歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
金沢区富岡の旅 ~その1~
f0379138_00361670.jpg


 午前中はダラダラと過ごしましたが出かけてみました。まずは当地の大きな公園。初めての公園ではありませんが、二つある展望台は初めて。なかなかいい眺望でした。

<第67回>神奈川徒歩々旅
◇金沢区富岡の旅 ~その1~
◇2017年5月28日(日)


f0379138_00295770.jpg
杉田駅を出発して旅の舞台、金沢区へ。

f0379138_00301875.jpg
富岡トンネルからの快速特急。

f0379138_00304629.jpg
富岡総合公園に到着。桜の名所です。毎年桜の季節には京急の車窓を彩ります。

f0379138_00312530.jpg
これは公園を分断する道路にある元横浜海軍航空隊  隊門。

f0379138_00314299.jpg
盛りは過ぎたのでしょうがツツジがキレイでした。

f0379138_00320439.jpg
北台展望台へあくせく登りました。

f0379138_00322622.jpg
こちらが北台展望台からの眺め。近景、遠景に見える緑がかつての海岸線だそうです。もちろん手前の緑の植え込みも海岸線の崖の上。

f0379138_00324706.jpg
展望台から下りて、こちらは梅林。梅の実を探しましたがありませんでした。別に穫ろうと思ったわけではありませんよ。
足元がガザゴソいうので見てみると、デカくて大きくて巨大な上にデカいシマヘビがうごめいていました。勘弁して~。

f0379138_00331448.jpg
鬱蒼とした坂。アジサイの坂と名づけられています。アジサイなんて咲いてない上にガザゴソがトラウマに。ヘビが怖くて楽しめませんよ。
前日、東横フラワー緑道でアジサイを見たのでここへ来たのですが、残念です。

f0379138_00333856.jpg
ホンの少し咲いていました。

f0379138_00340231.jpg
なんともあやしい色。ヘビが出てきそうです。

f0379138_00342026.jpg
坂を上りきるとアーチェリー場があります。
何やら大会を行っていました。

f0379138_00345917.jpg
見晴らし台へ向かう途中の眺望。シーサイドライン、クレーン、ランドマークタワー。

f0379138_00351877.jpg
こちらはベイブリッジ。ベイブリッジと右隣の煙突の間にはうっすらとスカイツリーが写っています。解像度を下げた画像なので見えないでしょうが、ベイブリッジよりはるかに大きく見えています。冬の朝や夕方に必ず必ず必ず再訪します。

f0379138_00355463.jpg
見晴らし台の眺望。巻頭写真もここからの眺めです。

♪うみは広いな大きいなジャジャジャンうみ、ジャジャジャンうみ う~み

なんの歌だ?
この記事をアップするのが水曜日なので、と言ってわかってくれる人はベテランの中年。


◇◇◇


 お目当てはアジサイだったのですが、まだまだの状態。でも、知らなかった眺望に大満足でした。スカイツリーとベイブリッジの競演は日を改めて激写したいです。
 旅は寺社の文化財を巡りながらつづきます。


◇行程 杉田駅→富岡トンネル→富岡総合公園→

金沢区富岡の旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-05-31 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その3~
f0379138_10051032.jpg


 ゴールをどこにするか、それを決めずに歩いています。いくつか選択肢はありますが決めかねています。

<第66回>神奈川徒歩々旅
◇御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その3~
◇2017年5月27日(土)


f0379138_09413723.jpg
神奈川県立横浜翠嵐高校。名門です。横浜市内には私立の進学校もいくつかありますが、翠嵐はなんとなく格が違う気がします。

f0379138_09425326.jpg
その翠嵐高校の東南通用門には三ツ沢貝塚の説明板があります。
横浜市内で最大規模の縄文後期の貝塚だそうで、竪穴式住居の一部や5体の人骨も発掘されたそうです。
横浜市登録地域史跡です。

