 港南台駅はもうすぐですが、何ものかに引かれました。なんだろう、送電線の鉄塔辺りが気になり近づいてみました。


f0379138_16490385.jpg

 鉄塔が立つ丘に上がれるかなあと思いましたがダメでした。では港南台駅へ急ぎますか、と思ったところ何やら説明板が。「榎戸第2遺跡(港南台遺跡群)」だそうです。
 港南台の土地区画整理の際、ここを含む7ヶ所で発掘調査され、縄文中期、弥生後期、古墳時代後期の住居や多数の土器、石器が発掘されたそうです。
 なんとなくそんな気がしたんです。遺跡でしたか。


f0379138_16484414.jpg

 駅からは遠くなりますが遺跡の周りを少し歩きました。太古の昔より人が暮らしていたのですねえ。


f0379138_16491931.jpg

 別角度から遺跡辺りを眺めて満足し、目を転じると学校がありました。「県立明朋(旧港南台)高校」。
 「なんかこの名前知ってるぞ、なんだっけ?」
 そうです、ここには横浜市の地域史跡に登録されている「松ヶ崎横穴墓群」があるのです。なかなか来られなかったここへ偶然たどり着いてしまいました。


f0379138_16494924.jpg

 でも、史跡がどこにあるのかわかりません。とりあえず学校の敷地の周囲をぐるりと歩いてみることにしました。


f0379138_16501717.jpg

 どうにもわかりません。ついには近隣住民以外がウロウロするには不向きな雰囲気の住宅地へ。
 帰ろうかなあと思った刹那、目に飛び込んできた横穴墓。


f0379138_16504117.jpg

 ありました。


f0379138_16510871.jpg

 もう一つありました。もし学校の敷地でなければ、もうなくなっていたかもしれません。


f0379138_16513395.jpg

 同じ道を引き返しました。横穴墓群へ向かうときに気になった公園へ寄ってみました。
 「元大橋公園」です。「元」が名称に付くとなんとなく曰く付きなんじゃないかと思ってしまうのです。
 果たして何やらありました。「相武国境」の標柱でした。相模国と武蔵国の境です。今までいくつか出くわしましたが、都度感動します。


f0379138_16515259.jpg

 そう言えばその近くにはこんなものが。港南区と栄区の境です。港南区は武蔵国、栄区は相模国ということでしょうか。
 「栄区」のカントリーサインの下に写る信号は、先ほどの国境の標柱がある元大橋公園の前の交差点です。


f0379138_16523099.jpg

 港南台駅へ。電線がないと気持ちがいいです。


f0379138_16525147.jpg

 20年ぶりくらいの港南台。変わってないんだろうなあ。


f0379138_16531592.jpg

 駅を見るのは初めてかも。20年前はいつもクルマで来てましたからねえ。


 ◇◇◇


 元々行きたかったところへは行けずでしたが、前々から行きたかった史跡や、偶然出くわした遺跡や国境に大満足の旅でした。
 さて、港南台駅からバスで帰るのですが、バスは上大岡までしか行かないじゃん……。上大岡からは地下鉄を使うのもしゃくなので、またトボトボと歩きました。徒歩々。


◇行程 →環状3号→港南台西公園→松ヶ崎横穴墓群→元大橋公園→港南台駅
◇10.27km ◇2時間57分
◇旅費 453円(交通費)

by akrk0911 | 2018-01-25 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(1)
舞岡公園と港南台周辺の旅 ~その1~
f0379138_15250402.jpg


 この前日、なんとなくこの辺りを歩こうと考えていたのですが、あまり天気がよくなかったのでやめたのでした。
 明けてこの日、所用で訪れた上永谷からなんとなく歩き始めたのです。

〈第109回〉神奈川徒歩々旅
◇舞岡公園と港南台周辺の旅 ~その1~
◇2018年1月21日(日)


f0379138_15253079.jpg

 上永谷駅前のイトーヨーカドー。7 & i のカラーが見られません。古きよきイトーヨーカドーって感じです。


f0379138_15255525.jpg

 ひとまず日限山方面へ。昨年(2017年)3月の「港南区、日野・上永谷周辺の旅」で歩いた道を逆に辿り、日限山地蔵前交差点を本郷台駅方面へ向かいました。


f0379138_15263626.jpg

 と言ってもピンときませんよね。要は上永谷駅からああだこうだ歩いて「舞岡公園」に到着しました。


f0379138_15270565.jpg

 公園というか、山ですな。


f0379138_15274476.jpg

 クマでも出るのではないかと思いました、大袈裟ですが。


f0379138_15280326.jpg

 こちらは「さくらなみ池」。鳥を狙うカメラマンがたくさんいました。


f0379138_15282541.jpg

 舞岡公園には水田もあります。一旦水田と別れて丘へ。


f0379138_15285819.jpg

 「ばらの丸の丘」と名付けられた丘。「丸」という字が使われているので城跡なのかと思いましたが違いますよね。


f0379138_15293192.jpg

 また丘をくだり水田へ。


f0379138_15294904.jpg

 もう普通の公園ではありません。


f0379138_15301476.jpg

 なんとなく訪れるにはあまりにも広すぎるのです。また今度ゆっくり来たいです。
 前日に訪れようとしていたのは実はここではないので先を急ぎます。


f0379138_15303699.jpg

 地図で見ると行こうと思っていたところはけっこう遠いのです。すっかり日も傾いてきました。環状3号方面へ急ぎます。


f0379138_16302674.jpg

 舞岡公園の隣、小菅ヶ谷北公園は駆け足で。


f0379138_16314251.jpg

 途中でいい感じの山がありました。山と呼んでいいのかわかりませんが。


f0379138_16322742.jpg

 環状3号に合流しました。ウメかなと思いましたがボケかな?


