歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:ヨコハマ散歩( 92 )
初冬の夕暮れ #2

2019.12.08.sun





 日本大通りのイチョウの次は山下公園通りのイチョウかなと思い向かいました。


第233回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
初冬の夕暮れ #2




①
 象の鼻防波堤に寄ってみました。日曜日のみなとみらいは灯りが少ないかな。


②
 このガス灯風の灯りの点灯した写真は初めて撮ったような気がします。


③
 なかなか味のあるヤツでした。


④
 東の空はちょっと寂しげなグラデーション。なんとなく私の琴線に触れる色なんです。


⑤
 大さん橋ビルの上には上弦の月。寒月ってやつでしょうか。


●
 さてさて、そんなことしていたので山下公園通りはすっかり暗くなっていました。もうイチョウは諦めるしかないかな。


⑥
 山下公園で琴線に触れる東の空を眺めましょう。大さん橋ではロイヤルウイングがディナークルーズに備えています。


⑦
 氷川丸の上にも冷たい光を放つ月が。


⑧
 あと数日で2019年最後の満月です。


⑨
 こんな暗くなったバラ園ですが、人は少なくありませんでした。


⑩
 日没の時刻も調べずにお気楽にやって来たアホな私ですが、見慣れない時間帯のヨコハマを見ることができました。


⑪
 夕と夜が交差していました。


⑫
 ああ、これから急いで帰れば笑点に間に合うかな? 時刻は16時39分。日の短い日曜日でした。



* * *


 朝は港南区の久良岐公園(公園の一部は磯子区ですが)で光をまとった紅葉を見たのでした。帰宅後、マラソンをテレビで見たりゴロゴロしたあと、なんとなく出かけたヨコハマは、物憂げな雰囲気でした。
 日曜日の夕方に出かけるなんて滅多にないことなので、新鮮な気持ちになるのでした。


行程:→山下公園通り→山下公園→関内駅
歩行距離:5.7km 歩行時間:1時間39分
交通費484円
f0379138_01545977.jpg

by akrk0911 | 2019-12-13 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
初冬の夕暮れ #1

2019.12.08.sun


 午前中に久良岐公園を歩いた日曜日、夕暮れどきにヨコハマをぶらりしてみました。




第233回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
初冬の夕暮れ #1





①
⑪ 夕日を浴びた日本大通りのイチョウ並木は……、遅かった。


②
 でも、まあいいか。


③
 まだ明るい空。こんなのもいいではないですか。


④
 ここのイチョウは色づきの盛りでした。


⑤
⑩ 気分はパリの町。あ、日本語だ。


⑥
 地裁前は葉が少なめ。


⑦
⑫ 県庁の塔にだけ日が当たっていました。


⑧
 もっと葉があれば県庁舎が隠れちゃうし、微妙なちょうどよさなのかな?


⑨
 暮れていきます。
 工事中は県庁分庁舎。大好きな庁舎だったのですが。また味のある建造物がなくなってしまいました。



* * *


 ちょっと時間が遅かったけれど、負け惜しみを言いながら久々に日本大通りのイチョウを楽しみました。
 つづいては暮れていく港をぶらりします。


行程:伊勢佐木長者町駅→日本大通り→〈つづく〉
f0379138_05430341.jpg

by akrk0911 | 2019-12-12 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
暦の上ではウインター #6