f0379138_09434673.jpg
三ツ沢貝塚跡から一気に坂を下って三ツ沢下町駅方面へ。

f0379138_09444244.jpg
三ツ沢下町駅と島田橋バス停。付近にはかつて島田橋がありました。

f0379138_09540472.jpg
今は川もありません。三ツ沢せせらぎ緑道という遊歩道になっているのが暗渠化されたその川なのでしょうか。

f0379138_09551023.jpg
暗渠であろう遊歩道を進むと古い橋の1627年の銘がある青銅製の擬宝珠が残されています。横浜市登録地域史跡の鶴亀橋跡です。
親柱にはガーデン橋の銘板が。この橋から丘へと道は上っていきます。その丘に明治になって有力者が邸宅を構え、その庭が横浜ガーデンと呼ばれていたことにちなんだものだそうです。
丘はガーデン山と呼ばれ、現在も団地やマンション、郵便局にその名が残っています。

f0379138_09562601.jpg
遊歩道を進むと見たことのない植物が。ブラシノキという名だそうです。コップを洗うのに良さそうですが、色が台所用品に相応しくないような。

f0379138_09571142.jpg
静かな町でした。

f0379138_09590435.jpg
やがて東横フラワー緑道に行き着きます。横浜駅方面へ向かって「徒歩でGO ! 」

f0379138_10000953.jpg
ここはつい最近まで東横線が走っていた場所。現在、東横線は地下を走っています。ここも史跡のひとつですね。

f0379138_10005750.jpg
線路跡ではフリーマーケットが開催されたりしています。ここは反町(たんまち)駅付近。

f0379138_10014287.jpg
トンネルが口を開けています。

f0379138_10024852.jpg
私も何度も何度もここを電車で通りました。飲み過ぎて終電に揺られた夜、二日酔いで職場へ向かった朝。泣きたくなるような気持ちで原稿を抱えて得意先へ急いだ午後……。
まさかここを歩く日が来るとは。
ここが解放されてから、横浜駅から反町駅まで電車に乗る人は減ったのではないでしょうか。簡単に歩ける距離になってしまいましたからねえ。

f0379138_10033378.jpg
トンネルを抜ければすぐに青木橋です。

f0379138_09575558.jpg
ゴールは京急の神奈川駅となりました。
神奈川駅のホームの狭さは異常。目の前を快速特急がかっ飛ばしていきます。


◇◇◇


 なんとも緩い史跡巡り。でも歴史に名を残した人々の足跡は決して緩いものではありませんでした。
 体調不良で神奈川一周の旅を中止して急遽決めた今回の旅。実はいつかこのコースを歩こうと思っていたので、実現してよかったです。


◇行程 (その2)→横浜翠嵐高校→三ツ沢貝塚跡→三ツ沢下町駅→三ツ沢せせらぎ緑道→鶴亀橋跡→東横フラワー緑道→青木橋→神奈川駅
◇10.18km・7068歩・458.5kcal
◇旅費 476円(交通費・328円 飲食代・148円)

by akrk0911 | 2017-05-30 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その2~
f0379138_05583756.jpg


 ローカルな史跡を巡っています(いつものこと)。知らないことを知る楽しさに足取りも軽く、体調の悪さをしばし忘れました。

<第66回>神奈川徒歩々旅
◇御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その2~
◇2017年5月27日(土)


