歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
春夏秋冬 「風」
f0379138_09333398.jpg


 2017年が終わろうとしています。たくさんの旅をしました。たくさん歩きました。色々と見、感じました。
 私にとって末尾「7」の年は節目の年。年齢の末尾が「0」になる年なのです。
 そんな2017年。心に残った風景を「風」をテーマに「春夏秋冬」で振り返ります。

〈年末特集・2017〉神奈川徒歩々旅
◇春夏秋冬 「風」
◇2017年12月31日(日)記


【冬】

 春夏秋冬と言いながら冬からスタート。暦の上では春ですが。これは2月13日「川崎区・川崎大師周辺の旅」でのヒトコマ。
 六郷橋から川崎大師方面へ多摩川の堤を歩きました。乾いた風が乾いたヨシ原をカラカラと、乾いた音を立てて吹き抜けていました。
 この日は快晴でした。多摩川の対岸には東京スカイツリーがスクッと立ち、西に目をやると遠く、真っ白な南アルプスの白峰三山が見えました。

f0379138_17574696.jpg

 枯蘆に吹く風
 白き峰の息

 着ていたマウンテンパーカーにしばらく残った、川崎大師の線香の煙りの匂いと共に、心に残る冬の風景でした。


【春】

 春というか初夏というか……。大型連休の4月30日、「金沢・鎌倉、朝夷奈切通周辺の旅」では両極端の異なる鎌倉を感じました。
 一方の鎌倉は賑わう鎌倉。平日でも人で溢れる鎌倉です。大型連休の賑わいは推して知るべし。
 他方、私の心に残った春の鎌倉は、そんな喧騒とは無縁の静かな静かな風景です。
 人気の報国寺の奥にひっそりと佇む国の登録有形文化財・旧華頂邸。その庭園に吹く風は爽やかでした。

f0379138_07363387.jpg

 若楓
 音なく揺する
 古都の風

 しんと静まり返る庭園。その静けさは葉音をも飲み込み、さらに音なき世界をつくりあげていました。この豊かな静けさを独り占めした数十分を忘れることはないでしょう。
※「若楓」は夏の季語なのですが……。


【夏】

 長年訪れたかった憧れの場所を歩いたのは梅雨前の6月3日、「神奈川一周の旅[第7日]」でした。
 相模川に架かる美しい小倉橋を、鳥の視線で眺めるドキドキ感に心は踊りました。小倉橋の上流に架かる新小倉橋は高く大きく、徒歩旅の私を空高く羽ばたかせてくれたのです。

f0379138_23311507.jpg

 踊る胸
 心ふわりと
 青嵐
 
 新小倉橋を吹き抜ける風はとても強く、寒いくらいでした。体を風に持っていかれそうな強い風の中、夢中でシャッターを切り続けました。
 そういえば超高所恐怖症の私ですが、不思議と恐怖心はありませんでした。それほど心に突き刺さる光景だったのでしょう。今年のハイライト中のハイライトでした。
 そう言えば今年は夏らしい日があまりありませんでした。


【秋】

 横浜市金沢区の称名寺。四季それぞれに魅力のある美しい浄土式庭園が魅力です。
 11月16日、「錦秋? 秋の称名寺の旅」では気まぐれな日差しにヤキモキしました。仕事を終え見上げた空はきれいな青空。夕方の日を浴びた称名寺はさぞ美しかろうと向かったのですが、みるみる空は雲に覆われていきました。
 期待した景色はそこにはなくがっかりしたのでした。でも落胆する私に天は味方してくれました。

f0379138_04381850.jpg
 
 夕の雲
 吹いて飛ばして
 照る紅葉

 雲の隙間から差した日の光が、鮮やかな秋の色を照らしてくれました。ほんの数分でしたが見入りました。私を気の毒に思い、仁王門の仁王様が一息フウッと、雲を散らす風を起こしてくれたのでしょう。


◇◇◇


 英語で「春夏秋冬」はなんて言うのだろう? と調べたことがあります。見つかりませんでした。季節の移ろいを愛で楽しむことに、この国の人は長けているようです。
 一年一年が風のように過ぎていきます。風に吹かれるまま、でも流されないように一日一日を噛み締めながら、次の末尾「7」の年を目指そうと思います。
 2018年はその第一歩。楽しく過ごしたいです。