2019.11.09.sat



 新しいスポット、興味深いイベントと色々面白い今回の散歩。最後はいつもの通り客船を眺めます。


第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #6





①
 「山下臨港線プロムナード」経由で大さん橋へ。


②
 大さん橋の前に象の鼻防波堤へ。


⑮
 豪華客船が2隻ってのは何度見てもいいものです。


③
 こうして見ると「飛鳥II」って小さいですね。相対的にですが。


④
 でも、カッコいいのが横浜船籍の飛鳥IIです。


⑤
⑥
 そしてマルタ船籍の「セレブリティ・ミレニアム」です。総トン数91011tは「クイーン・エリザベス」をしのぐもの。


⑦
 この角度が大好きです。


⑧
 直線的で、機械的で、それでいて女性的で。不思議な船です。


⑨
 大型客船は大黒ふ頭に、新港ふ頭の客船ターミナルも稼働し、大さん橋も寂しくなるのかなと思いましたが、大さん橋は大さん橋でして、相変わらず賑わっています。


⑩
 せっかくセレブリティ・ミレニアムが山下公園側に接岸しているので山下公園へ行きましょう。


⑪
 山下公園からの大さん橋です。


⑫
 こんな風に撮ると大海原って感じです。


⑬
 最後の最後は秋のバラを愛でようと思ったのですが、時間が遅すぎました。


⑭
 すっかり陰ってしまい、日が当たっているのはここだけでした。



* * *


 まだ工事中の次なるスポット、新たな名所、へんてこりんな船。フェラーリに感動するクラッシックカーのイベント、豪華客船と撮れ高の高い散歩でした。短い時間、距離でしたが充実したひとときでした。
 ただし、ここ数ヵ月の運動不足がたたり、足が少々痛くとても疲れました。これじゃ神奈川一周なんて……

 ♪歩き疲れて 膝が笑うわ


行程:→赤レンガパーク→山下臨港線プロムナード→象の鼻パーク→大さん橋→山下公園→関内駅
歩行距離:9.7km 歩行時間:2時間27分
交通費399円
f0379138_10091207.jpg

by akrk0911 | 2019-11-15 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
暦の上ではウインター #5

2019.11.09.sat



 赤レンガパークで開催されていたのは「横浜ヒストリックカーデイ 8th」。スーパーカーが私の目と足を釘付けにします。


第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #5





①
 安定の「ポルシェ」。子どもの頃は「この丸っこいのカッコいいか?」なんて思ったものですが、カッコいいですね。ポルシェにしかないフォルムです。


②
 こちらは「ジャガー」。それほどクルマには詳しくない私。初めて見るジャガーだと思います。


③
 「コルベット・スティングレー」はいかにもアメリカ! って感じのデザインです。リトラクタブル・ヘッドライトがでかくて派手です。


④
 真っ先に「サーキットの狼」が頭に浮かんだあなた、おっさん確定です。


⑤
 「ロータス・ヨーロッパ」。名前を聞いただけで酔っぱらいそうな魅力です。
 私はかつて4駆に乗っていたのですが、交差点でロータス・ヨーロッパと並んだことがあります。見下ろすそのペッタンこさは笑ってしまうほどでした。
 私の記憶では車高1050mm。スゴいです。


⑥
 ただならぬオーラを放っていたのがこちらのスーパーカー。


⑦
 これはもしや。


⑧
 オーッ、ベルリネッタ!
 「フェラーリ・ベルリネッタ・ボクサー(BB)」。「ランボルギーニ・カウンタック」と人気を二分していたウルトラ・スーパーカーです(私はランボルギーニ・イオタ派)。


⑨
 この赤黒こそBBの色って感じですが、実際にみるのは初めてです。少年時代の「スーパーカー・ショー」では紺色のBBを見た記憶があります。やはり赤黒がカッコいいですね。
 大人気でたくさんの人が取り巻いていました。


⑩
 でも、そのフェラーリBBをしのぐ人気だったのが、その奥にあるあのクルマでした。


⑪
 「年老いたビフ」が一時盗んだことでお馴染みの「デロリアン」です(そこかよ)。
 リアのスタイルからして、まだタイムマシンにアップグレードしていないようです。


⑫
 いや、フーバーボードがある! ってことは未来から帰ってきたってことなのか? タイムマシンからの再改造か? 車検に通らなかったかな?