f0379138_05473604.jpg
横浜地方主要道80号の坂を下り、西平沼交差点で国道1号、16号とクロス。

f0379138_05481223.jpg
西平沼橋で石崎川を渡り直進し、

f0379138_05485213.jpg
線路沿いの道を西へ。大きなガスタンクが現れます。かつては京急の戸部駅付近から見ることができました。

f0379138_05491377.jpg
タンクの下を相鉄とJRの電車が駆け抜けていきました。

f0379138_05495334.jpg
跨線橋を渡って反対側へ。

f0379138_05503377.jpg
♪ tvk ハウジングプラザ~
古いCMのメロディーが頭に浮かんだ人はベテランの神奈川県民。

f0379138_05514746.jpg
今度は帷子川を渡ります。写真は横浜駅方面。それとは反対方向へ。

f0379138_05521077.jpg
生活道路をああだこうだして普通の公園、浅間車庫前公園に到着。

f0379138_05523287.jpg
こちらには横浜市登録地域有形文化財の歴史資料、木村坦乎(たんこ)先生の碑があります。
木村坦乎とは明治大正期の教育者。勤めていた学校を辞め、退職金で小さな寺子屋風の、授業料無料の学校を始めました。
当時この周辺には、埋め立て作業などのために全国から労働者が集まっており、就学できないその子どもたちの救済が目的だったそうです。志の高い人です。
木村坦乎は関東大震災の際、倒壊した建物の下敷きになりこの地で亡くなったそうです。

f0379138_05534598.jpg
次は浅間下交差点から三ツ沢方面へ坂を上ります。桜の見納めの旅のときとは反対側の歩道を歩きます。

f0379138_05560080.jpg
坂の途中にある階段を上ると、

f0379138_05545741.jpg
堅牢地神塔や石仏が。

f0379138_05552404.jpg
さらに上ると横浜市登録地域史跡の軽井沢古墳跡。7世紀の前方後円墳だそうです。
「前方後圓墳之跡」とそのものズバリ、飛鳥田一雄元市長の文字で刻まれています。


◇◇◇


 木村坦乎先生。全く知らない存在でした。幕末を生き明治大正に大きな足跡を残した偉人。横浜市に暮らしていても聞こえてこないその偉業。惜しいです。その終焉がまた惜しい。でも、人生に悔いはなかったのではないでしょうか。
 ローカルな史跡巡りはつづきます。


◇行程 (その1)→平沼橋駅前→tvkハウジングプラザ横浜→浅間車庫前公園→浅間下交差点→軽井沢古墳跡→

御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その3~へ つづく

by akrk0911 | 2017-05-29 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その1~
f0379138_21171507.jpg


 神奈川一周、行くぞ! って気持ちは朝まであったのですが、体調が悪すぎ。もう1週間もこの状態。計画を綿密に練り、準備万端整った神奈川一周の旅は断念。
 でも天気がよすぎ。近場に出かけましょう。

<第66回>神奈川徒歩々旅
◇御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その1~
◇2017年5月27日(土)


f0379138_21120902.jpg
日ノ出町駅から野毛山へ。以前も紹介した横浜市認定歴史的建造物の旧平沼専蔵別邸亀甲積擁壁及び煉瓦塀。これは亀甲積擁壁ですが、煉瓦塀はどこだろう。
び煉瓦塀
f0379138_21123705.jpg
野毛坂交差点から亀甲積擁壁の反対側の歩道を。そしてすぐに右折。30年ぶり! 全然変わってないんだろうなあ。
 
f0379138_21125843.jpg
30年ぶりに辿り着いた成田山延命院。ここから見るランドマークタワーはもちろん初めて。

f0379138_21131946.jpg
それより何よりこんな本堂でしたっけ?

f0379138_21134008.jpg
もっともっとおどろおどろしい雰囲気だったのですが、すっかり明るい境内に変わっていてびっくり。
調べてみると2015年に完成した新しい本堂だそうです。

f0379138_00551533.jpg
30年前、目指したのは県立図書館。別にこんな遠回りをしなくても野毛坂交差点から横浜市道80号をそのまま進んで紅葉坂へ至ればいいのですが。

f0379138_21141313.jpg
30年前はなぜか私(たち)はこのルートを経て紅葉坂へ。

f0379138_21143761.jpg
浪人していた夏休み、県立図書館の自習室へ通っていたのでした。
こちらは県立青少年センター。

f0379138_21161199.jpg
そして県立音楽堂(懐かしの図書館の写真を撮り忘れました)。

f0379138_21165239.jpg
この地は横浜市登録地域史跡、神奈川奉行所跡(戸部役所)。

f0379138_21181820.jpg
1859年、開港に伴い置かれた奉行所。1868年に廃止されたそうです。

f0379138_21184420.jpg
紅葉坂を上り横浜市道80号を平沼方面へ。

f0379138_21190666.jpg
戸部小学校入口交差点を右方向へ行くと、横浜市登録地域史跡の伝御所五郎丸墓があります。

f0379138_21192384.jpg
どっしりとした五輪塔。御所五郎丸とは頼朝の時代の武士だそうです。詳しい説明の碑が建てられていましたが、私には難しくて要約できず……。