 たくさんの訪問をいただき感謝しております。励みになります。新年もこのローカル・ブログをお見守りくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 よいお年をお迎えください。

by akrk0911 | 2017-12-31 07:00 | 春夏秋冬 | Comments(0)
そば食い日誌・山善うどん 藤棚店
f0379138_07453070.jpg


 藤棚町交差点で24時間営業する名店。かつては東白楽にも店舗があったのですがそちらは閉店してしまいました。


◇そば食い日誌 ~16杯目~
 *山善うどん 藤棚店
◇藤棚商店街・西横浜駅 ◇横浜市西区中央2丁目
◇天プラそば ◇420円
◇2017年12月23日(土)


 ズバリ言ってしまえば、味云々ではないところの魅力に満ち満ちている店なのです。
 そばは茹で麺。つゆは薄く甘口。かき揚げ(「天プラ」とカタカナなのが珍しい)は自家製で、タマネギ主体ですが赤い干しエビがかなり目立ちます。
 店名は「山善うどん」らしいです。なのでそばでこの店を評価してはいけないのでしょう。
 そば・うどん以外にもどんぶりものやカレー、定食などガッツリお腹いっぱいになるメニューがあります。
 特筆すべきは好接客。年配の女性の言葉づかい、気配りの一つひとつが気持ちいい。
 なくなったら寂しい大事な店なのです。

by akrk0911 | 2017-12-29 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
スーパー探訪・スーパー・マルヤマ 藤棚本店
f0379138_08472295.jpg


 魅力的な店が並ぶ藤棚商店街一帯。そんな商店街には魅力的なスーパーもあります。
 店内は2層に分かれていました。1階は生鮮品や惣菜。地下は麺類や調味料などが置かれ、慣れないと売り場がわからないなあとウロウロしました。それも楽しいのですが。


◇スーパー探訪 ~2店目~
 スーパー・マルヤマ 藤棚本店
◇西横浜駅・戸部駅 ◇横浜市西区中央2丁目
◇2017年12月23日(土)


f0379138_08481576.jpg
「鶏ももから揚」176円。

f0379138_08485978.jpg
「メンチカツ」143円、「カレーコロッケ」50円、「ハムカツ」130円。

f0379138_08502616.jpg
 皿が小さすぎ。手前左から「カレーコロッケ」はうれしい一品。最近あまり見ません。「メンチカツ」は肉がギッシリといった感じ。これはうまい。後列左は「鶏ももから揚」。脂がちょっと多いかなあ。最後に「ハムカツ」。こちらも近所のスーパーでは全然見ません。厚めでソフトなタイプのハムでした。


◇◇◇


 揚げ物以外の惣菜も充実していました。
 昼過ぎでしたがレジに列ができる盛況。近所にほしいスーパーです。

※「魅惑のローカルスーパー」というタイトルで以前投稿しましたが、長すぎると思い「スーパー探訪」に変更しました。

by akrk0911 | 2017-12-28 07:00 | ローカルスーパー探訪記 | Comments(0)
藤棚商店街と周辺の旅
f0379138_08061831.jpg


 道路が藤色に塗装されているのは藤棚商店街。厳密に言えば「藤棚地区商店街連合」に属する複数の商店街の集まりです。

〈第105回〉神奈川徒歩々旅
◇藤棚商店街と周辺の旅
◇2017年12月23日(土)