⑬
 なんてアホウなことを考えながら赤レンガパークを後にしました。遠くで飛鳥IIが浮気者の私を睨んでいます。



* * *


 すっかり足止めを喰らいました。フェラーリBBには驚きました。今回が8回目のこのイベント。また足を運びたいなと思います。
 さて、大さん橋では2隻の豪華客船が待っています。


行程:→赤レンガパーク→〈つづく〉
f0379138_07503604.jpg

by akrk0911 | 2019-11-14 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
暦の上ではウインター #4

2019.11.09.sat



 「さあ、船を見に行くぞ!」と大さん橋へ向かっていたのですが、赤レンガパークの楽しげな雰囲気に誘われて道草です。


第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #4





①
 わ~い、クラシカルなカーがたくさんあります。これはダットサンの……、なんだろう。


②
 隣には同じような、まるで同じ形で、こちらはなんとフェっ、フェっ、「フェアレディ」! なんだよ、もう、カッコいいといしか言いようがない。
 遠目に見て「いわゆるクラッシック・カー」のイベントなのかと思い、ちょこっと見て、ちょこっとブログネタにしようとしたのですが、この「フェアレディ」で完全に引き込まれました。


③
 凸型の「いわゆるクラッシック・カー」にはあまり関心がないのですが、この手の時代のクルマは大興奮です。
 先ほどの「フェアレディ」からは時代がかなり下った「フェアレディZ」。なんかもう、たまらん。
 ↑↑の「フェアレディ」とライトの先っぽの尖ったデザインが一緒! カッケー。


④
 さてさて、こちらも「フェアレディZ」。スーパーカー・ブームの時代の小学生だった私。身近なスーパーカーがこの形の「フェアレディZ」でした。当時は型番とか詳しかったのですが忘れました。このスマートな「Z」にしびれていました。


⑤
 そして「スカイライン」! しかも「GTR 」! たまらんぞオイッ!


⑥
 まだガキだった「スーパーカー・ファン」にはわからなかったこのカッコよさ。


⑦
 トヨタもありますよ。「セリカ」。一番カッコよかった時代のセリカじゃないですかね。細かい型番までは失念しましたが。


⑬
 この辺りのセリカのプラモデル作ったなあ。


⑧
 庶民のカー、「カローラ」。懐かしいですよ。


⑨
 げっぷが出るほどほど走っていたんでしょうね、月賦で買ったカローラ。
 日産にしろトヨタにしろ、もうこんなデザインはできないんだろうなあ。まんま再現しても面白くない。21世紀版のこんな個性的なデザインは、商業ベースに乗らないのかなあ。


⑩
 「ヨタハチ」こと、「トヨタ・スポーツ・800」。ないとは思いますが、復刻とかヤメてよ。
 ヨタハチではありませんが、後に通うことになる中学校の裏のお宅のガレージに、「トヨタ・2000GT(トヨニ)(トヨニセ)」がいらっしゃって、よくチャリを飛ばして見に行っていました。写真も撮ったなあ。


⑪
 こちらはホンダの「シビック」。アホな俺らは「チビック」だと真剣に思ってそう呼んでいました。だっチビッこかったんだもん。



* * *


 懐かしかったりカッコよかったり。ああ、ホントにいいですねえ。スゴいぜスゴいよ。
 このクルマのイベント、つづいちゃいます。スーパーなカーも登場しちゃいます。


昔の少年! 全員集合


行程:→赤レンガパーク→〈つづく〉
f0379138_20301756.jpg

by akrk0911 | 2019-11-13 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
暦の上ではウインター #3

2019.11.09.sat



 迫力あるハンマーヘッドクレーンでした。横浜港の散歩はつづきます。


第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #3





①
 「ハンマーヘッドクレーン」の見学(見物)を終え、再び「横浜ハンマーヘッド」を横目に次へ向かいます。やはりこういう商業施設には興味のわかない私なのでした。


②
 さてさて、対岸の「横浜海上防災基地」にへんてこりんな船が停泊しているのですが、なんでしょこれは?


③
 潜水艦? そんな形です。


④
 とにもかくにも、初めて見る形です。


⑤
 情報は船尾に掲げられている「A BIKINI」という船名と思われる7文字。


⑥
 ちょこっと調べてみると、マーシャル諸島のビキニ船籍、「A 」という船名の「ヨット」らしいです。なんと個人の所有だとか。初めての寄港ではないようです。


⑦
⑧
 大さん橋には「飛鳥II」と「セレブリティ・ミレニアム」が停泊中。
 いずれも豪華客船ですが、あのプライベート・ヨットを見ちゃうとなんだか庶民感覚で乗れる船に感じてしまうから不思議。