f0379138_21194373.jpg
御所五郎丸にちなんだ地名が今も残っています。


◇◇◇


 延命院や県立図書館は懐かしい青春の一頁。変わらないものと変わったものとが絡み合い、時間の流れを複雑に感じさせてくれました。
 そして初めて訪れた伝御所五郎丸墓。近くには井伊直弼ゆかりの地もありますし、長い間この地は重要な土地だったのでしょうか。
 旅は脈絡なくつづきます。


◇行程 日ノ出町駅→成田山延命院→県立青少年センター・神奈川奉行所跡(戸部役所)→伝御所五郎丸墓→

御所山、三ツ沢周辺の史跡を巡る旅 ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-05-28 07:00 | 横浜市の旅 | Comments(0)
第33回 都市緑化よこはまフェア ~みやげ話~
f0379138_17181176.jpg


 少なくとも私は大満足な都市緑化よこはまフェア。おみやげもありました。

<第65回>神奈川徒歩々旅
◇第33回 都市緑化よこはまフェア ~みやげ話~
◇2017年5月20日(土)


3月の開始前から市内各所で手に入れたパンフレットの数々。今回は完全版といえるようなガイドブックをいただきました。

f0379138_17183408.jpg
さらに、最後のグランモール公園を歩いているとき、アンケートに答えて花の種をいただきました。

f0379138_17185648.jpg
百日草。花言葉は「遠くの友を思う」でした。
あぁ、遠くにいる娘よ、大事ないか。


◇◇◇


 アンケートに答えるなんてあまり経験がないので緊張しました。このイベントはなかなか楽しいものだったのでアンケートという形であっても参加できてよかったかなあと思います。
 庭なんてない現状。実家で種を蒔きましょうか。


◇みやげ代 0円

by akrk0911 | 2017-05-27 19:00 | みやげ話 | Comments(0)
第33回 都市緑化よこはまフェア ~その3~
f0379138_09572023.jpg


 次は都市緑化よこはまフェアが始まってからは歩いていない地域へ。こちらもたくさんの人で賑わっていました。

<第65回>神奈川徒歩々旅
◇第33回 都市緑化よこはまフェア ~その3~
◇2017年5月20日(土)


f0379138_09505983.jpg
メイン会場の象の鼻パークから見た横浜税関。

f0379138_09512204.jpg
象の鼻パークでは企業による出展が並んでいました。

f0379138_09514969.jpg
殺風景が一変、ここに花があるとないとでは大違いです。これからもあり続ければいいのに。

f0379138_09521959.jpg
赤レンガ倉庫が埋もれてしまいました。たくさんの人が足を止め見入っていました。

f0379138_09525047.jpg
こちらもメイン会場の新港中央広場。途切れることのない人の列が赤レンガパークへと吸い込まれていきました。

f0379138_09532632.jpg
運河パークからは当然間近のランドマークタワーを借景に。こちらもメイン会場のひとつ。

f0379138_09535755.jpg
アニヴェルセルみなとみらい横浜前。さらにランドマークが大きく。

f0379138_09542728.jpg
国際橋を渡って対岸へ。日本丸メモリアルパークからはもうランドマークが収まりません。
ハート! イチャイチャすんなよ。

f0379138_09550524.jpg
メイン会場のラストはグランモール公園。横浜メディアタワーも高いですね。

f0379138_09552619.jpg
入りきらないよ。

f0379138_09555059.jpg
Garden Necklace。まさに庭園の首飾りでした。

f0379138_09562226.jpg
最後は日産グローバル本社をバックに。

f0379138_09564476.jpg
横浜は膨大なお金を投じて埋め立てをして、ご覧の通り緑化に成功しました。


◇◇◇


 最後は空き地だらけのみなとみらいを皮肉ったのですが。
 花ってあまり関心がなかったのですが、これだけ花が並んでいるのは壮観でした。
 祭りの後がどうなるのかはわかりませんが、規模は小さくとも、今までより季節の花を感じられる町づくりがされてもいいのかなあと思いました。
 かなり楽しいイベントでした。6月4日(日)までです。