 ◇◇◇


  24時間後はスゴい雪なのですが、のほほんとした風景でした。
 私が行きたかったのは「本郷ふじやま公園」です。梅林があるのと「ふじやま」と名乗るだけに富士山が見えるのではないかと期待してです。
 でも、もう日が暮れますねえ。とりあえず旅はつづきます。


◇行程 上永谷駅前→上永谷駅→舞岡公園→小菅ヶ谷北公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2018-01-24 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
雪の称名寺
f0379138_18022922.jpg


 横浜南部はもっと遅い時間から雪になるような予報でしたが、昼過ぎには本降りの雪になりました。
 というわけで金沢文庫でこの日の仕事を終えた私は、いそいそと称名寺へ馳せ参じたのです。

〈第110回〉神奈川徒歩々旅
◇雪の称名寺
◇2018年1月22日(月)


f0379138_18025281.jpg

 赤門越しの桜並木が雪化粧。きれいです。


f0379138_18040969.jpg

 横浜市指定有形文化財の「称名寺塔頭光明院表門」。いつも逆光の時間帯ばかり訪れていたためか気づきませんでしたが、茅葺きだったのですねえ。


f0379138_18043419.jpg

 渋い色合いの仁王門に雪が映えます。


f0379138_18053031.jpg

 反橋。恐々渡ってみました。


f0379138_18054438.jpg

 平橋。キュッキュッと雪を踏みしめました。


f0379138_18061710.jpg

 荘厳な雰囲気。


f0379138_18063779.jpg

 雪が似合います。


f0379138_18065224.jpg

 境内横の草っ原。一面のきれいな雪原を期待したのですが先客がいました。小学生には敵いません。ボコボコの雪原でした。


f0379138_18072347.jpg

 境内に戻りました。


f0379138_18074258.jpg

 これが金沢四石の一つ「美女石」でしょうか? 私には美女に見えます。


f0379138_18080891.jpg

 阿字ヶ池と金堂の組み合わせは抜群。


f0379138_18083172.jpg

 反橋と平橋。


f0379138_18051446.jpg

 どこの平泉でしょうか。いえいえ横浜です。


f0379138_18045935.jpg

 来てよかったです。


f0379138_18085886.jpg

 国道16号の金沢文庫駅前です。みなさん事故のないようお気をつけください。


 ◇◇◇


 称名寺から金沢文庫駅までの下り坂で、私の横を走っているクルマの前輪がロックして後輪が少し横滑りしました。ヒヤッとしました。
 雪の称名寺はメチャクチャきれいでした。非日常の空間がそこにはありました。


◇行程 金沢文庫駅→称名寺→金沢文庫駅
◇3.35km ◇48分 ◇旅費 0円

by akrk0911 | 2018-01-22 18:50 | 横浜市の旅 | Comments(0)
そば食い日誌・上永谷そば
f0379138_19480542.jpg

 
 雪予報の週明けに備える買い物を上永谷でしました。なぜ上永谷なのかはさておき、改札を出て「あるか、ないのか」とドキドキしながらこのそば屋を確認しました。
 「あったー!」
 15年ぶりくらいの訪問です。


◇そば食い日誌 ~19杯目~
 *上永谷そば
◇上永谷駅 改札外 ◇横浜市港南区丸山台1丁目
◇天ぷらそば ◇420円
◇2018年1月21日(日)


 横浜市営地下鉄の駅で駅そばがあるのは上永谷だけではないでしょうか。もうなくなっているかもしれないと不安でしたがありました。
 前回の記憶はありません。初訪問と同じ感覚です。
 大きめの丼いっぱいに天ぷらそばが「詰まって」いる感じです。
 太めの茹で麺は、私が知る限りの茹で麺史上最高のもちもち感で、すごくいい感じ。
 先日大船軒でそばを食べているので控えめな感じはしますが、つゆは大船軒路線の甘口。なんとなく似ています。具多めでしっかりとしたかき揚げもナイス。
 「夕食限定」の定食も豊富なメニューで魅力的。ちょい飲みもできます。メチャクチャ狭いんですけどね。

 とてもおいしい一杯でした。

 以前は看板に屋号はありませんでした。ネットの情報でどうやら「プラネ」という店名なのではないかと知ったのですが、今回訪れてみると「上永谷そば」と堂々掲げられていました。
 よく見ると看板の左隅に「PLANE」とありますね。

by akrk0911 | 2018-01-22 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
そば食い日誌・大船軒 大船ホームそば店
f0379138_06441117.jpg


 私にとって大船軒は青春の味。遠い遠い昔の一時期、大船へ通っていたことがありました。

◇そば食い日誌 ~18杯目~
 ** 大船軒 大船ホームそば店
◇大船駅 3・4番線 ◇鎌倉市大船1丁目
◇かき揚げそば ◇400円
◇2018年1月15日(月)


  名店「大船軒」もNREに吸収されてしまいました。嘆き悲しんだものです。
 つゆは相変わらず甘く、「ああ、大船軒に来たのだなあ」と実感できます。麺とかき揚げは恐らくNREのものですよね。私は世間で言われているほど嫌いではありません。
 ただ、寂しいのです。大船駅で「大船軒」の看板を掲げる店舗はここだけになってしまいました。残っただけでもよしとしなければなりませんね

by akrk0911 | 2018-01-21 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)