歩くこと、そして神奈川県がアホみたいに好きです。
by akrkak
カテゴリ
全体
Information
神奈川一周の旅
ヨコハマ散歩
横浜市の旅
川崎市の旅
相模原市の旅
鎌倉市の旅
三浦半島の旅
湘南の旅
県央の旅
西湘・足柄の旅
乗らず鉄
街道歩きの旅
イベント・祭
スポーツ観戦
ちょっと寄り道
ちょっと昔ばなし
そば食い日誌
ローカルスーパー探訪記
みやげ話
神奈川あれやこれや
文化財ファイル
ごあいさつ
春夏秋冬
県外徒歩々旅
Pride Of Kanagawa
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
タグ
(152)
(131)
(62)
(51)
(47)
(45)
(41)
(37)
(35)
(33)
(32)
(30)
(27)
(26)
(24)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
最新のコメント
> gonta-2019..
by akrk0911 at 00:13
こんにちは。 夕方の象..
by gonta-2019 at 09:29
> tamataro11..
by akrk0911 at 06:50
お早うございます あっ..
by tamataro1111 at 06:15
> j-garden-h..
by akrk0911 at 19:02
優勝、おめでとうございま..
by j-garden-hirasato at 18:50
> gonta-2019..
by akrk0911 at 15:59
おはようございます。 ..
by gonta-2019 at 09:09
> kisetsuwom..
by akrk0911 at 23:55
いいですね,富士山。
by kisetsuwomeguru at 22:38
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ニュータッチ 横浜もやしそば
at 2019-12-15 07:00
初冬の夕暮れ #2
at 2019-12-13 07:00
初冬の夕暮れ #1
at 2019-12-12 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #3
at 2019-12-11 07:00
久良岐公園・師走の紅葉 #2
at 2019-12-10 07:00
記事ランキング
ブログジャンル
東海道中膝車輌[第4日]平塚宿~大磯宿

2018.12.01.sat



 カメラを落としてしまい少し調子が悪いのです。バッテリーのゼロ表示が出たのにそうでもなかったり……。このまま花水橋で終わろうかと思いましたが、平塚駅まではかなり戻らなくてはいけません。


第182回・神奈川徒歩々旅
東海道中膝車輌[第4日]
平塚宿~大磯宿





①
 先へ進みましょう。カメラは少し機嫌が悪いだけなのです、きっと。
 それにしても高麗山は素晴らしい山です。150mそこそこの山とは思えない迫力。信越線から望む浅間山や中央線から望む甲斐駒ヶ岳にひけをとらない迫力、とは言いすぎでしょうか。


②
 花水橋の近くに茅葺きの古民家がありました。高麗山を背景に素敵でした。


③
 こちらは「高来(たかく)神社」です。「高麗」「高来」といえば朝鮮との関係が思い浮かびます。高句麗が滅び大磯に高麗人が渡来したそうです。上陸に際し高麗山を目印にしたということを何かの本で読んだような。
 途中まで参道を歩いたのですが境内では何やら工事をしていました。参拝は可能だと思いましたが疲れていたのと日の傾きから引き返すことに。


④
 海からよく目立つランドマークでしょうね。


⑤
 化粧坂交差点で再び国道1号とはお別れ。旧東海道は右へ。


⑥
 すると待ってましたというような旧道の雰囲気。もう最高です。最後にこんな光景が待っているとは。第九の合唱が始まったような気分になったりして。


⑦
 こちらは「化粧(けわい)井戸」。鎌倉時代の大磯を代表する女性「虎御前」が毎日の化粧に使った井戸であることから化粧の名がついたと伝えられているそうです。虎御前に関しては後ほど。
 鎌倉時代はこの辺りが大磯の中心だったようです。


⑧
 「化粧坂の一里塚」です。こんな雰囲気のなかでの一里塚はうれしい限り。


⑨
 広重が描いた大磯宿はこの辺りのようです。
 この絵は背景にある歌舞伎の演目にもある「曾我之狂言」を知ると味わい深くなります。
 鎌倉時代の武士、曾我祐成(十郎)は弟の時致と共に父親の仇である工藤祐経を討ったものの、仁田忠常に討たれ命を落とします。大磯の遊女「虎御前」は涙にくれました。その悲恋物語が「曾我之狂言」とのことです。
 虎御前が流した涙は雨となり、梅雨時のしとしと降る雨を「虎ヶ雨」と呼ぶようになったとか。広重の浮世絵にも雨が描かれており、作品のタイトルも「大磯 虎ヶ雨」となっています。


⑩
 さらにその雨は大磯八景に「化粧坂の夜雨」として数えられています。

 雨の夜は
 静けかりけり化粧坂
 松の雫のおとはかりして


 夜とまでは言いませんが雨の日に訪れてみたいものです。


⑪
 東海道本線の架線が見えてきました。


⑫
 旧東海道は鉄路の東海道に遮られます。


⑬
 仕方なく東海道線の地下に造られた道、「竹縄架道橋」を行きます。この数字は東京駅からの距離でしょうか。


⑭
 東海道本線をくぐっても素晴らしい松並木が続きました。いい雰囲気の中なか「江戸見附」に到着、大磯宿に突入です。



* * *


 べらぼうにいい雰囲気でした。いい具合に日も陰りいい感じでした。あっけらかんと明るかったら少し残念だったろうと思います。
 大磯町は文化財の一覧や目録をホームページで公開していません。なので何があるのかわからないドキドキ感がありました。同時に大事な文化財を見逃しているかもしれないという焦燥感もありました。
 さて、今夜の投宿先(妄想)の大磯宿です。日が暮れる前に歩ききりましょう。


行程:→高来神社→化粧坂交差点→化粧井戸→化粧坂の一里塚→大磯八景碑→竹縄架道橋→江戸見附→〈つづく〉
f0379138_16595276.jpg

by akrk0911 | 2018-12-11 07:00 | 街道歩きの旅 | Comments(0)
<< 東海道中膝車輌[第4日]大磯宿 #1 東海道中膝車輌[第4日]平塚宿 >>