◇行程 (その2)→◎象の鼻パーク→◎新港中央広場→◎運河パーク→国際橋→日本丸メモリアルパーク→◎グランモール公園→自宅
◇23.05km・18078歩・1037.9kcal
◇旅費 110円(飲食代)

by akrk0911 | 2017-05-27 07:00 | イベント・祭 | Comments(0)
第33回 都市緑化よこはまフェア ~その2~
f0379138_09475465.jpg


 山手の丘を下り港ヨコハマへ。笑っちゃうくらい花だらけです。

<第65回>神奈川徒歩々旅
◇第33回 都市緑化よこはまフェア ~その2~
◇2017年5月20日(土)


f0379138_16083809.jpg
メイン会場の山下公園の高台部分。マリンタワーとバラの背比べ。

f0379138_09381428.jpg
まるでウェディングケーキのよう。

f0379138_09404566.jpg
いつものバラ園もパワーアップ。

f0379138_09412981.jpg
マリンタワー、ホテルニューグランド、噴水。いい風景。

f0379138_09422490.jpg
巨大なGarden Bear。

f0379138_09425273.jpg
山下公園を後にこちらは開港広場。

f0379138_06460462.jpg
ここが一番スゴいのではないでしょうか。百花繚乱とはこのことでしょう。

f0379138_09483865.jpg
この前も撮影したお気に入りの構図。今回は開港資料館を大きめに。

f0379138_09595605.jpg
近代建築とバラはよく合います。

f0379138_09442591.jpg
メイン会場の日本大通り。情報文化センターには黄色い花。

f0379138_05302848.jpg
ZAIMにはピンクの花。

f0379138_09451632.jpg
こちらもメイン会場の横浜公園。日本大通りや横浜公園には神奈川県内のみならず、様々な自治体による作品が展示されていました。こちらは横須賀市。黒船ですね。

f0379138_09454985.jpg
横浜スタジアムではこの後間もなくプロ野球、読売戦が始まります。

f0379138_09463724.jpg
今度は日本大通りの反対側の歩道を海側へ。
県庁もご覧の通り。

f0379138_09470807.jpg
こんな県庁にはもう会えませんね。


◇◇◇


 どこもかしこも新鮮です。違う町へ迷い混んだと錯覚します。色とりどりの花に囲まれ上機嫌で歩きました。
 みなとみらいへ向かってもう少しつづきます。


◇行程 (その1)→◎山下公園→開港広場→横浜開港資料館→◎日本大通り→◎横浜公園→日本大通り→

第33回 都市緑化よこはまフェア ~その3~へ つづく

by akrk0911 | 2017-05-26 07:00 | イベント・祭 | Comments(0)
第33回 都市緑化よこはまフェア ~その1~
f0379138_08302353.jpg


 何度かお伝えしています第33回 都市緑化よこはまフェア、Garden Necklace YOKOHAMA 2017。今回はじっくりと腰を据えてこの祭典を見て歩きました。
 フェアは横浜港周辺の「みなとガーデン」と旭区のよこはま動物園に隣接するエリアの「里山ガーデン」のメイン会場、その他市内各所の「まちなかフラワースポット」、6ヶ所の「パートナー会場」(内ひとつは先日訪れた俣野別邸庭園)で行われています。
 今回は「みなとガーデン」の8ヶ所あるメイン会場全てと、周辺の「まちなかフラワースポット」を巡りました。

