歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(147)
(128)
(61)
(49)
(47)
(44)
(38)
(37)
(35)
(32)
(29)
(27)
(26)
(24)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
> gonta-2019..
by akrk0911 at 19:01
こんにちは。 二時間半..
by gonta-2019 at 17:12
こんばんは。 最..
by gonta-2019 at 20:46
> sy-f_ha-ys..
by akrk0911 at 21:38
今月の初めころ馬車道駅下..
by sy-f_ha-ys at 19:23
んじゃ戸部駅裏の石崎商ゆ..
by なな at 01:28
> gonta-2019..
by akrk0911 at 23:07
こんばんは。 赤い電車..
by gonta-2019 at 20:50
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
鎌倉市西御門と周辺の旅 #4
at 2019-11-21 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #3
at 2019-11-20 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #2
at 2019-11-19 07:00
鎌倉市西御門と周辺の旅 #1
at 2019-11-18 07:00
そば食い日誌・かまくらそば ..
at 2019-11-17 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
海老名市南部と周辺の旅 #5
f0379138_06523859.jpg


 市境を越え、というか市境の道を反対車線に渡って国指定史跡へ。旅は海老名市から綾瀬市へと舞台を移しました。


第197回・神奈川徒歩々旅
海老名市南部と周辺の旅 #5
2019年3月2日(土)


 ***


f0379138_06534540.jpg
▲神崎遺跡
 国指定史跡の神崎遺跡にやって来ました。ここは綾瀬市です。


f0379138_06541886.jpg
▲環濠集落
 神崎遺跡は弥生時代後期の環濠集落。周囲に濠を廻らせた集落です。濠は幅、深さ共に2mほどの規模。ムラ同士の戦乱などの緊張関係から掘られたと考えられているそうです。後世の城郭とまあまあ同じ理由ですよね。
 環濠の跡が園路になっています。


f0379138_06551420.jpg
f0379138_06595845.jpg
▲住居跡
 神崎遺跡では18軒の住居跡が確認されているそうです。その内同時期に存在していたのは15軒ほどとのこと。全域を調査しているわけではないのでもっとあるのかもしれないそうです。


f0379138_07003485.jpg
▲住居跡の重複
 神崎遺跡のムラはそれほど長い期間存在していたわけではないそうです。どれくらいなのかはわかっていないようですが、住居跡が重複していることが確認されたことで、住居を建て替える必要が生まれるくらいは存在していたことがわかるようです。
 また、時代の異なる古墳時代後期の住居跡も確認されており、弥生時代に短期間存在した集落が廃絶した500年ほど後には、近世まで途絶えていたと思われていた人の生活が存在していたことがわかったようです。


f0379138_07005219.jpg
▲復元住居
 やっぱりありますよね、復元住居。ここは新しく指定された史跡。横浜の三殿台遺跡や大塚・歳勝土遺跡の復元住居よりきれいですね。


f0379138_07011632.jpg
▲新幹線がよく見えます
 遺跡公園からは新幹線がとてもよく見えます。そのJR東海の新幹線、ちょっと神崎遺跡の歴史に関連性が感じられたりして。


f0379138_07013255.jpg
▲神崎遺跡資料館
 新幹線との関連性(?)はこちら神崎遺跡資料館でお勉強。


f0379138_07014913.jpg
▲神崎遺跡の住人は新幹線でやって来た
 神崎遺跡の住人は東海地区から移住してきたのだそうです。新幹線に乗って(嘘八百系)。
 神崎遺跡から出土した95%の土器の形状は、東海地区(静岡西部・愛知東部)で造られた土器の形状そのものなのだそうです。それが、出土する土器の数%程度がそうであるくらいならば、人の移住ではなく物が運搬されてきただけと考えられるそうですが、ほとんどが東海系土器であること、使われている土が綾瀬の土であることから集落自体が移ってきたと考えられるのだそうです。
 当時の日本は建国に向けての混乱期。色々なところでグレートジャーニーが展開されていたのでしょう。


f0379138_07024056.jpg
f0379138_07064886.jpg
▲環濠
 神崎遺跡は南北103m、東西65mの環濠の中に築かれた集落。その環濠集落がほぼ完全な形で残っていることと、200kmを超える距離を集団で移住した痕跡が評価され、国指定の史跡になったようです。


f0379138_07075778.jpg
▲大山、そして富士山
 東海地区からの移住者。移住先の決め手は富士山? 静岡西部や愛知東部より相模の方が富士山に近いですよね。


f0379138_07032678.jpg
▲土器の展示
 土器は色々なところで見てきました。私が知る限りの資料館等では展示物は完全にガラス(アクリル?)の向こうなのですが、ここでは一部、遮るものなく直(じか)に展示物を見ることができます。もしかしてこれはレプリカ?


f0379138_07034287.jpg
▲豊富な出土品の展示
 さらに、引き出しに収蔵されている遺物を、こんな風に自由に見ることもできます。
 神崎遺跡出土品は県指定重要文化財の考古資料ですが、どれが指定文化財なのかわかりませんでした。


 ***


 実に興味深い遺跡でした。由緒も遺構も、研究の方向性の明確さも展示方法も、どれも洗練された感のある国指定史跡でした。


行程:→神崎遺跡公園→神崎遺跡資料館→〈つづく〉

by akrk0911 | 2019-03-08 07:00 | 県央の旅 | Comments(3)
Commented by mami-2013 at 2019-03-08 10:41
こんにちは~。
興味深く拝見させていただきました。
吉備系の土器はないみたいですね。
さすがに、関東までは交流がなかったのでしょうね。
Commented by kisetsuwomeguru at 2019-03-08 20:12
神崎遺跡を興味深く拝見しました。私の住む愛川町の近くにこんな遺跡があることを初めて知りました。大昔から人々が住んでいたなんて、想像がかき立てられます。(愛川北斎)
Commented by akrk0911 at 2019-03-09 16:45
> mami-2013さん
う~ん、付け焼き刃の知識なのでなんとも。でも、西から東へ、なんらかの影響はあるのではないでしょうか、なんて浅はかな考え…… ごめんなさい。
<< 海老名市南部と周辺の旅 #6 海老名市南部と周辺の旅 #4 >>