⑨
 なんて冗談ですよ。ロイヤルウィングですら高嶺の花の徒歩々旅……


⑩
 手前の飛鳥IIはセレブリティ・ミレニアムよりだいぶ小さいので、この並びはちょうどいいバランスで眺められます。


⑪
 赤レンガパークの大さん橋寄り、船をもっとも近く見られる辺りは釣り人に占領されていました。
 ってことで大さん橋へ向かいます。


⑫
 すると、赤レンガパークで何やら楽しげなイベントが開かれているような気配を感じ、引き寄せられてしまいました。



* * *


 究極のセレブリティ感漂うへんてこりんなヨットでした。
 大さん橋でミレニアムなセレブリティに近づく前に、赤レンガパークのイベントで目と足が釘付けになります。


行程:→ハンマーヘッドパーク→新港パーク→赤レンガパーク→〈つづく〉
f0379138_08254824.jpg

by akrk0911 | 2019-11-12 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
暦の上ではウインター #2

2019.11.09.sat



 いままでは足を踏み入れることが出来なかったエリアに侵入です。ドキドキ。



第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #2





①
 10月31日にオープンしたばかりの新港ふ頭客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」です。つい最近まで荒涼とした(?)埠頭でした。


②
 賑やかな施設を横目に新しい公園へ。「ハンマーヘッドパーク」だそうです。へんてこりんな船が見えますがそれは後ほど。


③
 ここの目玉は「ハンマーヘッドクレーン」。日本初の湾港荷役専用クレーンで、1914年に設置されたそうです。


④ 金づちに似ていることから「ハンマーヘッド」と呼ばれているようです。


⑤
 1914年って、かなりの古参ですね。


⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
 調子にのって色々な角度から撮りまくってしまいました。ハンマーヘッドクレーン周辺はまだ工事中ですが、三方から眺めることが出来ました。


⑪
 海にもクレーンが。


⑫
⑮
 この護岸も歴史的建造物ですよね。


⑬
 初めて見る景色を堪能しました。


⑭
 施設の2Fからもクレーンを眺められるようですが、ちょっと遠いですね。



* * *


 古くからある景色を初めて見る楽しさ。なかなか味わえないものです。
 ことしの横浜市の指定・登録文化財が発表になりましたが、ハンマーヘッドクレーンはありませんでした。認定はあるかな?
 さて、へんてこりんな船を眺めながら大さん橋を目指します。


行程:→ハンマーヘッドパーク→〈つづく〉
f0379138_02255707.jpg

by akrk0911 | 2019-11-11 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)
暦の上ではウインター #1

2019.11.09.sat



 暦の上では冬。だいぶ寒くなりました。歩き旅のハイ・シーズンです。ふらふらとヨコハマを歩いてみました。


第229回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
暦の上ではウインター #1





①
 桜木町駅方面から新市庁舎に向かって橋が建設されています。すでに弁天橋があるのにね。
 誰のための橋だろう。市民のため? 市の職員のため?


②
 大岡川に架かるここ弁天橋と、下流の北仲橋の間は、大岡川の両岸がウッドデッキで憩える空間です。弁天橋と北仲橋の間は往き来できるのですが、いまは新市庁舎の建設等で通り抜けができなくなっていると思います。


③
 右のビルが新市庁舎です。


④
 このウッドデッキのスペースは「大岡川夢ロード」なんて名称がつけられているようです。しかもけっこう前から。何度も来ているのですが、知りませんでした(ような気がします)。


⑤
 なんだか最近この界隈ばかり歩いているような気がします。
 左は旧横浜銀行本店別館。右は新築の「本町ビル」。正式な名前は知りません。


⑥
 「旧横浜銀行本店別館(元第一銀行横浜支店)」は横浜市認定歴史的建造物です。


⑦
 何度も来たくなるのは、この辺りが来るたびに姿を変えるから。


⑧
 右から横浜市指定有形文化財の「旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所」、横浜市認定歴史的建造物の「旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用B号倉庫及びC号倉庫」の「B号倉庫」、「C3号倉庫」です。


⑨
 右の「B号倉庫」、左の「C号倉庫」は解体されたのちの復元物件。2020年春に文化・商業施設としてオープン予定です。


⑩
 解体を免れた右の旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所は、どうなるのでしょうか?