<第65回>神奈川徒歩々旅
◇第33回 都市緑化よこはまフェア ~その1~
◇2017年5月20日(土)


f0379138_08320425.jpg
まずはまちなかフラワースポットをいくつか巡りました。
こちらは外交館の家。季節ごとに色々な花が国の重要文化財を彩ります。

f0379138_08322707.jpg
庭園側からは尖塔が印象的。イタリア山庭園の花は今回地味ですねえ。

f0379138_08325241.jpg
山手本通りを進んで山手公園へ。エリスマン邸です。
このコンテナ欲しいなあ。

f0379138_08332635.jpg
こちらはアメリカ山公園。比較的新しい公園。

f0379138_08335587.jpg
花だらけです。アメリカ山公園は一部が元町貝塚の発掘現場でもあり、横浜市指定史跡です。

f0379138_08552452.jpg
8ヶ所あるメイン会場のひとつ、港の見える丘公園。イングリッシュローズの庭はバラもさることながら、人がたくさん。

f0379138_08342579.jpg
横浜市イギリス館とバラの相性は抜群。

f0379138_08350044.jpg
こちらもイギリス館。バラの館です。

f0379138_08352991.jpg
大佛次郎記念館の前にあるバラ園。香りの庭と題されスゴいことに。この立体的なバラの展示は圧巻でした。

f0379138_08355633.jpg
噴水の水もバラの香りがしそうです。

f0379138_08364441.jpg
こちらはいつも通りの風景。このベンチは大好きです。

f0379138_08371887.jpg
ジグザグの坂。歩きにくいとかぼやかない。

f0379138_08374245.jpg
山手111番館もバラが似合います。なんだか高島屋の包装紙のようです。

f0379138_08381080.jpg
展望台のある広場には山手の洋館のミニチュアがズラリ。たまりません。

f0379138_08383419.jpg
いつもと違う港の見える丘公園。完全によそ行きの公園になっていました。


◇◇◇


 バラバラバラ。バラの香りが漂う山手の丘。庶民とは縁遠い町並みが、より一層高い次元の町になったようでした。悔しいけれど素晴らしい。


◇行程 自宅→イタリア山庭園→山手公園→アメリカ山公園→◎港の見える丘公園→

第33回 都市緑化よこはまフェア ~その2~へ つづく

by akrk0911 | 2017-05-25 07:00 | イベント・祭 | Comments(0)
東海道中膝車輌 ~みやげ話~
f0379138_09471276.jpg


 旧東海道の旅は藤沢宿まで進み一段落。楽しかった3日間のみやげについてお話しします。

<第60~62回>神奈川徒歩々旅
◇東海道中膝車輌 ~みやげ話~
◇2017年5月3日(水)~5日(金)


f0379138_09502477.jpg
東海道かわさき宿交流館で購入した『広重 東海道五拾三次』。

f0379138_09504922.jpg
広重の東海道五拾三次でも傑作とされる保永堂版の全作品を収録した一冊。異版も掲載されています。500円はお値打ち価格。

f0379138_09511119.jpg
こちらは御菓子司 清月の鶴見名物「よねまんじゅう」(12ヶ入)
民謡「お江戸日本橋」の歌詞にも出てくるようです。

 六郷渡りて川崎の
    まんねんや
 鶴と亀との
  よねまんじゅう

鶴見橋を中心に売られていたそうです。

f0379138_09514030.jpg
また、

 初旅のまず鶴見から喰いはじめ

という詩も残されているそうです。東海道名物一号と称されています。

f0379138_09515847.jpg
鉄道の開通とともによねまんじゅう屋は廃業したそうです。戦後、菓子組合の30周年を機に1982年に復活。現代風に少しアレンジが加えられているとのこと。
味は、美味しいです。食感がなんともいいんです。かながわ名産100選です。

f0379138_10045476.jpg
川崎宿と藤沢宿の交流館から無料でもらってきた資料たち。無料でこの内容はスゴすぎるって代物です。


◇◇◇


 東海道はゴールデンウィークには最適な観光地です。無料のみやげもたくさん持ち帰り、満腹な2017年のゴールデンウィークとなりました。


◇みやげ代 1,650円(広重 東海道五拾三次・500円 よねまんじゅう・1,150円)

by akrk0911 | 2017-05-24 07:00 | みやげ話 | Comments(0)
東海道中膝車輌[第3日]~藤沢宿・その2~
f0379138_07222585.jpg
f0379138_07345575.jpg