f0379138_08073559.jpg
保土ヶ谷橋から国道1号を横浜方面へ。

 「箱根駅伝のため交通規制」の横断幕が年末感を醸しています。数日後、ここを選手が駆け抜けるのです。

f0379138_08075401.jpg
目的地は西区に入るとすぐです。

f0379138_08081115.jpg
グリーンロード藤棚の門。ここから長い商店街がはじまります。

f0379138_08195676.jpg
最初は「ニコニコ商店街」。

f0379138_08083300.jpg
信号もない小さな交差点を越えるといつの間にやら「サンモール西横浜」。みなとみらいは結構近いのです。

f0379138_08085225.jpg
そして「藤棚商店街」。次々と商店街の名前が変わりますが、すべて途切れずにつながっています。

f0379138_08091478.jpg
大きな通りを越えると「ふじだな1番街」。

f0379138_08093610.jpg
おしまいは「西区役所通り中央商店街」。1.5kmくらいでしょうか。なかなかいい商店街です。

f0379138_08111049.jpg
大通りで一連の商店街は終わりますが、道なりに進み、京急のガードをくぐると、

f0379138_08112820.jpg
紅梅通商店会。

f0379138_08114593.jpg
新横浜通りに突き当たると今度こそようやく商店街が終わります。

f0379138_08120436.jpg
桜木町駅はもうすぐそこです。


◇◇◇


 長い長い商店街。連続しているのですが、各商店街はそれぞれ個性があるように感じました。
 いつも通りすぎるだけなので、今度は下調べをして名物のようなものを手に取ってみたいと思います。


◇行程 自宅→保土ヶ谷橋→保土ヶ谷駅前→ニコニコ商店街→サンモール西横浜→藤棚商店街→ふじだな1番街→西区役所通り中央商店街→紅梅通商店会→桜木町駅→自宅
◇13.48km ◇3時間17分
◇旅費 420円(飲食代)

by akrk0911 | 2017-12-27 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(1)
そば食い日誌・川村屋
f0379138_07422154.jpg


 桜木町駅で大資本に取り込まれず奮闘する名店「川村屋」。首都圏のJRの駅では絶滅危惧種の非NRE店。少し場所が変わりましたが健在です。


◇そば食い日誌 ~15杯目~
 川村屋
◇桜木町駅前 ◇横浜市中区桜木町1丁目
◇天ぷらそば ◇370円
◇2017年12月18日(月)


 化学調味料不使用のつゆは鰹が香る絶品。ネット上では必ずしも好評ではありませんが私は大好きです。
 以前と比べると麺とかき揚げがだいぶよくなっていたような気がしました。かき揚げは甲殻類の香ばしさとカリカリとした食感が最後まで楽しめました。
 ご覧のように外にテーブルがあります。店内がいっぱいならこちらでということです。

※画像をうっかり消去してしまったので、12月23日に撮影し直しました。

by akrk0911 | 2017-12-26 07:00 | そば食い日誌 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その3~
f0379138_18112923.jpg


 山手はクリスマスが似合う街。絵本の中のよう。
 山手では「横浜山手西洋館  世界のクリスマス2017」を開催中です。各国のクリスマス飾りを楽しめます。

〈第104回〉神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その3~
◇2017年12月18日(月)


f0379138_18115117.jpg
横浜市イギリス館ではやはりイギリスのクリスマス飾り。

f0379138_18120575.jpg
山手111番館はフランス。

f0379138_18121738.jpg
港の見える丘公園と外国人墓地の間にあるゲーテ座。クリスマスムード満点です。

f0379138_18123075.jpg
クリスマスといえば教会ですねえ。横浜山手聖公会はプロテスタントの教会。

f0379138_18124662.jpg
山手234番館ではアメリカのクリスマスが。

f0379138_18130190.jpg
隣のえのき亭はクリスマスケーキのような色合い。

f0379138_18131572.jpg
エリスマン邸はデンマーク。

f0379138_18132740.jpg
ベーリック・ホールはオランダ。

 アメリカ人が設計したスペイン風のイギリス人貿易商の邸宅でオランダのクリスマスですかあ。ハハハ。

f0379138_18134230.jpg
カトリック山手教会はもちろんカトリックの教会。

f0379138_18135901.jpg
国指定名勝の山手公園には大好きな山手68番館。ここではガーナのクリスマスが楽しめます。

f0379138_18142735.jpg
さて、山手本通りでこんなものを撮影しました。

 ちょいと調べたのですがイマイチわかりません。これはあの三角点なのでしょうか? 横浜市の市章が刻印されているのは単に横浜市道だから?
 100回近く歩いているであろう道ですが気づきませんでした。

f0379138_18141429.jpg
イタリア山庭園のブラフ38番館。前回来たときは工事中でした。こちらではドイツのクリスマス。

f0379138_18144439.jpg
外交官の家ではルーマニアのクリスマス。


◇◇◇


 って一つも館内に入ってないじゃんw。長いこと山手をさまよっていますが、一度も中に入ったことがありません。私、外観が好きなんです。
 ということで、私なりに2017年のクリスマスを満喫する散歩でした。