⑪
 右は「C号倉庫」、左は「B号倉庫」。完成したら人で溢れるのでしょう。


⑫
 こちらは万国橋そばに建つ「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」。
 横浜市はカネを生まない景観よりも、カネを生む商業施設に重きを置く姿勢を強く打ち出しているような気がします。
 現在の市長は梶野市長でしたっけ?

 ♪果てしなく ラララ 貪欲 貪欲


⑬
⑬
 アパホテルの影になった万国橋からのみなとみらいです。運河を挟んだ両岸の高い建物が、構図がとりにくくしちゃっています。


⑭
 こちらは歩道橋「サークルウォーク」からみた景色。遠くに外航船が2隻見えます。



* * *


 つい最近も歩いたこのエリア。少しずつ見える部分が大きくなる北仲の復元建造物です。一方、ランドマークタワーが見えるところは減ってきて……
 遠くに外航船が見えますがその前に横浜の新スポットへ。


行程:日ノ出町駅→桜木町駅→弁天橋→大岡川夢ロード→北仲ブリック→万国橋→サークルウォーク→〈つづく〉
f0379138_01151208.jpg

by akrk0911 | 2019-11-10 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(1)
新旧の横浜、そして再生 #3

2019.10.28.mon




 古いもの、新しいもの。いつの間にやら横浜の歴史の両端を眺めながらの散歩になっていきます。
 さらに再生してゆく横浜を目の当たりにします。



第227回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
新旧の横浜、そして再生 #3





裏レンガ 新港ふ頭のシンボル「赤レンガ倉庫」。明治と大正の建築物は見応え十分。横浜観光の目玉でしょうか。


リンク?
 間もなくここにはスケートリンクがお目見えするはず。


運河パーク?
 「赤レンガパーク」と「象の鼻パーク」を結ぶ「新港橋」から運河パークへとつづく遊歩道を歩きました。ここも運河パークなのかなあ?


万国橋とみなとみらい
 ここから見る「万国橋」越しのみなとみらいが好きでしたが、なんだかなあって感じのビルの乱立です。


万国橋
 1940年に架け替えられた万国橋。かながわの橋100選に数えられる美しい橋です。
 おや、橋の向こうに見慣れぬような見覚えのあるようなビルが。


万国橋ビル
 「万国橋ビル」復活ですか! 


玄関
 でも、こんな感じだったかなあ?



 う~ん、こんな感じだったかなあ?


ポーターズ
 かつてあった本物の万国橋ビルより少し陸側(関内駅寄り)に復活した万国橋ビル。生まれたスペースは「北仲通北第二公園」の一部となり、これまで見ることができなかった角度からの横浜を眺めました。


B号
 すぐそばには横浜市認定歴史的建造物の「旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用B号倉庫及びC号倉庫」が姿を現していました。
 こちらは「B号倉庫」です。


C号
 そして前回来たときは全く見えなかった「C号倉庫」。こちらは完全にぶっ壊しちゃってからの再建ですか?


旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所とB号
 手前の横浜市指定有形文化財「旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所」は本物をちょっときれいにした感じですね。解体されちゃうのかと覚悟していたのですが、「やったー、おかえり」。 奥はB号倉庫です。


倉庫事務所と横浜第2合同庁舎
 旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所と「横浜第2合同庁舎」。こんな風景が戻りましたか。うれしいです。


本町ビル
 生糸検査所とは道路をはさんだ場所にある、こちらは新しい「本町ビル」。いまは違う名前なのかな?