 ここからは立派な国道歩きですが、旧街道の風情はたっぷりあります。沈み行く太陽に向かってラストスパートです。

<第62回>神奈川徒歩々旅
◇東海道中膝車輌[第3日]~藤沢宿・その2~
◇2017年5月5日(金)


f0379138_07230790.jpg
浮世絵に描かれた大鋸(おおぎり)橋、別名遊行橋。橋の幅、3間は広重の時代と同じだそうです。

f0379138_07233270.jpg
これは江の島弁財天道標。同様の道標が十数基残っており、内12基が藤沢市の重要文化財に指定されています。

f0379138_07240575.jpg
東海道は西へと進路を変えました。

f0379138_07242554.jpg
桔梗屋の店蔵は国登録有形文化財。文庫蔵、主屋も国登録有形文化財です。1911年築。軽く100年超え。
桔梗屋はお茶や紙の問屋。現在は横浜に本社は移りましたが、この店蔵は支店として現役とのこと。

f0379138_07244446.jpg
内田商店は1929年築。やはり旧東海道には古い建物が似合います、ってこれは昭和の建物ですが。

f0379138_05025385.jpg
こちらは問屋場跡。

f0379138_07252878.jpg
常光寺にお邪魔しました。

f0379138_07254414.jpg
1572年創立のお寺。

f0379138_07260297.jpg
本尊の木造阿弥陀如来立像(中央)は藤沢市指定重要文化財。写真の左端、見切れそうなところに写っている木造地蔵菩薩立像も藤沢市指定重要文化財。

f0379138_07261931.jpg
かながわの名木100選の「常光寺のカヤ」をはじめとした樹林は藤沢市指定天然記念物。

f0379138_07265153.jpg
右は万治二年庚申供養塔。左は寛文九年庚申供養塔。いずれも藤沢市指定有形民俗文化財。
文化財だらけ。

f0379138_07274557.jpg
もう夕方。西日が眩しかったです。

f0379138_07295691.jpg
こちらは義経の首洗井戸。
頼朝に追われ自害した義経の首は浜に捨て置かれました。その首が川を遡り、里人に拾われこの井戸で清められたと伝えられているそうです。
近くには義経が祀られた白旗神社がありますが、それはまたいずれ。

f0379138_07301835.jpg
わかりづらいですが小田急江ノ島線を跨ぐ伊勢山橋を渡れば、

f0379138_07303660.jpg
京方見附跡。藤沢宿はここまで。すぐ近くの藤沢本町駅から電車を乗り継いで帰宅しました。


◇◇◇


 すっかり江戸の旅人になった気分です。3日間をかけて川崎宿から藤沢宿まで歩きました。実は保土ヶ谷宿から藤沢宿までは1年前のゴールデンウィークにも歩きました。さらに川崎宿(品川宿)から神奈川宿も歩いたことがありますし、神奈川宿から保土ヶ谷宿は数えきれないくらい歩いたことがあります。
 でも、今回ほどじっくりと旧東海道を味わったことはありませんでした。それでも見落としはありますが。
 旧東海道の旅はひとまずここでお休み。つづきはまたいつの日か。メチャクチャ楽しみです。


◇行程 (藤沢宿・その1)→◎藤沢宿〔遊行橋(大鋸橋)→江の島弁財天道標→桔梗屋→内田商店→常光寺→問屋場跡→義経の首洗い井戸→京方見附跡〕→藤沢本町駅
◇14.37km・12158歩・647.0kcal
◇旅費 1,005円(交通費・895円 飲食代・110円)

東海道中膝車輌[第4日]へ つづく予定

by akrk0911 | 2017-05-23 07:00 | 街道歩きの旅 | Comments(0)