▲ Merry  Christmas


◇行程 →港の見える丘公園→元町公園→山手公園→イタリア山庭園→自宅
◇17.31km ◇5時間35分
◇旅費 524円(交通費・154円、飲食代・370円)

by akrk0911 | 2017-12-25 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その2~
f0379138_08264044.jpg


 すれ違う人はみんな笑顔です。クリスマスシーズンのヨコハマは少し居心地が悪いのです。

〈第104回〉神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その2~
◇2017年12月18日(月)


f0379138_08272023.jpg
赤レンガパークは今年もクリスマスマーケット。

f0379138_08273798.jpg
去年より地味かな?

f0379138_08275420.jpg
月曜日ですがたくさんの人がいました。

f0379138_08281224.jpg
似合います。

f0379138_08285006.jpg
こちらは象の鼻防波堤の内側にある観光船の発着場、ピア象の鼻。

f0379138_08293392.jpg
大さん橋には飛鳥II。

f0379138_08295248.jpg
この時期、連日クリスマスクルーズに出かけます。

f0379138_08301436.jpg
雲はありますがきれいな青空。

f0379138_08303067.jpg
山下公園側には練習船が。

f0379138_08304553.jpg
函館船籍の「おしょろ丸」。おしょろ丸は北海道大学水産学部の附属練習船。おしょろ=忍路は小樽市にある地区の地名らしいですが。

f0379138_08305951.jpg
山下公園のバラはまだたくさん咲いていました。バラのいい香りが漂っていました。

f0379138_08311480.jpg
氷川丸のマストと真っ赤なバラ。なんとなくクリスマスっぽいです。


◇◇◇


 クリスマスまで1週間のこの日。華やぐ街におっさん一人。ふさわしくない組み合わせでごめんなさい。
 散歩は山手へ続きます。


▲ Merry  Christmas


◇行程 →新港パーク→赤レンガパーク→象の鼻パーク→大さん橋→山下公園→ 〈つづく〉

by akrk0911 | 2017-12-24 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その1~
f0379138_18263955.jpg


 ♪恋人がナンダロー
 ヨコハマは「なんとなくクリスマスです」。
 ほぼ殺風景な本牧を緊張しながら歩いた翌日。きらびやかなヨコハマをのんきに歩きました。

〈第104回〉神奈川徒歩々旅
◇ヨコハマ散歩・少しクリスマス ~その1~
◇2017年12月18日(月)


f0379138_18270251.jpg
ランドマークプラザのクリスマスツリー。当地では毎年、やや話題になります。

f0379138_18272309.jpg
横浜ベイホテル東急にはトナカイが。鼻は赤くありません。

f0379138_18274258.jpg
武骨なクリスマスツリーが。パシフィコ横浜の隣にホテルが建つようです。空き地がいい感じだったのでなんだか寂しいなあ。

f0379138_18280343.jpg
建設中のホテルのそばの臨港パーク。いつも静かですが、少し変わるのかなあ。

f0379138_18282172.jpg
真っ青な臨港パークの海。

f0379138_23553701.jpg
前日、本牧で見た海とはスケールでは及びませんが、見慣れた安心感がうれしいのです。

f0379138_18283643.jpg
瑞穂ふ頭には見慣れない船が。船上の機器はレーダーですかね。

f0379138_18285236.jpg
ぷかりさん橋にはこれまた見慣れぬ帆船が。

f0379138_18290895.jpg
「みらいへ」という船名の帆船です。

 調べてみたら大阪の「誰でも乗れる帆船」がキャッチフレーズの帆船ようです。かつては「あこがれ」という船名だったようです。
 「あこがれ」時代にも同じぷかりさん橋で見ました。

f0379138_18292762.jpg
臨港パークから新港パークへ。こちらにも見慣れぬ船が。

 新港ふ頭は改修中。この船がどんな船なのかわかりませんし調べません。いい加減な旅人です。
 ただ、サンタクロースカラーなのですよ。


◇◇◇


 なんだかカップルだらけなのです。そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇんですが。
 見慣れた安心感の中に見慣れぬ船。そんな、おっぱっぴーなヨコハマ散歩はつづいちゃいます。