弁天橋
 桜木町駅方面へ。ここは弁天橋。なんだか風景が変わっちゃいましたね。


ウンコ市庁舎 弁天橋から見た新市庁舎です。感想は「……



* * *


 ぶっ壊したものを再現するのってどうなんだろとは思いますが、ないよりはいいんです。
 新旧の横浜と、再生される横浜を堪能する散歩でした。


行程:→赤レンガパーク→運河パーク→万国橋→北仲通北第二公園→北仲ブリック→弁天橋→日ノ出町駅
歩行距離:6.5km 歩行時間:1時間50分
交通費356円
f0379138_00105124.jpg

by akrk0911 | 2019-10-31 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(2)
新旧の横浜、そして再生 #2

2019.10.28.mon



 「みなとみらい」をぶらり旅。抜群の青い空に心地よい気温。移りゆく季節に変わりゆく横浜を眺めました。



第227回・神奈川徒歩々旅
ヨコハマ散歩
新旧の横浜、そして再生 #2





画像情報
 臨港パークの紅葉です。この辺りではいつも他より早く色づくと思います。


画像情報
 桜は各所で色づいていますけどね。


画像情報
 色づく木々の向こうに例のホテルが見えます。


ファンゾーン
 さてさて、話題の場所です。テレビで何度も何度も目にした場所です。紅葉と同様に、今だけの横浜の風景です。


ファンゾーン②
 ラグビーワールドカップの横浜のファンゾーンはここ臨港パークです。熱狂の1カ月でした。
 そう、熱狂しましたが、なんかラグビーの雰囲気じゃないなあって思っちゃったりしました。「ニッポン」コールや渋谷でのウンコ連中のハイタッチは、ラグビーにはそぐわないなあなんて。


新港ふ頭遠望
 選手はワイルドでパワフルですが、観客はクールで紳士ってのが私が思い描いていたラグビーの光景なのです。
 そういえば、南アフリカ戦。80分の銅鑼の音のあと、南アフリカの選手がボールをタッチに蹴り出す瞬間にテレビのチャンネルをかえ、その後1週間、ニュースやらワイドショーでもラグビーを見ないようにしてきました。これが私の悔しさを紛らわせる手段なのです。ノーサイドの精神のかけらもない……
 2018年のFIFAワールドカップのベルギー戦(2点を先取しながら逆転され、ベスト8への千載一遇のチャンスを潰したあのベルギー戦)のときもそうでした。


新港ふ頭遠望
 遠くに新港ふ頭が見えてきました。間もなく客船ターミナルの開業です。新港も変わっていきます。


杭
 臨港パークと新港パークを隔てる運河には新たに橋を架けるようです。いつでも静かな臨港パークがガヤガヤしちゃうんですかね。おっさんの居場所がまたひとつ……


国際橋
 横浜市のHPによるとこの運河と思っていた水路は「大岡川」とのこと(ホントかな?)。新しい橋は大岡川の最下流の橋ってことになります。これは国際橋から見た工事現場です。


コスモ
 国際橋からの「よこはまコスモワールド」。背景がすっかり変わりました。背の高いビルがにょきにょきと生えてきました。


新港ふ頭②
 臨港パークの対岸、新港パークです。新港ふ頭の客船ターミナルが近づいてきました。


正面
 しばらく来ない間にこんな立派な建物が出来上がっていたのですね。新しい横浜の、いや、日本の玄関です。


ハンマー
 施設の名称は「横浜ハンマーヘッド」でいいのかな? たくさんの商業施設が人を集めそうです。武骨な新港ふ頭が大変身です。


ハンマー②
 埠頭の突端にあるのが「ハンマーヘッドクレーン」。大正時代の遺構です。例年11月には横浜市の新しい文化財が発表になりますが、これはくるかなあ。


門柱
 この門柱は残りましたねえ。よかったよかった。


画像情報
 やあ大さん橋。それでもオレは、お前が好きだ。



* * *


 今だけの風景、新しい風景、これからの風景と横浜は目まぐるしく変化しているようです。寂しくもあり楽しみでもあり。
 大黒ふ頭や山下ふ頭も(本牧ふ頭も?)客船ターミナルとなるわけですが、そんなに必要なのかな? 東京港が本気出したら負けちゃうんじゃないのかなあ。燃料節約の観点からは横浜港に軍配があがるのですが、はてさて。
 旅は故きを温ねながらつづきます。


行程:臨港パーク→国際橋→新港パーク→〈つづく〉
f0379138_20404835.jpg

by akrk0911 | 2019-10-30 07:00 | ヨコハマ散歩 | Comments(0)