◇行程 日ノ出町駅→桜木町駅→ランドマークプラザ→臨港パーク→新港パーク→〈つづく〉

by akrk0911 | 2017-12-23 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
ちょっと寄り道・冬至の日没
f0379138_17302995.jpg


 冬至の日没。電車の中で日没の時刻を調べました。「ギリギリだぜ」と大慌てで弘明寺公園へ。

〈番外〉神奈川徒歩々旅
◇ちょっと寄り道・冬至の日没
◇2017年12月22日(金)


f0379138_17305424.jpg
日没の時刻は16時33分。間に合わないかと焦りましたが間に合いました。右端には富士山。

f0379138_17311561.jpg
いよいよ沈んでいきます。

f0379138_17313316.jpg
半分沈みました。

f0379138_17315631.jpg
いよいよ最後のとき、緑色の光が見えました。写りませんでしたが。

 最も昼間の短い日の日没。次にこの太陽が昇るのはずっとずっと先のこと。

f0379138_17321782.jpg
飛行機にはまだ日が当たっています。

f0379138_17323452.jpg
日没後の富士山はこんな感じでした。


◇◇◇


 日の出にはあまり興味のない私。でも日の入りは大好きです。
 さあ、長い夜がはじまりました。ロングな晩酌をはじめますよ。

by akrk0911 | 2017-12-22 17:27 | ちょっと寄り道 | Comments(0)
とことん本牧の旅 ~その5~
f0379138_04353941.jpg


 しばらく海岸線を歩いていたので顔が火照ります。日焼けしているのが歩きながらわかりました。
 本牧はまた違う顔を見せてくれます。

〈第103回〉神奈川徒歩々旅
◇とことん本牧の旅 ~その5~
◇2017年12月17日(日)


f0379138_04255345.jpg
フェリーが浮かぶ海とはお別れ。

f0379138_04262173.jpg
材木が山積みになっていました。

f0379138_04263577.jpg
こちらはパレットが整然と。

f0379138_04265499.jpg
クレーンも整然と。

f0379138_04271011.jpg
道路の案内標識にアルファベットっていうのがなんだか新鮮。

f0379138_04273192.jpg
神奈川臨海鉄道の踏み切りを渡り、

f0379138_04281310.jpg
首都高湾岸線をくぐり別の本牧へ。こちらは本牧ふ頭I.C.入口。

f0379138_04283454.jpg
本牧ふ頭とはこれでお別れ。このコンテナどうやって積んだのでしょう。

f0379138_04285384.jpg
マイカルと言った方がピンとくる本牧の顔。

f0379138_04291186.jpg
目を背けたくなるようなゴミが散乱する道もあった埠頭の光景から一転、本牧せせらぎ公園の美しさにホッとしました。

f0379138_04313849.jpg
そして本牧山頂公園へ。この見晴らし山の標高はシンボルタワーの展望台とほぼ同じ高さ。

f0379138_04293338.jpg
本牧を一望。

f0379138_04295918.jpg
本牧荒井の丘から根岸方面の工業地帯。

f0379138_04301484.jpg
山頂公園から尾根伝いに帰途へ。宅地造成中の土地から湾岸線と本牧方面。住宅が建てば見られない光景。


◇◇◇


 本牧には色々な顔がありました。人気のない工業地帯に船が連なる東京湾。のんびりと時間が流れる小高い丘の公園。これだけバリエーションに富んだ旅も多くありません。
 さて、翌日も仕事は休み。どうしましょうか。


◇行程 →本牧海づり公園→本牧せせらぎ公園→本牧山頂公園→自宅
◇31.90km ◇旅費 130円(飲食代)

by akrk0911 | 2017-12-22 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)